妖怪変化 京極堂トリビュート

  • 講談社
3.05
  • (15)
  • (24)
  • (112)
  • (25)
  • (10)
本棚登録 : 421
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144759

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者によって字体まで変えてるのが凄い。トリビュートはタブーにもあっさり触れちゃうんだなぁ。

  • 諸星大二郎の『百鬼夜行イン』を収録

  • 西尾維新目的で読む。
    意外に諸星がおもしろかった。

  • やっぱり京極堂は本家が良い!映画の出来ていく家庭は中々面白かったけど。

  • 京極夏彦トリビュート。牧野修のにはちょっとびっくりした。

  • 京極夏彦の京極堂シリーズの設定を用いて、他の作家たちが物語を書いた本。
    「あさのあつこ」等、かなり有名な作家も書いていたのだが、読めば読むほど、なんか違うという気持ちが強くなり、京極夏彦の書いた京極堂シリーズを読みたくなった。
    小畑健の描いた「榎木津礼次郎」がハッとするくらい綺麗だった。

  • 本家に敵わないのは仕方ないですが、西尾維新、牧野修、柳家亨太郎など未読の作家さんの作品が面白かったです。西尾さんのは、独立した話のようであり完成度も高かったです。

  • 小畑健画の榎木津がなんか凄い。
    というか、目次の前に入ってるから最初スルーしたよ。

    あさのあつこ著作がわかりやすくて好きですね。

    映画の脚本の話は…映画を観たら面白いと思うのかしら。
    正直意味不明。

    西尾維新著作は、誰だっけこれ。

    漫画はまあ漫画だった。

    トリビュートに漫画入ってるの珍しいですよね。

  • レビューを見ているとそんなに良くなかったのかと思っていましたがそんなことはない。私的には、ですが、わたしはこの本大好きでした。

    わたしが一番好きな話は、牧野修さんの「朦朧記録」です。なんとなくあれ?おかしいな…と思っていたもやもやが、京極堂「最後」の憑物落としでスッキリします。ああ、そうか、だからおかしかったのか、と。わたしのもやもやした憑物も落ちた気がして、これはまるで京極夏彦の世界、他者がここまで彼の世界を書けるなんてすごい。牧野さん個人の本も読んでみたくなりました。

    あとは西尾維新さんの「そっくり」。流石と云うかなんというか、西尾さんの目のつけどころですね。堂島さん大好きなわたしには本当に嬉しい限りです。お祖父さんの手紙で暴かれる秘密を通して自分であること、自分を作るもの、それを捨てること捨てないことを、考えていきます。面白かったですね。
    ただ、うーん、塗仏で京極夏彦が敢えてはっきり云わなかったことを言葉にして出してしまった気がしました。気がするだけなのでよく分からないですが。

    映画「魍魎の匣」。わたしはあの映画は正直うーん…だったですが、こういう話聞くとそうか、てなりますね。でも少し監督の認識やこだわりと原作の雰囲気が違うかな?と云う気がしました。そこは大事じゃなくないか?みたいな。本人は今どこにいるのでしょう、もう出てきているのかな。

    あさのさんの無難ぷり、柳屋さんの自分の領域を活かした話、それぞれの漫画も本当に面白かったです。
    ただ何人かちょこちょこ原作と設定が間違ってたりしたので、★-1。本当に些細なことなのですが、だからこそ気になってしまいました。携帯にあるようなファンサイトではなくプロとしてお金取るのだから、もうちょっと読み込んで書こうよ、みたいな…。
    ★四つ。

  • 読みたいと思ってたらすでに読んだことがあるのでした。
    うーん、化かされたかな?

    京極夏彦さんの世界を借りて他の作家たちが描く。
    格別おもしろいというわけでもなかったけど、べつだんひどくもなかった。

    もしぼくが同じようなことをするならば関口サンを主人公にしたいかな?
    関口サンが探偵役のミステリ。
    自分のやったことをなにも気づいてくれない関口サンのあまりの情けなさに犯人が自ら謎解きをして事件を解決してくれるというようなお話を。

    (2009年06月01日読了)

全69件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

ツイートする