オッサンフォー

  • 講談社
2.86
  • (2)
  • (1)
  • (12)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 46
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168656

作品紹介・あらすじ

舞台は大阪。
主人公は4人の詐欺師。
「一発、やってこましたれ」
“ちゃんとした大人”になり損ねた彼らは現役に復帰し大阪市議会の実力議員を相手に、奇想天外な詐欺を仕掛ける。
人間のリアリズムがあふれる街、大阪で繰り広げられる「中年の青春小説」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キャラクターを立たせているようで
    全く個々の魅力が出ていない。
    詐欺師を主題とした小説、映画、ドラマ…etc
    様々な作品が世の中にありますが、
    その中でもダントツにワクワクしません。
    詐欺師がテーマなら醍醐味だと思うんですけど。

    人情的な古臭い詐欺師でも無いし
    かと言ってあっと言わせる斬新なテクニックが
    あるわけでも無い
    何故詐欺師をテーマにしたのでしょうか。
    そして何故4人も必要なんでしょうか?

    普通のおっさん達が望んでいないのに
    詐欺に片足つっこんで…とかの
    ドタバタ劇とかなら楽しめたと思います。

  • あとちょっとのこってるんですが、これは面白い!大阪の人でないとちょっとわかりにくいかもしれないんですが、大阪に住んでる人にはぜひ読んで欲しい。映画化されても良さそうなくらい!

  • 足を洗ったはずのおっさん4人組詐欺師集団の再始動のお話。4人それぞれのキャラクタは面白いのだけれど、肝心の詐欺自体はスケールが小さすぎて物足りないし、足の付き方もプロとは思えない体たらく。全体的に小粒で漂うチープ感が残念。

  • 大阪をよく知る人にはより響くのかもしれないが、全く知らない私には、その情景描写と台詞に今一つ乗れなかった。人物背景も説明的過ぎて、肝心の心が見えなかった。ちょっと世界が違ったかな。

  • ド関西人のおっさん詐欺師チームによるコンゲームもの。キャラクターがなかなか素敵。ちょっとボリュームがもの足りない。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画原作者、作家。著書に『僕とツンデレとハイデガー』『オッサンフォー』、シナリオを担当した『まんがでわかる妻のトリセツ』などがある。日本漫画家協会員。

「2021年 『東大教授が教える 日本史の大事なことだけ36の漫画でわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀田純司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
近藤 史恵
池井戸 潤
64
横山 秀夫
三浦 しをん
東野 圭吾
三浦 しをん
百田 尚樹
荻原 浩
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
桜木 紫乃
三浦 しをん
吉田 修一
ウォルター・アイ...
朱野 帰子
奥田 英朗
村上 春樹
奥田英朗
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×