経営センスの論理 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.58
  • (45)
  • (145)
  • (113)
  • (23)
  • (9)
本棚登録 : 917
レビュー : 131
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったです。氏の言われるとおり、イノベーションとは非連続的な価値の創造なんですよねー。これがなかなか解っていてもできない。経営者は一度成功したから、今の地位があるわけでそれを自ら壊してまで新しい道を作るのは大変なこと。どこの大企業でもイノベーションというけど、本当にやっているとは思えませんね

  • 3

  • スキルよりもセンスを磨くこと

  • 「ストーリーとしての競争戦略」著者の作品がブックオフに並んでいたので購入。

    予想以上に面白かった。

    特に後半部分に出るラーメンを食べたことのない人による人気ラーメンランキングになぞらえて、「大学生の選んだ就職人気企業ランキング」を開設する点などはとても面白い着眼点。有名企業にばかり就活する大学生にぜひ読ませたい。

    骨太の論理・ストーリーを考えている企業が発展し、日本いや世界を豊かにしてほしい。

  • 講義を聞いてたからわりとそのままで臨場感が伝わってくるな。聞いてなかったらただのオヤジギャグに聞こえるかも

  • 読了。

  • 「ストーリーとしての競争戦略」の講演会を聞き、同名の本を読んだあとこの本を手にした。
    さらっと読めた。軽い。

  • つまらなくて、途中でやめた。冗長で散漫。「ストーリーとしての経営戦略は面白かったのにな。

  • たまたま機会があり、著者の講演(1時間)を拝聴したが、ほぼこの内容だった。営業妨害だと言われてしまうかもしれないが、講演をお聞きになられた方は本書は不要かと思われる。楠木氏は講演も素晴らしい(割と自虐ネタが個人的にはおもしろい)ので、もしチャンスがあれば聴いて頂きたい。

  • ・優れた経営者はなぜハンズオンなのか。自分の事業に対してオーナシップがあるから。「俺がこの事業をしている」というメンタリティー、気構えの問題。
    ・優れた経営者といえども人の子。「何をやらないか」がはっきりしている。「ハンズオフ」である。
    ・草食系世代はホスピタリティの精神も強い。仕事の目的と意義がわかればいくらでも前向きになる。
    ・抽象的な思考がなければ具体についての深い理解や具体的なアクションは生まれない。抽象と具体の往復運動を繰り返す。この思考様式がもっとも「実践的」で「役にたつ」
    ・「この人は頭がいいな、デキるな」と感じさせる人は、決まって思考において具体と抽象の振れ幅が大きい。
    ・抽象化で問題の本質を押さえておかないと、論理的には似たような問題に直面したときでも、せっかくの具体的な経験をいかすことができなくなる。

全131件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

一橋ビジネススクール教授。専攻は競争戦略。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授などを経て、2010年から現職。著書に『ストーリーとしての競争戦略』(東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(新潮新書)などがある。

「2018年 『世界を動かすイノベーターの条件 非常識に発想し、実現できるのはなぜか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

経営センスの論理 (新潮新書)のその他の作品

楠木建の作品

ツイートする