言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (131)
  • (314)
  • (371)
  • (104)
  • (34)
本棚登録 : 2989
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106637

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先に読んだ「幸福の資本論」に同じ内容が一部記載されていたが、総じてタイトル通りの内容で読みごたえがあった。(実際は、「幸福の資本論」に一部同じ内容が転用されているが、それをベースに新たな展開が記載されている)
    橘氏の著書はどれを読んでも納得感のある内容で楽しみにしている。

    ・言語性知能は家庭環境の影響を強く受けるものの、それを除けば、一般知能の8割、論理的推論能力の7割が遺伝で説明できるなど、認知能力における遺伝の影響はきわめて大きいのだ。
    ・心拍数の低い子どもは刺激を求めて反社会的な行動に走ることが多い。覚醒度の低さが生理的に不快で、覚醒剤のような麻薬に手を染めるのかもしれない。だがもしその子どもが知能や才能に恵まれていれば、社会的・経済的にとてつもない成功を手にするかもしれない。そもそもべンチャー企業の立ち上げなど、恐れを知らない人間にしかできないのだ。
    ・「発汗しない子ども」は、親がどれほど厳しくしつけても、良心を学習することができないのだ。
    ・「ロンブローゾ・プログラム」という犯罪者早期発見システムが運用きれる近未来。このプログラムでは、18歳以上の男性は全員、病院で脳スキャンとDNAテストを受けなくてはならない。「基本5機能」の検査は、①構造的スキャンによる脳の構造の検査、②機能的スキャンによる安静時の脳の活動の検査、③拡散テンソルスキャンによる白質の統合度と脳の接続性の検査、④MRスペクトロスコピーによる脳の神経化学の検査、⑤細胞機能の精査による細胞レべルでの2万3000の遺伝子における発現状態の検査、からなる。ちなみにこれらの検査は現在の医療技術で可能なもので、それによってLP-V (ロンブローゾ陽性:暴力犯罪)に属すると評価されたものの79%は重大な暴力犯罪を、LP-S(ロンブローゾ陽性:性犯罪)の82%はレイプか小児性犯罪を、LP-H(ロンブローゾ陽性;殺人)は51%は殺人を、5年以内に侵すと予測できる。これは現実のデータから推計されたものだ。
    ・ギリスでは2000年に、精神科医たちの異議を無視して「危険で重篤な人に格障害(DSPD)」に対する法律が制定され、その法のもとで危険だと考えられる人物を、たとえなんら犯罪をおかしくいなかったとしても、警官が逮捕し、検査と治療のためと称して施設に送ることができるようになってもいる。
    ・胎児の脳に悪影響を与える重金属には、鉛以外にもカドミウム、マンガン、水銀など人さまざまなものがある。だがそれよりも問題が大きいのは妊婦の喫煙と飲酒だ。現在では、妊娠中の喫煙は胎児の脳の発達に悪影響を及ぼすばかりでなく、高い攻撃性や行為障害を引き起こすことが知られている。
    ・わたしたちは、面長の顔と幅の広い顔を見せられたとき、後者を攻撃的と判断する。そしてこの直感は、男性に関してほかなり正確だとわかつている(女性については、面長と幅広で攻撃性に差はない)。研究者は、男性の顔の幅はテストステロンの濃度に関係しているのではないかと考えている。テストステロンは代表的な男性ホルモンで、この数値が高いほど競争を好み、野心的冒険的で攻撃的な性格になる(当然、性欲にも強く関係している)。
    ・テストステロンの濃度のちがいは遺伝的な要因もあるが、それよりも胎児のときの子宮内の環境から大きな影響を受けている。胎児は子宮のなかでさまざまなホルモンに曝されていて、その影響は脳だけでなく身体的な特徴としても現われるのだ。広く知られているのは人差し指と薬指の比率で、女性はその長さがほぼ同じだが、男性では薬指が長いことが多い。人差し指と薬指の長さのちがいは、テストステロン値が高いほど大きくなる。テストステロンの濃度が高い男性ほど顔の幅が広くなり、攻撃的な性格が強くなるのだ。
    ・平均より上と評価された女性は平凡な容姿の女性より8%収入が多かった。それに対して平均より下と評価された女性は4%収入が少なった。経済学ではこれを、美人はOOfのプレミアムを享受し、不美人はtsのべナルテイを支払っていると考える。
    ・加代女性の平均年収を300万円とすると、美人は毎年皿万円のプレミアムを受け取り、不美人はじ万円のぺナルテイを支払う。ただしこの計算も、一生で孝えるとかなり印象が変わってくる。大卒サラリーマンの生涯賃金は(退職金を含め)約3億円とされているから、美人は生涯に2400万円得し、不美人は1200万円も損して、美貌格差の総額は3600万円にもなるのだ。
    ・さらに身も蓋もないことに、美貌と幸福の関係も調べられている。そして予想どおり、美人はよい伴侶を見つけてゆたかで幸福な人生を手に入れ、不美人はブサイクな男性と結婚して貧しく不幸な人生を送ることが多いという結果が出ている。だが幸いなことに、この差も一般に思われているほど大きくはなく、上位3分の1の容姿に入るひとが自分の人生に満足している割合は55% (すなわち45%は不満に思っている)で、下から6分の1の容姿でも45%が自分の人生に満足している。この結果を肯定的にとらえれぱ、美形でも半分ちかくは不幸になり、ブサイクでも半分ちかくは幸福になれるのだ。
    ・これは男性が女性の若さや外見、すなわち生殖能力に魅力を感じるからで、これもて女性は職烈な「美」の競争へと駆り立てられる。それに対して女性は、男性の外見以外にも、社会的な地位や権力、資産に魅力を感じりる。これはブサイクな男性も、努力によってそのハンディを乗り越えられるということだ。
    ・男性の脳は機能が細分化されていて、言語を使う際に右脳をほとんど利用しないが、女性の脳では機能が広範囲に分布しており、言語のために脳の両方の半球を使っているのだ。こうした脳の機能的ちがいは、興味や関心、知能や感情などさまざまな面に影響を及ぼす。
    ・「男はモノを相手にした仕事を、女はひととかかわる仕事を好む」というキブツの大規模な社会実験の結果は、男女の志向のちがいが(男性中心主義的な)環境ではなく、脳の遺伝的・生理的な差から生じることを示している。男らしさや女らしさは進化が生み出した脳のプログラムなのだ。
    ・日本はもちろんのこと、欧米でも女性の平均収入は男性より低く、組織のトップの座げを占めている人数も少ない。だが先進国で男女の満足度を調べると、いつの時代でも女力性のほうが一貫して高いことが知られている。その一方で、イギリスの2万5000人平の女性公務員を対象にした調査によれば、90年代前半以降、女性の仕事に対する満足度男が下がっているが、男性の満足度はほぼ変わっていない。女性が男性と異なる職業選択をしていたときには、女性は男性より幸福度が高かった。だが男女同権で女性の社会進出が進んだことによって、人生の満足度も男性と同じレべルまで下がってしまったのだ。その説明のひとつは、たとえ高学歴でも、女性は男性に比べて自信を持つことが苦手だというものだ。
    ・最新の遺伝学や脳科学の知見は、男と女では生まれつき「幸福の優先順の位」が異なることを示唆している。男性は競争に勝つことに満足を感じるが、女性の場合、家庭と切り離されると人生の満足度が大きく下がってしまうのだ。「平等な社会」より、高い知能と共感能力を持つ女性が有能な医師や弁護士、教師や看護師・介護士として活躍できる自由な社会のほうがずっといいことは明らかだろう。
    ・男と女の脳には生得的なちがいがあり、その結果、男の子と女の子では見え方や聞こえ方がちがい、遊び方がちがい、学び方がちがい、けんかの仕方や世界の見え方もちがう。だとしたら、男の子と女の子はそれぞれの適性に合わせ、別々の学校で教育したほうがずっと自然かもしれない。
    ・共学の公立校で、校長の判断で男子と女子のクラスを完全に分けたところ、常習欠席は3分の1に減り、標準テストの点数は15%上昇し、大学の進学率もほぼ倍になった。そればかりか、この「改革」で10代での妊娠の割合がいちじるしく減少した。以前は1年につき平均15人ほどいたのが2人ほどになったのだ。女子校では共学に比べて生徒本人の望まない妊娠が少ないことは以前から知られていた。
    ・共学では、男子と女子は個人というよりも、それぞれが属するグループの地位によって付き合う相手を選ぶ。グループでいちばん人気のある男の子は、おなじくグループでいちばん人気のある女の子とデートする、というように。交際がグループ単位だと、どこに行くにも、なにをするにもいっしょになるのだ。もしボーイフレンドにふられると、そのことは即座に友だち全員の知るところとなり、女の子同士の関係、すなわち学校での社会的アイデンティティそのものが危うくなるのだ。一方、男の子にとっても、他の男の子がガールフレンドとセックスしているのに、自分だけがセックスできないと、グループ内での地位が危機にさらされることになる。当然彼は、「愛情の証」として、執勘にガールフレンドにセックスを求めるようになるだろう。そうなると彼女は、友だちグループの関係を壊さないために、それを受け入れるしかなくなる。共学では、こうした「社会圧力」が望まない妊娠へとつながっていくのだ。
    ・それに対して男女別学の学校では、女の子の友だちグループは、ボーイフレンドの友だちゲループとは切り離されていることが多い。の関係はずっと個人的なものになるだろう。女の子の友だちは、彼女にボーイフレンドができたことには気づくだろうが、毎日学校で顔を合わせるわけではないからたいして興味を持たないのだ。その結果、女子高の女の子は、性的な意思決定に対して自律性を保てるようになる。ボーイフレンドからのセックスの強要を断ったとしてもそれが女の子同士の関係に影響を与えるわけでよなく、男の子にふられたとしても、学校での友だちづき合いはこれまでと同じようにつづいていくのだ。
    ・動物学者は、ヒトの性行動がきわめて特殊なことに早くから気づいていた。ヒトのメスは、排卵を隠蔽して生殖可能な時期をわからなくし、受胎できる結かどうかにかかわらずセックスできるよう進化した。メスの排卵期を知ることができなくなったオスは、いっでもどこでも発情してセックスを求めるようになった。この性への妄執が、知能の進化や文化の成立をもたらしたと考える研究者も多い。
    ・ヒトには、乳幼児が独り立ちするのにきわめて長期の養育が必要になるという、もうひとつの際立った特徴がある。この場合メスは、遺伝子の優劣だけでオスを選択するわけにはいかなくなる。一夫多妻で他の多くのメス(ライバル)とひとり(1匹)のオスを共有したのでは、オスからじゅうぶんな支援を受けられない恐れがあるからだ。10の資源を持っているオスと、4の資源しか持たないオスでは、当然、10の資源のほうが好ましい。だがこの10の資源を3人のメスで分け合うのなら、4の資源のオスを独占セしたほうが経済的に合理的なのだ。これが、ヒトの社会で一夫一妻制が広く観察される理由だとされている。
    ・同じメスと複数回交尾したオスにとっては、自分の精子はじゅうぶんに注入したのだから、それ以上の努力は資源の無駄づかいだ。それに対して別のメスとの交尾は、遺伝子のコピーを増やす新たな機会を提供してくれる。そこで「利己的を遺伝子」は、精子を有効活用して子孫の数を最大化するよう、同じメスとのセックスに飽きたり、新しいメスに興奮したりするプログラムを本能に組み込んだのだ。
    ・一夫一妻制におけるメスの最適戦略は、オスによる嫉妬の報復を避けながら、他人の子どもを自分たちの子どもだと巧みに偽って育てさせることだ。
    ・セックスをモノと同一視するのは抵抗があるかもしれないが、男性であれば、自分の若い頃を考えれば誰でも心当たりがあるだろう。「受け入れてくれる(やらせてくれる)」女の子はモテるのだ。そうなると、道徳的な女の子はカレシ獲得競争できわめて不利な立場に置かれることになる。好きな男の子がいたとしても、セックスを拒んでいると、カレは「やらせてくれる」女の子のところに行ってしまうのだ。
    ・ユニクロの登場でフリースやジーンズなどカジュアルウエアの価格が大きく下落したように、一部の女の子がひにんを条件にカジュアルセックスを楽しむようになると、それにひきずられて性市場における女の子のセックスの価格も下落してしまう。このようにして、保守的で道徳的な社会であっても、多くの女の子が婚前交渉に応じざるを得なくなる。
    ・性の高学歴化が低学歴の女性の性戦略をきわめて困難なものにしている。高学歴で高所得の女性は、自分に釣り合った高学歴で高所得の男性とカップルになろうとする。男性は一般に、女性に若さや美貌を求めることが多いが、それでも低学歴の女性が高学歴の女性との競争に勝ち残るにほかなりの資質を持っていなければならない。高学歴の男性も(女性ほどではないとしても)高学歴の相手と家庭をつくる傾向があるためで、一時のロマンスなら若さと美貌でじゅうぶんだろうが、長期の関係を考慮すると、趣味や噌好、家庭環境がまったくちがう相手はやはり億劫なのだ。こうして高学歴の男性と高学歴の女性が結婚し子供をつくると、(グローバル資本主義の陰謀などなくても)ごく自然に社会の経済格差は拡大していくだろう。次に問題なのは、いまやかなりの比率の男性が学歴社会から脱落しっっあり、高学歴の女性の恋愛市場が過当競争になっていることだ。あぶれた女性は「恋人なし」になるか、低学歴の男性から自分の好みに合う相手を見つけるほかはない。
    ・高学歴の男性が稀少となりつつある現代の知識社会では、低学歴の女性は人種にかかわらずきわめて不利な状況に置かれている。その結果、母子家庭が増えたり、独身で低所得のまま老年を迎える女性が増えると経済格差はますます広がり、社会は不安定化するだろう。これはとても難しい問題だが、経済学的には、こうした状況を大きく改善する方法がひとつだけあるとアドシェイドはいう。それは一夫多妻制の導入だ。
    ・成人したゴリラのオスは体重200キロ近くになるが、ぺニスの長さは約3センチで皐丸は大豆ほどの大きさだ。なぜゴリラが立派なべニスや大きな皐丸を持っていないかというと、オス同士の競争はその前に終わっていて、セックスにコストをかける必要がないからだ。
    ・それに対して乱婚のボノボは、ゴリラの5分の1の体格(平均体重40キロ)にもかかわらずべニスの長さは約3倍で、畢丸にいたってはLLサイズのタマゴくらいの大きさだ。ボノボがなぜ巨大な畢丸を持つようになったかというと、身体の大きさや力の強さではなく、精子レべルで他のオスと競争しているからだ。1頭のメスを複数のオスで共有するなら、多量の精子を生産できるほうが、自分の精子が子宮に到達できる可能性が高まる。
    ・それでは、ヒトのオスはどうなっているのだろう。皐丸はゴリラやテナガザルよりも大きいが、ボノボやチンパンジーよりも小さい。これもまた、ヒトの本性が一夫多妻でも乱婚でもなく一夫一妻制に近いことの証明だとされてきた。ヒトのペニスはボノボチンパンツーと比べて2倍近く長くて太いし、ぺニスの先端に亀頭を持つのも霊長類ではヒトだけだ。一方で、霊長類のなかで、発情期にかかわらず交尾し、性行為をコミュニケーションの道具に使うのはヒトとボノボだけだ。そのボノボは、一夫一妻制のテナガザルや一夫多妻制のゴリ一フより進化的にはるかにヒトに近い。従って、ヒトの本性は一夫一妻制や一夫多妻制ではなく、(ボノボと同じ)乱婚である」。
    ・ヒトの本性が乱婚だというきわめて説得力のある証拠のひとつが、男性器の構造だ。ヒトのぺニスは乱婚のチンパンジーやボノボよりも長く、太く、先端にエラがついている。ペニスと同じかたちをしたものをゴムの管のなかで激しく動かすと、管のなかに真空状態が生じ、内部の液体が吸い出されるのだ。男性のべニスと性行動は、その特徴的なかたちとピストン運動によって、腔内に溜まっていた他の男の精液を除去し、その空隙に自分の精子を放出して真つ先に子宮に到達かできるよう最適化されているのだ。
    ・男性が短時間でオルガスムに到達するのは、女性が大きな声をあげる性交が危険だからだ。旧石器時代の男にとっては、素早く射精することが進化の適応だった。それに対して女性には、大きな声をあげることに、身の危険を上回るメリットがあったはずだ。それは、他の男たちを興奮させて呼び寄せることだ。これによって旧石器時の女性は、いちどに複数の男と効率的に性交し、多数の精子を腔内で競争させることができた。そのためには、よがり声だけでなく、連続的なオルガスムが進化の適応になるにちがいない。
    ・江戸時代までの日本の農村には若衆宿のような若者たちの共同体(コミューン)があり、夜這いによる性の手ほどきや祭りの乱交が広く認められていた。こうした風習を持つ社会はアジアだけでなく世界じゅうで見られるが、それが隠蔽されたのは近代化によってユダヤ・キリスト教由来の硬直的な性文化が支配的になったからだ。すこし注意してあたりを見回せば、私たちのまわりには「乱婚」の痕跡がたくさん残っている。
    ・学問的にはともかく、専門家が積極的に「乱婚」説を取り上げたくない理由はなんとなくわかる。女性のセクシャリティはできるだけ多くの男と性交することだと、みんなが思うようになったとしよう。これは性文化における革命的な変化だが、現代社会(資本主義社会)では、フラワーチルドレン的(あるいはボノボ的)な愛と平和の理想郷をつくるのではなく、破壊的な作用をもたらす可能性のほうがはるかに大きい。ヒトの本性が男も女も乱婚だとすると、男性からの性交の要求を拒むのは文化的な抑圧でしかなく、純潔や純愛などという「迷信」はさっさと捨て去って、妊娠可能な女性はどんな男でも喜んで迎え入れるのが自然だ、と主張するひとたちが現われるだろう。
    ・高貴な血への崇拝と破れた血の忌避は、人類に普遍的なスピリチュアルセンスだ。しかし20世紀半ば以降は、人種差別やホロコーストの悲劇を経て、「械れた血が子どもに引き継がれる」という考え方はタブーとされた。だったら高貴な血の神話もいっしょに捨て去らなければならないが、そうすると王制(天皇制)の根拠がなくなってしまうので、こちらのほうは残すことにした。こうして、「高貴な血は子々孫々まで引き継がれるが、械れた血は遺伝しない」というなんともご都合主義なイデオロギーが「政治的に正しい」とぎれることになつたのだ。
    ・論理的推論能力や一般知能(IQ)において共有環境(家庭環境)の寄与度はゼロだ。音楽、美術、数学、スポーツ、知識などの才能でも、やはり共有環境の寄与度はゼロ。家庭環境が子どもの認知能力に影響を与えるのは、子どもが親の言葉を真似る言語性知ど能だけだ。こうした結果は学習だけでなく、性格でも同じだ。パーソナリティ(人格)を新奇性追求、損害回避、報酬依存、固執、自己志向、協調、自己超越に分類して遺伝と環境の影響を調べると、遺伝率は35-50%程度で、残りはすべて非共有環境で説明できる。すなわち、共有環境の寄与度はやはりゼロだ。同様に、自閉症やADHD (注意欠陥・多動性障害)をどの発達障害でも共有環境の影響は計測できないほど小さい。さらには、男らしさ(男性性)や女らしさ(女性性)といった性役割にも、共有環境は何の影響も与えていない。
    ・家庭が子どもの性格や社会的態度、性役割に与える影響は皆無で、認知能力や才能で一はかろうじて言語(親の母語)を教えることができるだけ。それ以外に親の影響が見らなれるのはアルコール依存症と喫煙のみだ。
    ・子どもの成長にあたって子育て(家庭)の影響がほとんど見られない理由は、思春期を迎えるまでは「友達の世界」がこどもにとってのすべてだからである。「友だちの世界」で生きるために親の言葉すら忘れてしまうなら、それ以外の家庭での習慣をすべて捨て去ってもなんの不思議もない。「子どもが親に似ているのは遺伝によるもので、子育てによって子どもに影響を及ぼすことはできない」。勉強だけでなく、遊びでもファッションでも、子ども集団のルールが家庭でのしつけと衝突した場合、子どもが親のいうことをきくことはぜったいにない。。子どもが親に反抗するのは、そうしなければ仲間はずれにされ、「死んで」しまうからなのだ。
    ・どものパーソナリティ(人格一は遺伝的な適性と友だち関係との相互作用のなかでつくられる。子どもはみんな、友だちグループのなかで日立てるように、自分が得意なことをやろうとする。それはスポーツだったり、歌や踊りだったり、勉強だったりするかもしれないが、そうした才能は遺伝の影響を強く受けている。
    ・ひとは無意識のうちに人種別のグループをつくる。これが人種差別の原因になるのだが、ひとは自分に似たひとに引き寄せられるという特徴(人間の本性)を持っているのだから、どうしようもないことでもある。ここで問題なのは、無意識のうちに集団を人格化し、敵対するグループとはまったく実異なる性格(ギャラ)を持たせようとすることだ。一人の子ども集団が禁じるのは白人の子ども集団が高い価値を置くことすべて子で、その象徴が「勉強してよい成績をとること」だ。
    ・「親は無力だ」というのは間違いだ。なぜなら、親が与える環境(友だち関係)が子ど」もの人生に決定的な影響を及ぼすのだから。

  • 頭の良し悪しは7〜8割は遺伝で説明できる。
    身長66%、体重74%に比べると、躁うつ病83%、統合失調症82%は高めである。
    親の収入と子供の学力との相関、人種によるIQ格差は存在する。
    経済格差は知能の格差による。
    妊娠中の喫煙は脳に赤影響を及ぼし、高い攻撃性や行為障害を引き起こす。
    外見格差は経済格差に直結している。
    黒人は複数人集まると、ギャングを作り白人と敵対する。

  • この社会にはきれいごとがあふれている。
    人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではないーーだが、それらは絵空事だ。

    2017年新書大賞を受賞したらしい本書、おもしろかったです。
    これは不愉快な本であると前書きで書かれていますが、書いてある内容はそんなに突拍子もないことではなく、「そりゃそーだよね!」と思うことが多かったです。
    とはいえ、初めて知ることもあって、それもまた面白くて。
    とりわけ、人種とIQについて述べた章の「アファーマティブ・アクションは一部の黒人を有利にするものの、黒人全体の知能を向上させることにまったく役立ってはいない」という話は興味深い。
    アファーマティブ・アクションはそもそも、もう必要ではない、という話は耳にしたことがありましたが、黒人と白人のIQを比較した研究は初めて目にしましたし、人種間で知能の差があるなんて知らなかった。そんなこと言ったら人種差別だと即炎上しそう。

    正直、遺伝の影響って、大きいですよね。
    一方で環境が与える影響はもちろんあるのですが、本書によると親の子育てによるものというよりは、「友人」との関わりによるものが大きいようです。
    ただし、知能が環境から受ける影響として3歳時点で栄養不良だった子どもは11歳時点のIQが低い(P45)など、乳児期は親(養育者)の影響は無視できませんが。
    親ができるのは、その子が輝ける環境を用意することくらい。友人との関係に介入することはできないし、なかなか難しいですけどね。

    本書に書かれていることは概ね興味深く読めましたが、あまりにも荒唐無稽だと思ったのが「親の免許制」
    そりゃあそんなことができたらいいかもしれないけれど、子作りの方法は教えなくてもみんな勝手に習得するんですよね。免許なしの人には産ませない、なんて社会になれば、一部の人は避妊するなり堕胎するなりして抑制できたとしても、ネカフェや自宅での墜落分娩が多発するんでしょうね。

    男女の性質の違いや、日本人の特質など、こうした客観的なデータを頭に入れておくことで、見える世界が少し変わってくる気がして、こういう楽しみ方ができるから新書は楽しいですね。

    • nejidonさん
      yokoさん、はじめまして。
      この本、私もとても面白く読みました。
      「ひとを観る眼」に役立ちそうで、何度も読み返したのを思い出しました。...
      yokoさん、はじめまして。
      この本、私もとても面白く読みました。
      「ひとを観る眼」に役立ちそうで、何度も読み返したのを思い出しました。
      もうひとつ、レビューを載せないまま忘れていたのも、こちらに来て思い出したところです。
      納得のレビューに、思わずクリックしました。
      フォローさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。
      2017/05/05
    • yocoさん
      nejidonさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      この本、とてもおもしろかったですよね。
      こんな視点があったのか・・・と...
      nejidonさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      この本、とてもおもしろかったですよね。
      こんな視点があったのか・・・と目からウロコでした。根拠のある話は読んでいて楽しいですね。
      私もnejidonさんの本棚を見てレビューしていない本を思い出しました。私もフォローさせていただきますね。どうぞよろしくお願いします^^
      2017/05/05
  • 帯文:”2016年ベストセラー” ”オリコン「新書部門」 トーハン「新書・ノンフィクション部門」 日販「新書・ノンフィクション部門」第1位” ”読者諸君、この不愉快な現実を直視せよ。”

    目次:まえがき、Ⅰ 努力は遺伝に勝てないのか;1 遺伝にまつわる語られざるタブー…他、Ⅱ あまりに残酷な「美貌格差」;6 「見た目」で人生は決まる―容貌のタブー…他、Ⅲ 子育てや教育は子どもの成長に関係ない;11 わたしはどのように「わたし」になるのか…他

  • 遺伝学、脳科学、心理学なんかの知見に基づくと、世の中で一般に信じられていることはきれいごとであって、現実はそうではないんじゃないですかという話。知能や犯罪の遺伝、心拍数と反社会的行動の関係、見た目が人生に及ぼす影響、女子校と共学の環境の違いが及ぼす影響、ヒトの性交、子育てや教育といった共有環境でなく交友関係などの非共有環境が子どもに与える影響、ヒトのペニスの形の持つ意義など、面白い話がいっぱい。でも言ってはいけないってタイトルには矛盾を感じるんだが。

  • 話題の一冊。
    予想通りというか、予想以上に「それを言ってはオシマイだよなぁ」と思えるような身も蓋もない話が全編にわたって綴られております。
    巻末には豊富な参考・引用文献のリストもあり。
    付箋は19枚付きました。

  • 言ってはいけないことを口に出すと笑えてしまう、、、程度の気持ちで読むと楽しい読み物。深刻に受け止めてしまうと生きづらいので、そんなものだよね~と客観視するのが大事です。

  • 「GRID やり抜く力」と一緒に読んだ。
    真逆のことがかいてあった。

  • 簡潔に言うと、この先、普通の日常に一喜一憂しながらそれを幸せと思い感じて生きたいなら読まない方がいい本だと思う。
    僕自身も一回読んだだけでは頭の中は混乱して、いまいち上手く落とし込めない内容。
    いや、子育て問題に関してだけ上手く落とし込めない。それ以外は「なるほど、確かに、、、」っと思い返せば、世の中を見てれば納得できるんだけどね。

    子育て問題、美醜の問題、犯罪問題、努力と遺伝の関係のお話などなど、いろいろ面白い。

    タブーとされていることを研究結果を元に書いてあるので面白い本でもある。
    面白すぎて最後の方は読むの止まらなかった。



    子育て問題の話も、この話、親は否定したくなる部分も多いだろうし、痛いとこ突かれる部分もあるだろうけど、研究結果として数字が出てる以上、受け止め難い事実なんだよな。今のところ。
    ここに親が子を思う気持ちや数字にゃ出ない部分を言いたくなるとこだけど、「子供はなかなか親の言うこと聞かなでしょ?親なら経験あるんじゃない?」で、あぁ、なるほど、、、っと思ってしまった。
    救いとしては、親は子にあった環境を選べるっということだろうか。

    むしろ、子の才能を引き出し、長所を引き出し、適切な環境で育っていくには「環境(学校や地域など)」こそ大事で、子供にあったこの「環境」を適切に選べるか。親にできるのはそれだけと言うことか。
    (どれだけ親が良いと思う環境を子供に提供したとこで、大人には見えない子供のコミュニティがあるから難しくはあるが。。。)



    男女平等、男尊女卑、そんな社会のあり方に対して、性差ってのがあって、男は男の役割、女は女の役割が遺伝子レベルで組み込まれていて、女性を軽視するのは良くないし、働きたい女性のために働きやすい環境を作って行くのは大事だけども、「女は家庭」ってのは決して男尊女卑ではないなと。
    ただ、多くの人が働きたい女性に「女は家庭」を押し付けると、それは男尊女卑になるのかなと。

    逆に言うと、これはこの本の話じゃないけど、世の中の常識として「男は働かなきゃいけない」「金稼がなきゃいけない」ってとこで苦しんでいる男もいて、男尊女卑で苦しんでる女性もいれば、男らしさで苦しんでる男性もいる。
    遺伝子レベルで組み込まれてる事でも、中にはイレギュラーもいて、そこに優しくなれる世の中がくればなと。
    これに関しては、僕自身の自己中心的な想い。
    女性が楽だとは微塵も思わないけど、男だって辛いのよ泣き叫びたい。

    女性だろうが、男性だろうが、もしくはその中心だろうが、人それぞれ性別で苦しさや辛さを感じてる人たちがいて、でも、世の中はまだまだ「男だから」「女だから」と2つに分けられ、そこにコミットできない人たちはその陰で苦しんでる。

    このコミットできない人たちを遺伝子レベルで研究した時にどんな結果が出るんだろうね。
    いや、遺伝子だけじゃなく育ってきた「環境」も調べる必要があるのか。

  • ・ロンブローゾ部分陽性。施設に収容するほどではないが、一般市民に比べて犯罪をおかす危険性が有意に高い層だ。本人にもそのステータスは知らされることはないが、警察はLP-Pと評価された者のデータベースを保有しており、犯罪捜査にあたっては容疑者としてまずこのデータベースが参照される。
    ・政府は、遺伝的な問題や乳幼児期の家庭環境に対処するため、「子どもを産むにはまず免許を取得しなければならない」という法律をつくかもしれない。自動車は社会にとって有益だが、同時に危険でもあるので、車の運転には免許の取得が義務づけられている。それと同様に、新しいメンバーは社会にとって必要だが、同時に市民社会に対する脅威にもなりかねないのだから、「親の免許制」の発想が出てくるのは当然なのだ。

全413件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

作家。1959年生まれ。2002年国際金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラー、『言ってはいけない残酷過ぎる真実』(新潮新書)が45万部を超え、新書大賞2017に。『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)など著書多数。

「2019年 『2億円と専業主婦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)のその他の作品

橘玲の作品

ツイートする