読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.66
  • (59)
  • (168)
  • (133)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 2177
レビュー : 223
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797398489

作品紹介・あらすじ

本だけが私たちに与えてくれるもの

●読書術の大家が、ネット時代に教える「だからこそ本を読む」理由

「ネットがあるのになぜ本を読むのか」。
そんな話もありますが、本当にそうでしょうか?
私たちは日々情報には触れていますが、そこで何が残っているのかというと、
ただ無為に情報を消費しているだけ、のような状況もあります。

本を読むことでしか学べないことは、確実にあります。
文学・読書の大家である齋藤先生が、今の時代だからこそ勧める「読書する理由」と、
「人生と知性に深みをつくる読書」の仕方を紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さすが斎藤先生!読書の良さを余すことなく伝えてくれています。ブクログにレビューを書くような皆さんは、とっくに読書の素晴らしさにお気付きになられていると思いますが、最近久しぶりに読書を再開した私にとっては、斎藤先生の分かりやすい授業が身にしみました。以下、私が驚いたり、参考になった点です。

    - 何かコメントを求められても、面白い事を言える人と一般的な事しか言えない人がいる。浅い人と、深い人の差、深い人になるためには読書が適しており、本を読む事で知識を深め、思考を深め、人格を深めることができる。

    - 運動能力や芸術など生まれつき、または小さい頃からの厳しい鍛錬により一部の人だけに与えられるセンスと違い、知性とは万人に開かれたものである。

    - 小学生は本が大好きな子が多く、年間100冊読む子もいるのに、大学生になると月に1冊も読まない現状

    - 宮崎駿さんが、「となりのトトロが子供が大好きで何十回も観させています」という母親に対して、「そんなことをしてはダメです」と言い、子供の頭の中で映像化する力を育てる重要性を説いた(映像は一方的な刺激になるため、絵本を推奨)

    - 好きだからと言って同じ著者ばかりに偏るな

    - 思考を深めるのに読後の対話は重要。レビューを参考にし合うのも効果的

    - ベストセラーは旬なときに読んでしまった方が吸収しやすい

    - Kindle Unlimited はおススメ。一か月千円で10万冊なんて、昔はありえなかった

    - 昔からの名著はそれなりの理由があって今も読まれている。肩苦しく考えずに挑戦すべし

    はい!そのうち、カラマーゾフの兄弟や、金閣寺に挑戦しますです、、先生! 笑

    • kanegon69 さん
      麻理さん、私も同感です。読書をしていると精神が安定してきます。私もこれから、自分なりに大好きな読書時間をとり、少しでも人格を深められればと思...
      麻理さん、私も同感です。読書をしていると精神が安定してきます。私もこれから、自分なりに大好きな読書時間をとり、少しでも人格を深められればと思っています^ ^
      2019/02/20
    • まことさん
      私も齋藤孝先生の本は大好きです。
      私も齋藤孝先生の本は大好きです。
      2019/02/24
    • kanegon69 さん
      まことさん、ほんとに丁寧で分かりやすいですよね。しかし、斎藤先生の読書量は半端なさそうです。流石だなぁと思いました。人間に深みがでる、、確か...
      まことさん、ほんとに丁寧で分かりやすいですよね。しかし、斎藤先生の読書量は半端なさそうです。流石だなぁと思いました。人間に深みがでる、、確かに斎藤先生って魅力的な人間ですよね。
      2019/02/24
  • 読書することで身につくものとは何か?
    読書する理由とは?どんな読み方があるのか?
    「読書の効能」と「本の読み方」を指南する本。
    お勧めの名著、多数。それらを加えての参考文献有り。
    読書によって得られる何かと読書の仕方を教えてくれる内容です。
    読書で得られる何かも、読書の仕方も、人それぞれ。
    でも、読まないよりも人生が深まり、豊かになるのは確か。
    一人でも多くの人が本を手に取り、一冊でも多く読んで欲しい。
    分かり易い言葉と文章ながらも、読書に対する熱い想いが
    伝わってくるように感じられました。

  • 齋藤孝先生の読書論は大好きで、出ているものは全部読んでいます。
    今回は図書館で予約して、一番乗りで借りましたが、これは買えばよかったと読んでから思いました。
    読書が、生きていく上で有意義であること他、おっしゃっていることは、わかっていて何度も読んでいるので、もういいかと思っていたのですが、齋藤先生恒例の、お勧め本のラインナップが、今までと多少変化しています。

    先生好みの、マニアック(?)なものが減って、シンプルになり、かつ今まで紹介されたことのない新しい本が入っています。
    今まで、読もうと思っても、積読されていたり、なかなか手が伸びなかった古典も、これを機会にとりあえず何冊か買って読もうと思いました。

  • 職場での休憩中、本を読んでいるとみんなに「本当に本が好きだね」と毎回言われる。子供がいる人には「どうしたら本好きになるの?」「どんなきっかけで本が好きになったの?」と聞かれる。みんな本は読まない人ばかりだ。小説だけでなく、漫画も、雑誌も読まない。そんな人たちがどうして子供に本を読んでほしいんだろう、と疑問に思っていた時に知った本。多分初めての新書。

    本を読むことで得られるもの。
    集中力。想像力。創造力。認識力。感動する力、そしてそれを伝える力。何より点でしかなかった知識を線に、そして層にしていくことで得られる生きていくうえで心が生きやすくなる力。
    自分がそんなものを培いたくて本を読んでいたわけではないけれど、そんなにいいものなら欲しいなと思う親心は分かった。でもそんなものを身に着けるにはそれはそれはたくさん読まないといけないだろうし、それのために読書を薦めるよりもその子にとって何よりも好き!というものを一緒に見つけていくほうがいいんじゃないかなとは思う。
    毎日寝る前の読み聞かせは私がたのしいからやっていることで、だから続くし、子供も楽しんでくれる。面白い本も難しい本も、なんだかわからない本も読んでみているが、おかげで子供たちの中の本を読むことへの抵抗感、壁の高さを感じずに今のところ来られたことが、うれしい。いつか大きくなった子供たちに読書がいいものを生んでくれていたらラッキーだ、と思った。

  • この類の話しは、テレビやインターネットなどのメディアが悪として槍玉に挙げられがちですが、斎藤先生は一方的にそれを批判するのではなく、タイトル通り読書をした人だけが得られる多くのモノを分かりやすく解説されています。結局は自分次第、能動的か受動的か、ではないでしょうか。

    読書は文字という限られた情報を頼りに、物語の情景を頭に浮かべたり、登場人物の感情の機微を読み取るなど、高度で知的な作業が要求されます。

    それに対してメディアは、視聴者がアタマを働かせなくても、映像、音声、正解が与えられます。読書のように、足りない部分を過去の経験や文脈の前後から推測して補完するなどの作業は一切要らないのです。

    興味のある一冊を読み(経験)、そこで感じたことをまとめ(感想)、自立した考えを持つ(意見)。この能動的なプロセスを確実に実践出来るのであれば、きっかけが書籍でも、メディアでも、どちらでもいいのではないか、というのが私の意見です。

  • ここ数年本の虫になっています。
    それまで殆ど読まなかったので挽回すべく。

    そのメリットはいろいろ感じていましたが
    こうして斉藤孝さんに文章にしていただくと
    なんかスッキリしますね。

    とくに「そうかも!」と思ったのは
    「知識は細胞分裂のように増える」。

    〈1が2になり、2が4になり、8、16、32、64、128…〉
    最初のうちはたいした違いがないように思えても、積み重ねるほど大変な差になる。

    〈すでに知っていることは確かな知識として定着し、新しいことも「つながり」が見えます。(中略)どんどん知識がつながっていくから加速度的に増えていきます〉

    〈何も知らない分野については一生懸命読んでも、なかなか頭に残らないものです。
    ある程度ベースとなる知識があれば、新しい話にもついていけます。
    1001冊目を読むときには速く読めて知識も残ります。
    100冊読んだ人の101集めよりもコスパが良いと言えるのです〉

    これからも時々難しい本にチャレンジし、
    またベストセラーになっている、話題になっている本にも積極的に取り組んでいこうと思いました。

  • 新幹線の中で読む本がなかったので、駅で勢いで購入。

    行き帰りの新幹線の中で8割方読み終わり残り3日ほどで読了。

    対して期待はしていなかったが予想以上に得るものがあった。

    一番いいのはいろんなジャンルの本を紹介してくれていること。
    普段あまり読まなそうな本も解説してくれているので、読みたい本がこれ一冊読むだけでだいぶ増える。

    そしてこれを読むと人生に暇をしている無駄な時間などないという気持ちになる。
    読むべきというか、読みたいなと思う本が次々と出てきて読書時間をもっと確保したいと思う。
    読書以外にも映画や音楽、旅など見ておきたい、聞いておきたい音楽などにも話がおよび、
    これらのものを全て楽しむには人生の時間は短いと思えてくる。

    また著者自身の経験として、若い頃に常に読んだ本について話をする相手がいたという話に、純粋に羨ましいと感じた。
    思考は外の刺激を得ることによって、より深みに達するという話にその通りだと感じた。

    しばらくたったらもう一度読み返して、あーまだこの本もこの本も読みたいのがあったと、見返したくなる一冊。

  • 「情報としての読書」と「人格としての読書」
    ただの情報として読むだけでは思考はなかなか深まらないものです。
    つまり思考が深まりやすいのは感情が動いている時で自分の人格に語りかけてくるような内容の時かなと思います。
    テレビも例外ではなく本書に書かれていましたが
    「家、ついて行ってイイですか?」は僕もよく見ます。
    見てるといろんな人生があるんやなあと不覚にも涙する時もあります。
    深みを感じ取る力を養うには本だけじゃないのかもしれません。

    ただこの本は読書を勧める本なのでσ^_^;
    「親書を5冊読むだけで全然知らないCランクから結構詳しいAランクになれる」と書かれています。
    これは目から鱗で僕もやってるつもりではありましたが5冊はいい目安になりました。

    読書好きな僕はなんか後押ししてもらえるような内容でした。

  • とてもとても面白かった!!

    新書にこんな感想を抱くなんて、はじめてかもしれません。

    斎藤先生は本当に読書するということを愛していて、そういう愛のある人が語るとこんなに熱が伝わるし、人の気持ちも行動さえも変える力があると思った。

    知識は細胞分裂のように増える。
    すごく納得。私はまだそこまでいっていないけど、わかる気がします。違う世界なのに、どこかで繋がっている感じ。
    深い認識はあらゆる分野につながる。
    とも書いてあった。

    だから、きっと、仕事と趣味、家族、どれかひとつだけしか出来ないというのは間違っているのだと思う。徹底的に極めたら、どこかで繋がって全てに活きる。(ちょっと(?)違う話かもしれません)

    ところで、思考を深めるには、対話をするのが一番とのこと。だから本を読んだら人に話すといいらしい。
    それにはこのブクログがピッタリじゃ!と改めて思いましたまる

    読書したい…!!と燃える一冊。

  • 年頭に読んだ本を3月31日に登録して、今頃レビューを載せる。
    それと言うのも、この著者の作品の読みやすさゆえ。
    さくさくとよどみなく読み進んでしまい、「じゃ、レビューは後で」となってしまう。
    心に残らないという意味ではなく、記載されたおすすめ本を即読みたくなるからだ。
    齋藤孝さんのレビューはそれほど端的で面白い。
    それはもう、レビューだけですっかり読んだような気になってしまうほど・笑

    本を読むことによってしか学べないことというのは確かにあり、著者の説明はもう納得のひと言。
    知ることが増えるほどに世界が広がるし、発見の喜びは何物にも代えがたい。
    それは何歳になっても、だ。
    むしろ、自分はこんなにも知らないことだらけなのだと再発見するために読書をしているような節もある。
    その再発見はいつも心ときめくものがある。
    読書はそんな自分にも与えられた至福のひとつだ。

    「人生に知性と深みをつくる読書」とは、どのようなものか。
    これなら出来そうだと思わせる著者の指摘はいつも温かい。
    「物知りは深い人ではないのです。
     教養や人格が人生にまで生きている人が深い人なのです」
    そして、教養のない人生とない人生と、どちらが良いですか?と問われる。ええ、それはもう云わずもがなで。

    本の中に深く潜ること。それには良書であることが必要。
    この本でたくさんの良書を紹介していただいた幸せをかみしめている。
    読書によって様々な人生を知り、人生そのものの豊かさを感じられるようになりたいものだ。
    おすすめ本の中に「山頭火俳句集」「中原中也詩集」「銀の匙」「理科読をはじめよう」が入っていたのも嬉しかった。

全223件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)のその他の作品

齋藤孝の作品

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする