短編集のようで、最後に話が繋がるような本教えてください

ひとつひとつの短編が、繋がってないようで繋がってて、一つの長編として読めるような本を探してます。
北森鴻の「メインディッシュ」や沢村浩輔「夜の床屋」のような感じで、これは!というものがあれば是非教えてください。

  • 投稿日時 : 2017-01-06 15:01:38
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

読んで面白かったやつだけ。


死神とその観測対象者の人間の話


ハートフルな短編集。喫茶店のマスターと店に来る客の話。


阪急電車の乗客でつながる短編集

木暮荘の住人の日常が
他人なのに微妙に重なっている
そんな短編集です。



こちらは一人の人物を経て関わる人たちの話

それぞれ違う話だと思って読み進めていたら最後にあれ?これってあの人のこと?と繋がってびっくり。思わずもう一回読み直しました。よく出来た物語。
これ面白いです。

一つの物語の中に、背景的に出てくる人が、次には主人公になっていて、次々繋がっていきます。そして胸がキュンとする場面も多々あり。
お笑い芸人キングコングの西野さんの絵本です。
短編のストーリーが星空を通して色々と繋がっていきます。
  • 回答No.7378-082459
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-03-09 23:16:59




短編集というよりはちょっとずつ違うifの世界が4つ描かれているパラレルワールドのお話です。
でも最後にうまく繋がります。
  • 回答No.7378-082441
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-03-06 23:05:07
確か、この本も互いに繋がりがあったように記憶しています。
SFです。七編の短編を繋いで壮大な世界を構築しています。

全20件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする