久間十義のおすすめランキング

プロフィール

1953年北海道生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業。87年豊田商事事件を扱った『マネーゲーム』で第24回文藝賞佳作。『世紀末鯨鯢記』で第3回三島由紀夫賞受賞。『刑事たちの夏』では警察小説ブームに火をつけ、警察小説の金字塔となる。主な著書に『放火(アカイヌ)』『刑事たちの聖戦』『ダブルフェイス』『禁断のスカルペル』『デス・エンジェル』『限界病院』など多数。

「2020年 『笑う執行人 女検事・秋月さやか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久間十義のおすすめランキングのアイテム一覧

久間十義のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人はお金をつかわずにはいられない』や『刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫)』や『ダブルフェイス〈上〉 (新潮文庫)』など久間十義の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人はお金をつかわずにはいられない

135
2.90
久間十義 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人はお金をつかわずにはいられない」 うん。 お金をつかわなくちゃ何にも出来ない。 餓死に一直線だ。 いきなりサラ金の話から始まって、オン... もっと読む

刑事たちの夏〈上〉 (新潮文庫)

114
3.47
久間十義 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松浦警部補は、大蔵官僚が墜落死した事件を追うが、突然上からの圧力がかかり、単独捜査を余儀なくされて・・・ テーマ的には、好きな感じがプンプンしてるんだけ... もっと読む

ダブルフェイス〈上〉 (新潮文庫)

110
3.23
久間十義 2010年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東電OL売春事件を参考にした刑事物 もっと読む

刑事たちの夏〈下〉 (新潮文庫)

107
3.29
久間十義 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了までにかなり時間がかかる。ダラダラと読んでしまった。 警察は悪だなー。明るみに出ないところがまた悪質な感じ。 終わり方は好みだけれど、スッキリはせ... もっと読む

放火 (角川文庫)

99
2.70
久間十義 2009年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風俗店と消費者金融が入居する東京・池袋の雑居ビルで火災が発生。19名の死傷者を出す大惨事となった。ほどなく捜査本部が設けられたが、警視庁捜査一課火災犯捜査... もっと読む

ダブルフェイス〈下〉 (新潮文庫)

99
3.05
久間十義 2010年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エリート男性が女を買っても不思議はないが、エリート女性が円山町で夜な夜な客を引く不思議。中村うさぎやたくさんの作家が惹きつけられたこの謎に、本書ではタント... もっと読む

限界病院

79
3.19
久間十義 2019年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021.1.2-358 もっと読む

ロンリー・ハート〈上〉 (幻冬舎文庫)

71
2.75

感想・レビュー

刑事モノ・・・かな?誰が主役なのか分からないし、人物造形が中途半端。登場人物に魅力が感じられず、セリフの言い回しも鼻につく。何より、文章がガチャガチャして... もっと読む

ロンリー・ハート〈下〉 (幻冬舎文庫)

69
2.72
久間十義 2008年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警官の父の愛情に渇く絢子は友だちの真由美とともに、少年たちの溜まり場のレゲエ・バーへ誘い込まれた。その後、彼らのマンションで意識の混濁を覚える…。やがて、... もっと読む

デス・エンジェル (新潮文庫)

63
3.00
久間十義 2018年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中からどうなる、どうなる…と、先が気になって仕方なかった。 もっと読む

禁断のスカルペル

60
3.48
久間十義 2015年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万波医師がモデルの病気腎移植をテーマにした小説 病気腎移植について理解が深まる もっと読む

生命徴候あり

58
3.21
久間十義 2008年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久間十義『生命兆候(バイタルサイン)あり』読了。へき地医療から心臓カテーテルからITバブルまで、ものすごく話が広がりすぎて疲れた。 もっと読む

刑事たちの聖戦

57
2.47
久間十義 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015_03_06読 もっと読む

ダブルフェイス

56
2.86

感想・レビュー

終わってないジャン・・・ な終わり方。。 えーーーどうなんこれ・・・。( 一一) もっと読む

デス・エンジェル

47
2.60
久間十義 2015年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半から中盤にかけて面白くなってきたのに、「そのままかいっ!」という結末が残念。。。 もっと読む

聖(セント)ジェームス病院 (光文社文庫)

43
3.16
久間十義 2008年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖ジェームス病院は、慢性的な人員不足にあえぎながらも、地域中核病院として機能してきた。東翔平も研修医として、懸命に務めている。腹痛の症状で救急外来に訪れた... もっと読む

ダブルフェイス (幻冬舎文庫)

41
3.07

感想・レビュー

東電OL殺人事件をモチーフとした物語。 すっかり忘却の彼方に追いやられた東電OL殺人事件を調べてしまった。ほぼ同じプロットなのですね。 本作の... もっと読む

刑事たちの聖戦 (角川文庫)

38
3.08
久間十義 2012年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「刑事たちの夏」の続編にあたる物語。 前半の物語の展開と後半の結末部分との関連性が薄く、盛り上がりにかける気がした。 犯人の動機、犯行の裏側、犯行までの心... もっと読む

聖ジェームス病院

37
2.94
久間十義 2005年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

総合病院を舞台にした医療小説。新薬の薬害、製薬会社のインサイダー取引、院内感染など、院内で起きるさまざまな問題を研修医の視点で描いてある。 追記 この... もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×