変身 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (979)
  • (2245)
  • (3383)
  • (490)
  • (86)
本棚登録 : 21451
感想 : 1664
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061856981

作品紹介・あらすじ

世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 優しく従順な青年が、強盗事件に巻き込まれて、脳の一部を破損する。
    そこで、世界初の脳移植手術が秘密裏に行われる。手術後、徐々に人格の変化が認められる。
    彼は、彼の脳の一部となったドナーを探し始める。
    脳の欠損は、他部分から修復されていくというような事を聞いた事がある。
    遂に確定したドナーは、彼を撃った犯罪者であり、その凶暴性が彼の元の人格を制圧していく。
    医者達が、手術の詳細を隠そうとしたり、手術の成功をのみを追い求めようとするところは、ありがちかなと思う。
    最期の一瞬に元の人格が戻るというところが東野さんらしい。

  • 脳移植という難しい題材。

    話の流れや、テーマなどさすが東野圭吾だなと。

    ただ、私的には、子供を助けた主人公が、
    良い方向にいってほしかったなって思った。

    けど、脳の若返りを狙う上の人間達には、
    そんな甘くねーぞっていうことは
    伝えられたよね。

  • 感情や行動の変化の描写がリアル。
    脳移植してドナーの人格が支配していく様子は恐ろしくて非現実的な事のはずなのにそう思えず先がただただ気になってあっという間に読み切った。

    今まで読んだ東野圭吾作品とは違って刑事のいやらしさや鋭さがなくて、今回は警察の出る幕なし。バックの強力な力がはたらいていてうやむやになる事件や事故って、実際知らないだけできっとあるんだろうなって思ってそんな所まで楽しめました。

  • 記録

  • 脳を銃で撃ち抜かれた青年が、脳移植を受けて生還するが、人格に変化が現れ別人のように変身していく。

    脳移植を執刀した堂元教授の記録[堂元ノート]から始まり、[堂元ノート]で幕が閉じられます。主人公、純一の恋人である恵の[日記]や、倉田刑事の[メモ]を挟みつつ、純一の視点によって物語は進みますが、次第に人格が変化し狂暴するため一人称が「僕」から「俺」へと変化するところがおもしろいです。
    また、それらの変化をあくまで研究材料とし、最後まで宿題を課す[堂元ノート]の冷徹さも印象深い。
    唯一、最後の恵が大事にしたものだけが救いでした。

    ドラマを先に観てからの原作だったため、ドラマでの恵と純一の純愛の印象が強く、それに比較すると純一の狂暴さばかりが際立っている印象でした。
    でも、歯止めがかからない変身ぶりは最後まで一気に読んでしまいました。

  • ミステリーの秘密の部分は 読み始めてすぐに分ってしまいます。
    途中からひどいことになっていくのですが、最後の解決の部分は予想外でした。
    ちょっと期待はずれかも・・。
    映画化もされているようなので、映画も見てみたいと思います。

  • うーん、なんとも重く深いテーマ。
    脳移植手術によって、元の人格からドナーの人格に次第に変わっていく様子が、差し迫った文体で克明につづられている。全体にみなぎる緊張感と切迫感。一気に読んでしまった。自分が自分でなくなっていく様は読んでいて恐怖を感じた。
    「生きているというのは、単に呼吸しているとか、心臓が動いているとかってことじゃない。脳波が出ているってことでもない。それは足跡を残すってことなんだ。後ろにある足跡を見て、たしかに自分がつけたものだとわかるのが、生きているということなんだ」

    恵の献身には救われる思いがした。最後に少しでも自分を取り戻すことができて良かったと信じたい。。

  •  強烈に覚えている作品。ラストが切なくなる。
    よりによって移植された相手が……

  • 自分とは何なのかを考えさせられる名作でした。
    恵の愛と、最後まで自分を見失うことなかった純一に心打たれました。

  • 今まで読んできた東野圭吾作品とは異なる異質な感じはあったが、相変わらず一瞬で世界観に引きずり込まれた。

    どこにでもいるような青年、成瀬純一はふと訪れた不動産屋で事件に巻き込まれる。

    そう、まさにその事故は彼の人生を一変させたのである。

    金を奪おうとした犯人はたまたま不動産屋にいた客の子供が窓を開けようとしている姿に気づき、持っていた拳銃を放つ。

    幼い彼女を助けようとした純一は犯人に頭部を撃たれてしまった。

    次に純一が意識を取り戻した時から、タイトルである彼にとっての悪夢でしかない「変身」は始まる。

    彼が助かった理由は世界初の脳移植。

    少しずつ変身(人格の変容)が始まる中で、徐々に明らかになる移植の謎。

    ドナーである脳の持ち主は純一を撃った直接の犯人、京極瞬介だった。

    大人しく真面目な純一の意識(脳)は日に日に京極瞬介の脳に侵食され、凶暴性が増してくる。

    争う純一。

    彼が京極瞬介に変身してしまう前にとった最後の戦い(抵抗)は、自ら移植された脳を拳銃で撃ち、京極瞬介の意識(脳)を止めること。

    それは純一としての尊厳を守ると共に、人としての活動(生)を自ら止める。

    ※最大の問題は、脳片という小さな塊にすぎないにも拘らず、京極が生き続けたということだった。心臓死の判定がなされ、脳波は停止したが、彼は生きていたのである。たしかに脳細胞のひとつひとつがすべて死んだわけではなかったし、だからこそ移植も可能だったのだ。
    すると人間に死の判定などできないのではないか。我々が知りうるかぎりの生命反応がすべて消えたとしても、人間は密かに、全く想像もしない形で生きているかもしれないのだ。
    これが我々の宿題、おそらく永遠に解決しない宿題である。

    実に重いテーマだと思う。

    それ故に、東野圭吾作品を読んだ後に得られる読後感とは全く違った印象を残した。

    読書によって、評価は分かれるのだろう。


    説明
    世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
    脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

    平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める。

全1664件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川書店)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP研究所)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×