猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (141)
  • (185)
  • (314)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 1527
レビュー : 198
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷崎ってこんなに面白かったのか。
    猫と人の四角関係。
    庄造も女たちもそれぞれが利己的で打算的なので「こいつらどうしようもねぇな」という感じがするが、リリーだけは猫なので責めようがない
    義父が自分は猫と会話ができると言っていたことが思い出された。

  •  想像してみる。
     自分の嫌いな食べ物を夫に作ってくれとせがまれ、渋々作ってあげたものの夫はほとんどそれを猫にやってしまう。唯一の夫婦の時間である夕食どきに、夫と猫のいちゃつきを見なければならない。
     ・・・最悪である。私だって猫好きだ。猫にかまけることに関してはある程度の寛容さを備えていると自負しているが、庄造のそれは度を超えている。猫を簡単に他所へやってしまえという妻は身勝手であるが、気持ちは理解できる。

     したたかに猫を呉れという前妻にも腹が立つ。猫をダシに元夫をおびき寄せようという魂胆がいけない。

  • さらっと読めるものを探していて目についた薄い1冊(笑)

    時代小説が得意ではないのでどうかなー?と思ったが
    意外と楽しめたのは谷崎潤一郎だからかな

    内容もタイトル通り、猫と庄造と二人のおんなの話で
    前妻と後妻と猫を溺愛する庄造の話

    たったそれだけで1冊を楽しめるはスゴイ

    最後は慌てて逃げていく庄造だけど
    その後どうなったのか・・・ 想像力で楽しめますね

  • 猫が一番!女房はそれ以下!!何という男よ。谷崎の短い長編だが、田辺聖子さんか?と思うくらい軽快でユーモア垣間見えるナイスな一冊。小心者でろくでなし男、庄造。策略家で我の強い元妻・品子。小金持ちの娘でふしだらな現妻・福子。こんな三角関係の絶対的トップに君臨するのはリリーちゃん。美しきメス猫。庄造は恋人のようにリリーを愛することから、不穏な元妻と現妻。そんなドタバタ話だが、とにかくリリーが可愛すぎ。猫を飼ったことがない私にも、猫の魅力が存分に伝わる描写が流石。で、ラスト、ここで終わるの!?という唐突さに驚き。

  • 谷崎潤一郎といえば、猫好きで有名な文豪。生涯、数多くの猫を飼っていたようだが、そのほとんどは雌猫だったとか。

    本作は、猫のリリーを中心に、愛猫家の庄造、前妻の品子、後妻の福子の三角(四角?)関係を描いた物語。人間が猫に振り回されるという、傍目から見たらじつに馬鹿らしいやりとり。だけども、本人たちはいたって真剣なところが滑稽であったりもする。テンポのよい文章が心地よく、猫の描写は秀逸。これぞ日本猫文学の極北といったところ。

    ちなみに、谷崎潤一郎は愛猫ペルの死後、ずっと側に置きたいと思い剥製にしました……

  • 本屋で勧められていたので、手にとってみました。
    読みやすいです。

  • 読みたいリストより

    猫がうつくしく、ひとは愚かで滑稽だけど、わかる。おもしろい

  • 面白かった。リリーすごすぎ。みんな変な人だけど、人間味がありました。人ってこんなもんだよねみたいな。もしいつか猫と飼ったらリリーって名前付けたい。すごい色気のある猫になってほしい。

  • 文学

  • 解説 磯田光一

全198件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫と庄造と二人のおんな (新潮文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする