世界怪談名作集〈上〉 (河出文庫)

  • 河出書房新社
3.89
  • (7)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309462226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • テオフィル•ゴーチェの本が読みたくて青空文庫でクラリモンドのみ読む。この時代のものは言葉が古くて読み辛いのが普通だが、あまりにも現代風に訳されてあり拍子抜けした。

    岡本綺堂という訳者によるもので幻想的な雰囲気を旨とした世界観を損なわない訳だった。怪談集を多く出されている方で適任だと思われる方も多いのでは無いだろうか。

    ボードレールのラインから来た私にはもう少し難解な世界があると思ったのですが…

    耽美というか幻想的というか、お伽話の延長という印象でした。他に収録されているものも読んでみます。

    またクラリモンドは芥川龍之介訳のものも青空文庫で読めます。そっちは古い文体で読み辛いですが、想像力を掻き立てられます。

  • 「スペードの女王」読了

  • 青空文庫でも読める。煽る様な怖さはないものの、どこか不思議さが漂う話。「信号手」がよかった。

  • 上下巻

  • 岡本綺堂……『半七捕物帳』『修善寺物語』、と思っていたら……、彼の編訳になるこんなものがあったなんて(昭和4年)。上巻があるってことは当然下巻も……あるよなあ。それも名作揃い、参った。[以下、2009年7月13日追記]とうわけで、やっぱり、参った。「スペードの女王」でびっくりし、「クラリモンド」にその名のとおり眩惑し(過ちを犯したのはいったい誰?真に憐れまれるべきなのは誰?)、「信号手」に戦き、ホーソーンに引きずりこまれた。下巻の届くのが待ちきれない!

  • 綺堂の洗練された翻訳は、今なお美しく、古さを感じさせません。
    「貸家」リットン/「スペードの女王」プーシキン / 「妖物」ビヤース / 「クラリモンド」ゴーチェ /「信号手」ディッケンズ / 「ヴィール婦人の亡霊」デフォー / 「ラッパチーニの娘」ホーソン の7編を収録。
    ちなみに私は「ラッパチーニの娘」が大好き。

全6件中 1 - 6件を表示

テオフィル・ゴーチエの作品

世界怪談名作集〈上〉 (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×