紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

  • 1608人登録
  • 4.31評価
    • (303)
    • (239)
    • (67)
    • (16)
    • (3)
  • 290レビュー
著者 : 佐々涼子
  • 早川書房 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152094605

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
西 加奈子
ロビン・スローン
恩田 陸
辻村 深月
万城目 学
横山 秀夫
池井戸 潤
田口 幹人
有効な右矢印 無効な右矢印

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているの感想・レビュー・書評

  • あの日、液状化で水浸しになってはいたが、子供たちは一緒にいて命の不安もなく、点けたTVをしばらく観ていた。
    そのうち「あの車........」 と絶句する次女の声でTVを消し、それからしばらくはTVは点けなかった。

    画面を通してさえ、とても直視することができなかった津波被害。

    日本製紙石巻工場。
    ドーム23個分という巨大プラントの被災から復興までを、淡々と綴る本書。
    被害のど真ん中にいた人達の言葉が、この世のものとは思われない悲惨な状況を伝えてくれる。

    その日から何を思い、どのようにして、今目の前にある本を構成する紙を生み出すに到ったか。
    決断、覚悟、忍耐、我慢、
    生きてさえいれば、人はこれほどのことができるのか。

    一方で、報道されなかった被災地の治安の悪さも描かれている。人の暗い側面は、人の苦しみを増大させる。

    野球部の話もある。
    多大な被害を受けた会社が野球部に託す役割は、本というもの出版というものの役目に重なるところがある。

    第八章はヤマ場。
    タイトルの 紙つなげ!の場面。
    無念と悲しみと頑張りと責任感の集積の上に 8号抄紙機が稼働する。紙がつながれる瞬間には 言葉を失う。

    著者は第七章の冒頭に、この本が生まれた経緯を挟んでいる。筆者の媒体としての透明な存在感が、この本の厚みを際立たせていると思った。

    最後の最後に本書の使用紙が記載されている。

    本文;オペラクリームHO四六判Y目58.5kg
    口絵;b7バルキーA判T目52kg

    カバー:オーロラコートA判T目86.5kg
    帯:オーロラコート四六班Y目110kg

    ありがとうございました。

  • 「紙の本を読める」

    それがこんなにもありがたく、尊く感じられたことはありません。

    これほど思いを込めて、ページをめくったこともありません。

    ただただ『感謝』その気持ちでいっぱいです。

  • こういう、災害、逆境の中で、身近な人を失いながらがんばる話は、苦手だ。好きとか嫌いとかではなく、話を聞いていると自分の感情がコントロールできなくなって、電車の中だったりするにも関わらず、思わず目頭が熱くなってしまったりする。冷静に、一歩引いた立ち位置が好きな自分にとって、この本はずばり「苦手」なジャンル。

    まだあれから3年しか経っていないのか。当時、こういった話は、テレビを見ればいくらでも流れ(そして自分は目を背け)ていた。この作品ならではのテーマは「本」。震災後、雑誌が印刷できずに、週刊マンガ雑誌などは電子版を無料配信していたりしていたけれど、いつの間にか終わっていた。何か震災で大変だったみたいだけど…そんな噂を耳にしつつも、よく分かっていなかった現実を、石巻工場のプライドが乗り移ったような、最高に手触りのいい、読みやすい紙で伝えてくれる。石巻に設置され、震災前まで、日本の印刷を支えてきた、「紙をつなぐ」機械。日本の本の歴史をつなぐために、人の力と心をつないで、再び動かすまでの物語。

    ノンフィクションなだけに、読んでいろいろ好悪感じるところはあるだろうけど、本好きな方は、ご一読を(電子ではなく、「紙」で。電子書籍化はありえないとは思うけど)。

  • あの東日本大震災の直後、某月刊誌の編集部にいた自分も、この本に書かれているのと同じ体験をしていた。
    「東北の製紙工場が壊滅的な打撃を受けていて、うちの会社の雑誌にまで紙が回ってくるかが読めない状況だ。最悪、いま進めている企画がすべておじゃんになる可能性も覚悟しておいてくれ」という連絡が会社上層部から回ってきていたのだ。
    まさにそれが、この本に書かれている日本製紙石巻工場のことであり、なかでも「8号機」と呼ばれる巨大マシンがその主力だ。
    石巻工場が被災するなか、当然、この機械も大打撃に遭った。元通りになる姿など誰も想像できなかったにも関わらず、会社の英断と多方面に渡る準備、従業員や関係者のあまりに気の遠くなるような努力や苦労があり、わずか半年で8号機は見事に復活を遂げたのだ。

    「8号が倒れるときは、この国の出版が倒れる時だ」とまで言われているという。
    この本の著者や担当編集者同様、震災とそれにまつわる“紙騒動”があるまで、自分もどこで本の用紙が作られているかすら知らなかった。あらためて、紙の本や雑誌をめくる喜びと、その1ページ1ページのとてつもない重みを感じることのできる1冊となった。

    ★10個でもあげたいくらいの評価。

  • 出版された時から気になっていたノンフィクションでした。
    著者は「エンジェルフライト」の佐々涼子さん。
    今度はどんなノンフィクションを発表されるだろうと注目してもいました。
    ちょうど折しも、世に広めたい小説を出版するために奔走する編集者が主人公の小説を読んだばかりだったので、今度は別サイドから出版の縁の下の力持ちを知ろうという、ナイスなタイミング。

    震災関連本は多々ありますが、あまり表に出てこないいい話ではない人間の残酷な部分や利己的な場面が登場するのがショッキングです。
    そこは本筋の「紙つなげ」から若干逸れる話ではありますが取材されていく中でこれは絶対にはずせない話だと著者は思われたのではないでしょうか。
    この居酒屋の店主さんの生々しいお話があるからこそ、また「紙つなげ」の話の過酷さや希望が一段と感じられるようにも思います。

    野球部の話もそうですが、どんな逆境にあっても希望を失わないということは、人間が生きていくうえで絶対に必要なことなのだと感じさせられます。
    希望あって、そして支えられていると感じられることで絶対にやり遂げるとか為してみせるという強い信念が創られるのだなと。

    文中に「無性に欲しくなるのはたばこ、酒、本、そして野球」と出てきますが、ライフラインじゃないからこそ無性に欲しくなったり必要であったりするものってあるなと感じます。
    ライフラインがまだ整いきれていない中で、たくさんの人が本を求めたという話をいろいろな所で見聞きしました。
    ライフライン以外の心の支えが生きていく意思をしっかりもつためには必要なんだと思わされた話でした。

    本好きでたくさんの本を読んできたと思っていましたが、その本を創るための紙について思いを致したことは今までありませんでした。この本を読んで紙をつなぐことにまさに命がけで向き合ってきた人たちに申し訳なさと感謝を感じました。

    写真が巻末にありますが、これが一般の本のように最初ではなく最後にあることに一段とメッセージを感じます。紙の手触りを感じながらページをめくり、写真を見つめました。

    自分は電子書籍も多少読みますが、これからも紙の本を買い続けると思います。そしてこれからは内容だけでなく紙の手触りや本の創りにも関心をもち続けたいと思いました。

  • 日本製紙が日本の出版用紙の約4割を担っている。石巻工場がその基幹工場である。
    読んで初めて知る事実。

    「紙の本が手に入らない」そんな状況で今日を迎えていたかもしれない。

    正直読むのが辛かった。
    活字で読んでも、映像で記憶に残るので、影響を受けやすい。
    (案の定読み終わったその日の夢は海の中…)
    だから本は完全に娯楽のために読むもので、
    辛い現場のノンフィクションや、フィクションでも震災、病気、事故等々の話しは読まないこととしている。
    でもそれでもこの本を手に取ったのは、紙の本が好きだから。
    知っておくべきなんじゃないかと思って。

    今も紙を供給し続けてくれているすべての人に感謝したい。
    好きな紙質があって、手に馴染む紙、新品の本をめくっていく感触は電子書籍には替えられない魅力だと思う。


    (図書館)

  • 東日本大震災から奇跡的な復興を遂げた、日本製紙石巻工場と日本製紙石巻硬式野球部のお話。

    もう長いこと読書を趣味としてきたが、本の紙なんてあまり気にしたことがなかった。しかし書籍用の紙には出版社のこだわりが沢山詰まっていて、あのアメリカの週刊誌『TIME』も、この工場で生産した紙を使用しているそうだ。
    そして日本や海外の出版業界の期待に応えるため、工場の復興に尽くした人たちがいたことも、恥ずかしながら今回初めて知った。

    野球部の活動再開に際して同社の中村会長が、「金のことなんか心配するな」と語るシーンが非常に印象的だった。基幹工場が壊滅的なダメージを受け、経営資金には余裕など無いはずなのだが、結果的にこの判断が従業員の士気を上げ、早期復興の原動力の一因になったのだと思う。

    あの日から約3年半経ったが、実は震災関連の本を手に取ったのはこの作品が初めてだった。甚大な被害をテレビや新聞で知りながら、わずかな寄付と祈ることしかできなかった自分に対し、自責の念のような気持ちがあったからだ。
    でもこれからは出来なかった事を悔いるより、誰かのために自分ができることを考えて行きたい。

  • 「オペラクリームHO四六判Y目」。この文字が意味するところをわかる人は決して多くはないだろう。これは、本書の本文に使われている紙の種類だ。そして、その紙は、本書の舞台になっている日本製紙石巻工場で作られている。

    本書は、出版文化を支えるその工場で、震災時に何があったのか。そして、どのような決断と努力があり工場は再開に至ったのか。そこで働く人の思いや葛藤、そして紙がつなぐ人と人との絆を感じさせる一級のノンフィクション作品だ。

  •  あの日の未曾有の惨事は、被害状況が明るみになればなるほど、各方面に恐慌を齎したと思われる。
     かくいう私も、書店に「運搬だけでなく生産ラインが壊滅らしく、ひょっとすると今後書籍のお届けは、正直難しいかもしれません」と言われ、愕然としたことを思い出す。趣味より生活が最重視されることは当然の成り行きとは言え、それでなくとも様々な要因から出版社が次々と店を畳んでいた時期でもあり、また執務との絡みもあって、書籍の暗鬱とした未来を同職仲間と嘆いたものだ。
     しかし、私のような書籍好事家は、あの日以降も相変わらず彼らの不断の努力と信念によって、今日この時も支えられている。
     「事物(もの)」の先には「人間(ひと)」がいる。「人間(ひと)」の先にも「資源(もの)」がある。全く有難いことである。

  • 朝起きてから夜寝るまでにいったいどれだけの紙に触るだろうか。
    新聞、ティッシュ、キッチンペーパー、トイレットペーパー、雑誌にコミック、文芸書に文庫、おっと、レシートもあったな。
    何気なく何度も何種類も触っている紙が、ある日突然無くなったら…困る。いや、困るなんてもんじゃない、生活自体が成り立たない。
    けど、そんな状態になりかけていたのですね、この国は、あの3月11日に。
    壊滅的な状態からの復興。言葉にすれば簡単なことに思えるけれど、そこにはやはり当事者にしかわからない、というより、わかった気になってはいけない苦しみと悲しみがあるのだろう。
    この一冊は、そんな「わかることはできないけれど覚えておかなければならないこと」が詰まっていた。
    震災と復興の物語、というだけでなく、現場の力、職人の矜持、リーダーのゆるぎない意志力、など危機的状況からの再生に必要な企業の力を示してくれている。
    日常的に紙に触れている私たちだからこそ、この一冊をたくさんの人に手渡たさなければ、そう強く思った。

  • 発売前のを書くのはアンフェアかな?とも思いつつ、いただいたプルーフの感動を忘れないうちに。
    これ、すごいわ。オイラ基本的に泣かせる話は苦手なんで小説やったらたぶんドン引きしてる。けどなぁ、実話なのよな。しかも、日本を代表する製紙工場が復活するかどうか、ってのは、ひょっとすると日本の出版業界のあり方すら左右する可能性があって(紙がない→刷れない→紙の本が手に入らない→電子書籍でいいや)、ヘタしたら今のオイラの仕事もなくなってたかもしれない、大げさに言えば。そんな大恩人の復活にこんな熱い物語が…。
    発売前だし、オイラがどうこう書くより直接読んでほしいので詳細は書かないけど、全ての紙の本を愛する人に読んでほしい一冊(ってベタ過ぎるがな)。


    一つだけ中身に言及してしょうもないこと言うと、奇跡的に助かった巻取、「奇跡の紙で作った文庫」とか言ってプレミアつけて売って、その分でどっかに寄付でもすれば良かったのに、とか世知辛いこと考えたり。

  • 日本製紙、石巻工場の被災と復興のものがたり。

    かつて港湾の担当をしていたとき、被災後の東北に行って、遠くに日本製紙の工場がみえるのを教えてもらったのが印象的。
    港湾・物流の考えるにあたっても、地元で存在感の大きい企業、だったのである。

    で、その被災と復興の話なのだけど、なかなか工場機能そのものの被災や復興の話には入らず、むしろその前に語られる、発災時の一人ひとりの避難やサバイバルの話や大変生々しく、心をつかまれる。

    五十人を助けたけれど、その倍の人を見殺しにした、という話。
    わが子をさがそうと泣き叫ぶ人。
    がれきの下からの、あるいは水中からの脱出や救出。
    サバイバルをとげた人々の話はあまり耳や目にしたことがなく、その臨場感には心を奪われる。また、企業としての避難体制についても考えさせらえれた。日ごろからの訓練、当日の偶然・・・。
    こういうことを文字にしただけで十分な功績。

    さて、企業の復興の過程では、組織ならではの方針変更(どのマシンをまず動かすか)による現場の落胆もある。
    一方で、現場経験豊かな中央の者ゆえの「目標設定」や、社長の一言で、現場を高揚させることができるという組織論を思った。

    相馬や塩釜でみたような荒れ果てた様子を思い出させる記述もあった。一方で、製紙の仕事のの誇りとして、「本になる」「本が届く」ことのエピソードも重要。
    やや記述は冗長気味なところもあったが、まとまりある一冊。
    それに、復活式のシーンは、泣けてくるほど感動した...!

  • 震災の怖さ恐ろしさ、
    そして被災した人でないと分からないであろう悲しみ苦しみ。
    何度、目にしても言葉になりません。

    日本製紙の社長はじめ、石巻の工場長、
    その他の責任者さん達の決断力や判断力にも感動しました。

    あの震災の中、復興まで誰一人として
    死者や負傷者を出さなかったこと。

    ほんとすごいと思います。

    そして、
    出版物の用紙がどこで作られてるかなんて、
    考えたことがなかった。

    今まで何も気にせず読んでいた本。

    これを読んでからは、紙の手触りを気にするようになり、
    紙を愛しく思うようにもなりました。

  • 紙に携わる仕事の末端に、わたしはいる。

    だから、石巻工場のことも聞いていた。この本の存在も刊行当初から知っている。会社の上役たちがこの本を手にしているのも見ていた。
    けれど、震災を直接体験していないわたしのような者が読んでもいいのか。紙の品種もよくわかっていないようなわたしが。
    それは単なる好奇心じゃないのか。そんな思いがあり手に取ることができずにいた。
    刊行されて一年が過ぎた。ようやくここにきて「読もう」と思い立つ。

    読んでよかったと思う。
    仕事の関係でも、
    一、本好きとしても。

    「やっぱり、本はめくらなくちゃね。」

  •  真実の持つ重みを感じながら、倉田工場長の「言葉にしがたいこの感覚を、今後も被災していない人と共有することは決してないのだ」という思いを漠然と感じる。
     今、自分が感じているこの感動や驚きはきっと他人事なのだろう。しかし、たとえ他人事であろうとこのような記録を残し、それを読んでいくことは重要なことなのではないだろうか。当事者しか分からない領域があることを感じた上で読み進めることはきっと必要なことなのだと思う。この本を読むことが出来てよかったと思う。

  • 本の紙がどんな風に作られているか知りませんでした。日本製紙石巻工場が震災で負った深い傷と、そこからの復活の物語と共に、日々私たちが読んでいる本の紙がどのように工夫されて作られているか知らせてくれた素晴らしいノンフィクションでした。
    ただ震災当時とその後の生々しい描写もあるので、ショックを受けそうな方は読まない方がいいのかもしれません。
    テレビや新聞では触れられることがなかった現実も知ることができました。
    震災直後は正直怖くてそんな現実から目を背けていましたが読めて良かったです。

  • 私は紙が大好きで、小さい頃から常に本やノートやメモ帳に触れ、囲まれていることが幸せだった。
    去年の『多崎つくる』を発売日に手にした時も幸せな気持ちになったけれど、そんな紙がどこで誰によって作られているかなんて、知らなかった。

    東日本大震災で津波に飲み込まれ、壊滅的な被害にあった日本製紙石巻工場の復興の物語。
    「このマシンが止まる時は、この国の出版が倒れるとき」とまでいわれる仕事をしていた世界最大級の8号マシン。そしてそのマシンを支える技術者や従業員たち。彼らの気の遠くなるような努力で石巻工場は復活しました。
    そして私たちはまた新しい本を手にし、感動する事ができているんだなぁと、何度も紙を触りながら読みました。。
    プロローグからうるうるでした。

  • この本は読まなきゃダメだと思った。

    当時を思い出すと、涙が止まらなくなるけど、みんなそれぞれ違う状況で必死に乗り越えてきたからこそ今がある。

    復興なんて出来るのかと思ったけど、3年経って、少しずつだけど前に進んでいるのを感じる。

  • この本は出版に関わる者として読んでおかねばならないと思っていた。
    当時漫画関係の仕事に関わっていた。
    震災後、日本製紙の工場が被災したので出版が難しくなったという話を上の方から聞いた。ついでに言えば、印刷用のインクも不足していた。
    今、当たり前のように紙の本を手に取れることにどれだけ多くの人たちの尽力があったかを知り、この文化を大切にしなければと感じる。
    私たちに紙を再び届けてくれてありがとうございます。

  •  日本の技術はすごい!って言われるけど、ピンと来ない人も多いと思う。この本は、改めて日本ってすごいんだ!って気づかせてくれる。
     また仕事にたいする”誇り”についても考えさせられる。
    こいつがいないと、世界・業界・経済・会社にダメージが半端ない!って機器や人に会って来たけど、総じて、機器やその人を誇りに思う人達がいた。
     その人々の仕事に対する誇りが復興の一助になったんだなぁと感じた。
     数十年後、震災を知らない世代がこの本を読んでどう思うのだろうか?あの時社会が感じた絶望感を想像できずにこの本を手に取る世代感想を聞きたい。

  • この本も、あの本も、書いた人の思いが、工場で造られた紙に載って、私たちの手元に届く!
    当たり前のことなんだけど、何だか紙が愛しくてなって、スリスリと撫でさすらずにはいられませんでした。

    分厚い単行本で腱鞘炎や肩こりになっても、私は紙の本が好きです。なぜか紙を指で触りながら読まないと、内容がなかなか頭に入らなくて…。
    紙をめくる時の指先の感触と、パラッという微かな音、それに本独特のにおいが合わさって、「読書」という行為になっているのかもしれません。
    この作品を読んで、紙の本に対する愛着がより一層深まりました。

    人の心も壊してしまった自然の猛威、危機的状況でのリーダーの決断、こだわりのものづくりにかける技術者の誇り。
    東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた製紙工場に様々な角度からスポットがあてられ、とても奥行きのあるノンフィクションに仕上がっています。
    シンプルで真っ直ぐな筆づかいが印象的でした。

  • 震災で受けた傷は経験した人にしかわからないだろうと思う。ショックは大きいけれど現実感は湧いてこない。
    それにしても想像以上の惨劇があったことを知り、当時の状況を語る場面では涙無しには読めない内容だった。
    そしてこの本を読んで、今自分の周りにいる人達との信頼関係を築く努力を惜しまないでいようと思った。いざというとき腐らず前を向く気持ちを奮い立たせてくれるのはそういった人たちの存在なんだなと感じている。

  • 日本製紙石巻工場の被災から復興までのドキュメンタリー。本が好きですと言いながら、本となる紙がどこで作られているのか、どんな風に作られているのか全く知らなかった。自らも被災者でありながら、驚異的な復興を果たした、従業員や関連会社の皆さんには頭が下がります。特に稼働までの期限を半年と決めた倉田工場長の決断力、リーダーシップには尊敬の念を覚えました。美談ばかりではなく、暗い部分にもきちんと向き合わせてくれる本です。巻末にこの本の紙構成が記載されてるのが、良かった。これがあの!と、より胸が熱くなります。売上の3%を石巻の小学校の図書購入費として寄付されるそうですので、多くの人に買って読んでもらいたいなぁ。

  • (2014/06/21購入)(2014/06/21読了)

    東北大震災で操業不能に陥った、日本製紙石巻工場の復興への軌跡を描いた作品である。本を愛する1人の人間として、関係者の皆さんに心からの感謝を捧げたい。本文中に名前が登場した方々はもちろんだが、やはり名前のあがっていない何千人という社員、関連会社の方々の努力なくしては復興は成し遂げられなかったと思う。本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

    ━━ 日本製紙は、なぜこんなにも必死になって石巻を立て直そうとするのか。それは結局のところ、出版社を経て、我々の手元にやってくる本のためなのである。(137頁)

    ━━ 俺たちには、出版を支えているっていう誇りがあります。俺たちはどんな要求にもこたえられる。出版社にどんなものを注文されても、作ってみせる自信があります。(150頁)

    ━━「みんな聞いてくれ。毎日瓦礫処理は大変だろうと思う。疲れてもくるだろう。でも、これだけは約束してほしい。決して課員の悪口を言うな」(160頁)

    ━━「いつも部下たちには、こう言って聞かせるんですよ。『お前ら、書店さんにワンコインを握りしめてコロコロコミックを買いに来るお子さんのことを思い浮かべて作れ』と。小さくて柔らかい手でページをめくっても、手が切れたりしないでしょう?あれはすごい技術なんですよ。一枚の紙を厚くすると、こしが強くなって指を切っちゃう。そこで、パルプの繊維結合を弱めながら、それでもふわっと厚手の紙になるように開発してあるんです」(258頁)

  • 実際に現場にいた方々には本当にかける言葉も見つからないし、人々の熱い想いに触れるとどうしたってこみ上げる気持ちがある。
    ただ、一方でなんとかしてあの災厄から美談をすくい取りたいという感情が自分の中で蠢いている感覚も確実にある。「美談にしないでください」という被災者の言葉はそういう事を指しているんだろうなと思う。
    この本では被災地にいた被災者を含む悪い人間のことや高ストレス下での小さな軋轢も触れられていて、やはりどこかで東日本大震災を冷静に厳しい目で見たレポートを読みたいとも思った。

全290件中 1 - 25件を表示

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているに関連するまとめ

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているを本棚に「読みたい」で登録しているひと

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているを本棚に「積読」で登録しているひと

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているの作品紹介

東日本大震災で被災した日本製紙・石巻工場。機能は全停止し、従業員でさえ復旧は無理だと考えた。しかし社長は半年での復旧を宣言。その日から彼らの戦いは始まった。紙の本を愛する全ての人へ

ツイートする