藤崎竜のおすすめランキング

藤崎竜のおすすめランキングのアイテム一覧

藤崎竜のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『封神演義 (第1部) (ジャンプ・コミックス)』や『屍鬼 1 (ジャンプコミックス)』や『封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)』など藤崎竜の全365作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

封神演義 (第1部) (ジャンプ・コミックス)

2966
3.81
藤崎竜 マンガ 1996年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリー:9 画力:8 魅力:10 デザイン:10 構成:10 表現力:9 独創性:9 熱中度:9 センス:10 感動:8 総合:92 藤崎竜先生... もっと読む

屍鬼 1 (ジャンプコミックス)

2280
3.69
藤崎竜 マンガ 2008年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とある村を襲う伝染病が人しれず広まっていく。まだ1巻なこともあってEpisode 0というかこれから起こるであろうことの前日談的。ただもう不気味さは絵柄と... もっと読む

封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)

1805
3.91
藤崎竜 マンガ 2005年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全18巻 封神演義完全版です。 奇数巻は書き下ろしポスター 偶数巻は扉絵 カラーだったところはカラーで載っています。 通常コミックス... もっと読む

封神演義 (第23部) (ジャンプ・コミックス)

1503
3.74
藤崎竜 マンガ 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が小学校~高校時代に連載していた漫画 自分が歴史が好きであったこと、作者の絵が綺麗だった ただその二つで読み始めた漫画 次第に中身の濃さを知... もっと読む

屍鬼 2 (ジャンプコミックス)

1177
3.58
藤崎竜 マンガ 2008年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年12月27日 <SHI KI> もっと読む

封神演義 (第2部) (ジャンプ・コミックス)

1109
3.54
藤崎竜 マンガ 1997年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妲己の敵としての強大さを改めて自覚し、仲間集めを始める第2巻。常に戦いを大きくしないように立ち回りながら、太公望の人柄でもって仲間を手に入れていくのだが、... もっと読む

封神演義 (第3部) (ジャンプ・コミックス)

1088
3.53
藤崎竜 マンガ 1997年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新たな仲間を見つけたり、窮地に陥る紂王の二人の太子を救うために戦ったりと少し散発的な展開が続く巻。 太公望の人柄の良さが出てくる一方、そこに覚悟をつきつ... もっと読む

屍鬼 3 (ジャンプコミックス)

1077
3.65
藤崎竜 マンガ 2008年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年12月28日 <SHI KI> もっと読む

封神演義 (第15部) (ジャンプ・コミックス)

1076
3.59
藤崎竜 マンガ 1999年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

十絶陣の戦い・下巻。十天君との戦いも最終盤に。 個人的に思い出深いのが普賢真人と袁天君の戦闘。太極封印の化学的な能力描写がこれまでの宝貝とは異なる魅力を... もっと読む

封神演義 (第4部) (ジャンプ・コミックス)

1069
3.54
藤崎竜 マンガ 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武成王造反へ。太公望にとっては心強い味方だが、その造反までの流れは恐ろしいもので。妲己を倒す目的のため、太公望自身も殷を人の手で倒す流れに乗り始めるが、西... もっと読む

封神演義 (第8部) (ジャンプ・コミックス)

1067
3.59
藤崎竜 マンガ 1998年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

魔家四将戦を経て、周として殷と戦う決意を固める第8巻。魔家四将の非道なふるまいによって、人間たちが戦う決心をする流れがまた綺麗にハマる。 存外少なかった... もっと読む

封神演義 (第5部) (ジャンプ・コミックス)

1064
3.53
藤崎竜 マンガ 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

造反した武成王を追う、九竜島の四聖との戦いが描かれる第5巻。四聖戦もその前の風林と珪芳戦もそうだが、真剣な戦闘の中でも飄々と敵をあしらう太公望が見られ、コ... もっと読む

封神演義 (第18部) (ジャンプ・コミックス)

1061
3.59
藤崎竜 マンガ 2000年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻のタイトル「太上老君をめぐる冒険」が表す通りの巻。いったん戦列を離れて太公望が太上老君と問答などするわけだが、初読時はこんな独特な話が挿話的に挟まれて良... もっと読む

封神演義 (第6部) (ジャンプ・コミックス)

1059
3.53
藤崎竜 マンガ 1997年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四聖編決着から西岐の体制を整える展開へ。巻のタイトルにもある「殷の太師」とある通り、聞仲というキャラクターの本質がここに来て一気に描かれる印象。四聖から慕... もっと読む

封神演義 (第7部) (ジャンプ・コミックス)

1050
3.54
藤崎竜 マンガ 1997年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殷と戦う意思を示した西岐に対する各方面の反応を描く第7巻。北伯とのやり取りは非常に印象に残る一幕。太公望の策がありつつも、最終的な解決はそこではないところ... もっと読む

封神演義 (第13部) (ジャンプ・コミックス)

1031
3.57
藤崎竜 マンガ 1999年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仙界大戦編開始。趙公明の封神に反応して動き出す王天君と聞仲。それに対応する太公望と崑崙十二仙という構造がはっきりと出てくる。 いきなり始まるスケールの大... もっと読む

封神演義 (第10部) (ジャンプ・コミックス)

1024
3.56
藤崎竜 マンガ 1998年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殷郊の決断から始まる戦闘と、趙公明編の開始が描かれる第10巻。 かつての申公豹の忠告通り訪れてしまった戦いが、あまり長くない展開なのに非常に切なく描かれ... もっと読む

封神演義 (第17部) (ジャンプ・コミックス)

1023
3.59
藤崎竜 マンガ 1999年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仙界大戦終結とその後。過激な戦闘が続く形である元始天尊戦も魅力的だったが、その後聞仲を攻略する上で変化球が挟まるのがとても良い。これまでじっくり描写されて... もっと読む

封神演義 (第16部) (ジャンプ・コミックス)

1022
3.58
藤崎竜 マンガ 1999年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者自身、描きたかったから描いたが売り上げに響くかもしれないと思ってしまうほどインパクトのある表紙に彩られる第16巻。巻のタイトルに「死闘」とつけるほどの... もっと読む

封神演義 (第14部) (ジャンプ・コミックス)

1021
3.58
藤崎竜 マンガ 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

王天君、萌えたな。ほんと萌えた。 もっと読む
全365アイテム中 1 - 20件を表示

藤崎竜に関連する談話室の質問

ツイートする