F.W.クロフツのおすすめランキング

プロフィール

フリーマン・ウィルス・クロフツ(Freeman Wills Crofts)
1879年6月1日 - 1957年4月11日
アイルランド生まれ、イギリスの推理作家。アルスター地方で育ち鉄道技師となったが、40歳で病を患い入院。療養しながら記した『樽』を出版社に送ったところ採用、1920年刊行。名声を博し、推理作家デビューとなる。50歳まで本業の技師を続けながら兼業作家を続けていたが、体調悪化で退職して作家専業に。その後、英国芸術学士院の会員にまで上り詰める。
本格推理作家として、S・S・ヴァン・ダイン、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーン、ディクスン・カーと並んで極めて高い評価を受けている一人。代表作に前述の『樽』『ポンスン事件』、フレンチ警部シリーズ『フレンチ警部最大の事件』『スターヴェルの悲劇』『マギル卿最後の旅』『クロイドン発12時30分』 など。

F.W.クロフツのおすすめランキングのアイテム一覧

F.W.クロフツのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『樽 (創元推理文庫 106-1)』や『クロイドン発12時30分 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『樽 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』などF.W.クロフツの全75作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

樽 (創元推理文庫 106-1)

219
3.55

感想・レビュー

この本、書いておきたいことが、たくさんある! なんとも地味な題名、暗い表紙、知らない作家… 母上から借りている(そして返さない)いつもの本、 『... もっと読む

クロイドン発12時30分 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

108
3.59
F.W.クロフツ 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

The 12.00 from Croydon(1934年、英)。 フレンチ警部のシリーズだが、それよりも倒叙ミステリの名作として名高い(倒叙三大名作のひ... もっと読む

樽 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

97
3.59

感想・レビュー

The Cask(1920年、英)。 クロフツの処女作で、代表作のひとつ。リアリティ及びフェアプレイを重要視し、アリバイ崩しという型を定着させた作家。 ... もっと読む

ポンスン事件 (創元推理文庫 106-2)

55
3.35
F.W.クロフツ 1989年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安心して読めるクロフツらしい作品。古風な翻訳も面白い。 1921年 もっと読む

二つの密室 (創元推理文庫)

54
3.78

感想・レビュー

ある時、都筑先生の本で読んだ。 『本格ミステリ』の本格とは? いわゆる『本格』であればあるほど現実的では無くなる。 舞台を密室にすればするほど、「殺... もっと読む

クロフツ短編集 1 (創元推理文庫)

53
2.86
F・W・クロフツ 1965年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全部同じ話に思えた もっと読む

クロフツ短編集 2 (創元推理文庫)

42
3.82

感想・レビュー

第一話「ペンバートン氏の頼まれごと」のひねり具合が個人的に一番よかったですね。第二話の「グルーズの絵」も結末は何となく見えてしまいますが、登場人物たちのす... もっと読む

チョールフォント荘の恐怖 (創元推理文庫)

41
3.50

感想・レビュー

チョールフォント荘の「恐怖」かあ~ 私くらいになるとコロシ一件くらいで びくついたりしないよ。(本の中では) ある晩、チョールフォント荘で開かれ... もっと読む

スターヴェルの悲劇 (創元推理文庫)

40
3.61

感想・レビュー

ヨークシャーの荒野に立つ陰気なスターヴェル屋敷が一夜にして焼け落ち、当主と召使夫婦の三人が焼死した。だが、この火災に疑問をいだき、犯罪のにおいを嗅ぎとった... もっと読む

フレンチ警部とチェインの謎 (創元推理文庫 106-5)

35
3.55
F.W.クロフツ 1971年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相手の正体と目的がわからず襲われる、チェイン氏の冒険はスリリング。が、フレンチ警部が出てからの方が、ぐっと面白くなる。彼の魅力は大きい。登場が遅かったのは... もっと読む

マギル卿最後の旅 (創元推理文庫)

33
3.58
F.W.クロフツ 2002年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロンドンを旅立った富豪が、行方知れずに。北アイルランド警察の要請で、フレンチ警部も捜査に参加する。 関係者の発言をうのみにせず、裏をとるのが警察であり、... もっと読む

フレンチ警部と紫色の鎌 (創元推理文庫 106-7)

33
3.64

感想・レビュー

「フレンチ警部と紫色の鎌」! フフフ、良い題名! 『フレンチ警部の執念の捜査が暴く、切符売り子連続怪死事件』 と裏表紙にある!うん、そうだね! ... もっと読む

フローテ公園の殺人 (創元推理文庫)

29
3.80

感想・レビュー

第1部の南アフリカから始まって、第2部のスコットランドを舞台に、列車や自動車に乗りながらあちこちに捜査の旅に赴くという設定は、事件を追う警部とともに旅行&... もっと読む

殺人者はへまをする (創元推理文庫)

28
3.60
F.W.クロフツ 1960年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集でもクロフツの面白さは変わりません。 むしろ倒叙が第一部のほうでたくさんみられるので アリバイ崩しを味わい人には間違いなくお勧め。 第2部... もっと読む

フレンチ警部の多忙な休暇 (創元推理文庫 106-22)

28
3.80

感想・レビュー

フレンチ警部シリーズ 旅行会社から船舶運営の旅行業へ転身したモリソン。共同で仕事をする弁護士ブリストウ。出資者のストット老。賭博船としての旅行を開始... もっと読む

樽 (1965年) (創元推理文庫)

27
4.50
F.W.クロフツ 1965年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すんません。クロフツ舐めてました。 もっと読む

フレンチ警部と漂う死体 (論創海外ミステリ)

26
3.69

感想・レビュー

Found Floating クロフツにしてはいまいちな印象。 クルーズ船内の事件ということであればクリスティの「ナイルに死す」の方が面白かった。 事... もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×