暗闇を見よ: 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

制作 : 日本推理作家協会 
  • 光文社
2.77
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768980

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長い間、探偵小説=ミステリーの書き手は、そのまま怪奇小説・幻想小説の書き手でもあった。
    「恐怖と理性」現代日本ミステリーの多様性、その振り幅の広さを証明する逸品を集めたアンソロジー。

    ミステリー界で有名どころの作者が名を連ねているだけあって、、何点か既読もあり。
    ミステリーを柱にホラーの割合をどの程度入れるか、それによって怖さの質や小説としてのジャンル感も全く変わってしまう。それぞれ作者の個性があり、楽しめた。
    殺人として一番怖いと感じたのが米澤穂信著の「身内に不幸がありまして」かと。保身や怨恨、動機は色々あり、例えそれがどれだけ自己中心的な理由であっても相手に向かっている。それに対し、こちらでは都合の良い物のよう、それもたまたま目に入ったから使ったような殺人動機がとての怖く感じた。

  • いまいち。

  • 推理作家協会のベスト

     ほとんどハズレがない短編集。オープニングの赤川次郎「隣の四畳半」が良かった。定年後のお中元かぁ、なるほどなぁ。

     「おねぇちゃん」もピコー並みの話かと思ったら、どんでん返しがあった、オチがわからないのが悔しい。

     そのあとは、なんかイマイチが続くんだが、既読も含めて、久しぶりのミステリーは楽しかった!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一般社団法人日本推理作家協会。推理文芸の普及・発展を目的とし、日本推理作家協会賞、江戸川乱歩賞の授賞、「推理小説年鑑」などの編纂、機関誌の発行などを主な事業とする。

「2017年 『推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする