辻村深月のおすすめランキング

プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

辻村深月のおすすめランキングのアイテム一覧

辻村深月のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かがみの孤城』や『凍りのくじら (講談社文庫)』や『ツナグ (新潮文庫)』など辻村深月の全409作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

かがみの孤城

18049
4.39
辻村深月 2017年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間の生態ってすごくてさ。 この作品に出会って、読んで、心からぶわっと、何かがあふれ出す、その瞬間を楽しみにしていた。 やっと読めた。 特に中盤以降... もっと読む

凍りのくじら (講談社文庫)

16809
4.03
辻村深月 2008年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ、自分はこの世に生まれてきたのだろうか。 高校生の芦沢理帆子は尊敬する漫画家、藤子・F・不二雄先生の創作姿勢 SF。Sukoshi Fushigi... もっと読む

ツナグ (新潮文庫)

16246
3.94
辻村深月 2012年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し前に父が亡くなりました。 仕事中に急に具合が悪くなり帰宅したという父。週末、ずっと家で安静にしていたのが、夜中に容態が急変し救急車で病院へ。私が駆けつ... もっと読む

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

13168
3.96
辻村深月 2010年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裏表紙の「人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たち... もっと読む

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

12440
4.05
辻村深月 2009年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エピローグの衝撃。 彼は本当に恐ろしい相手に立ち向かっていたのだと気付く。 自身の「力」ひとつで。 「ぼく」のメジャースプーンで。 たとえば、... もっと読む

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

11941
3.81
辻村深月 2007年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんと、作者の名前が登場人物となっている。と、そこに「何か意味があるのだろうか?」、「過去、友達で悩んだのだろうか?」、「自分の名前を使ってそのギャップは... もっと読む

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

11650
4.34
辻村深月 2010年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻の展開でスッキリ! コーキが初めて、環と公式にあった時「お久しぶりです」って、変だなぁと、でも、絶対に意味があるはずと思いながら読み進めたので、その... もっと読む

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

10583
3.86
辻村深月 2007年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

菅原の名前がないことので、「読み飛ばした?」と、おもって何度も上巻では彼の名前を探したのだが、見つからなかった。このことにものすごく違和感があり、菅原と榊... もっと読む

子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)

7812
3.92
辻村深月 2008年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

辻村さんの小説の中で今のところ一番の求心力だ。 二年前に唐突に現れた謎の天才学生『i』。 海外留学の副賞の付いた八大学で競った論文で、横から結果をかっさ... もっと読む

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

6975
3.55
辻村深月 2012年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」という意味が、ラストでやっとわかった時に、この物語の全てがそこには詰まっていて、なるほどこのタイトルのつけ方は秀逸だな... もっと読む

子どもたちは夜と遊ぶ (下) (講談社文庫)

6886
4.07
辻村深月 2008年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やられた。 辻村作品を読むときは絶対に騙されないように、特に『名前』に気を付けて読むのに、やられた。 呼び名や名前から受ける固定観念的印象、いつもの手なの... もっと読む

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

6687
3.98
辻村深月 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻からなる辻村さんの作品では、作品世界のゆったりとした夜明けが見れるのが上巻の魅力です。この作品でもプロローグから本編へと一気に作品世界に引き込まれて... もっと読む

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)

6042
4.27
辻村深月 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『今すぐここで、「ぼくのメジャースプーン」を読め そうしなければ、お前はもう二度と辻村深月さんの作品を楽しめなくなる』 辻村さんの作品群は読む順番がとて... もっと読む

鍵のない夢を見る

5452
3.23
辻村深月 2012年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第147回 直木賞受賞作。5つの短編小説からなるオムニバスドラマで、主人公の女性たちの日常に起こる出来事。 恋愛、結婚、出産をめぐる普通の幸せやささやか... もっと読む

太陽の坐る場所 (文春文庫)

5022
3.33
辻村深月 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校卒業後、毎年、クラス会を開く彼ら。 クラスメイトの一人である「キョウコ」は人気女優に。 クラス会に欠席し続けている「キョウコ」をクラス会に呼ぼうと... もっと読む

ロードムービー (講談社文庫)

4872
3.83
辻村深月 2011年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「冷たい校舎の時は止まる」ではなく、こちらを先に読んでしまったがストーリーとして完結してるので、これはこれで読みやすいが、冷たい校舎〜の方もぜひ読みたいと... もっと読む

朝が来る (文春文庫)

4769
3.99
辻村深月 2018年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思っていた内容と違った、というのがまず読み終えてすぐの印象。 いや、正確に言うと、読み終えて少ししてからの印象。読み終えた直後は、なんだかうまくまとまらな... もっと読む

傲慢と善良

4463
3.83
辻村深月 2019年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーカーが自分の家にいる…! 恐怖で震えながらタクシーに乗り込み、助けを求めて電話をかける緊迫の場面で物語は幕開ける。 このストーカー被害をきっかけに、... もっと読む

本日は大安なり    

4441
3.98
辻村深月 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピアノを弾いて♪ と頼まれる中で、とりわけうれしいのは やっぱり、親戚や大切な友達の結婚式での演奏なのです。 特に忘れられないのが、アニメ大好きな後輩に... もっと読む

島はぼくらと

4120
4.02
辻村深月 2013年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ああ、この人はお母さんなんだなぁ」 辻村深月さんが、新刊『島はぼくらと』のプロモーションのために出演した情報番組でのインタビューをテレビで観ていた... もっと読む
全409アイテム中 1 - 20件を表示

辻村深月の関連サイト

辻村深月に関連する談話室の質問

ツイートする
×