絶対にミスをしない人の脳の習慣

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.75
  • (18)
  • (30)
  • (20)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 505
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797393736

作品紹介・あらすじ

「物忘れ」「勘違い」「うっかり」…
すべてのミスは、脳の習慣ですべて解決する!

精神科医の樺沢紫苑先生を著者にお迎えし、脳のパフォーマンスを上げたり、記憶をつかさどる「ワーキングメモリ」を増やすトレーニングを行ったりすることで、エビデンス的根拠の元、仕事の「ミス・ムダ」を防ぐ超実践的な方法!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精神科医であり作家でもある著者が脳科学の見地からミスを減らすメカニズムについて書いた一冊。

    ミスの原因を集中力の低下、ワーキングメモリの低下、脳疲労、脳の老化という4つにカテゴライズして「入力」「出力」「思考」「整理」の4つのプロセスから対処法が書かれており非常に有意義な知識を身に付けることができました。

    未病と病気の違いやスマホ認知症やウルトラディアンリズムなど医学に携わっている著者ならではの切り口の解説は説得力の高いもので理解も深まりたいへん勉強になりました。
    また、ノルアドレナリンやコルチゾールといった分泌される成分なども解説されていて知識も付けることができました。
    世間で言われているワーキングメモリーのマジカルナンバー7実はキャパシティが3前後であることやお酒でのストレス発散など誤解している項目もあることも本書で知ることができました。

    そんな本書の中でもデュアルタスク・トレーニングで英会話が有効なことやメモをとる際の注意点は非常に印象に残りました。

    日常生活で使えるものが多くあり、寝る前に行っていることやストレス解消法など普段行っていることに間違いがあることも本書で知ることができました。
    本書を読んで自己洞察力を高めることや確認を行う仕組みを作ることなどを行い脳の習慣を意識して質の高い仕事を行なっていきたいと感じた一冊でした。

  • 精神科医でありながら作家の肩書もある著者、難しい内容を平易な言葉でわかりやすく書き著すところはさすがの一冊というべき内容です。
    タイトルにある「ミス」への対策というよりは、脳を中心とした人体メカニズムの特性を鑑み、どうやれば効率よく”作業”をおこなうことができるか、いかにパフォーマンスを発揮できるかという点についての知見を得ることができます。
    特にルーティンについて書かれているところ、
    ・「ルーティン」と「心配事を考える」の2つを同時おこなうことはできない
    ・「ルーティン」は複雑なもの=3つ以上の動作が組み合わさったものが有効
    との解説はなるほどと思わされました。これであれば余計な心配ごとや失敗したら
    どうしようという雑念に脳のリソースを割くどころではないので平常心を保つことに一役かってくれそうです。
    またイヤな出来事は人に話す、それも何回も離すことで記憶の強化につながってしまうという事実は新しい発見です。通説としては人いに話してストレス発散といった考えがまかり通っていたことを考えるとこれをやっていた人はまったく発散できていなかったことになりますね。「ボーっとしている時間も大事」との主張もあり、スマホばかり見ていて「ボーっと」する暇のない現代人にオススメの一冊です。

  • ミスを起こす4大原因と、その対策などを学べました。
    TODOリストの作成
    日記を書く(プラスの感情のことを書くのを忘れず)
    3を意識して記憶する
    ながら仕事はしない
    睡眠、運動、新しい勉強の大切さ
    色々勉強になりました!

  • ミスの4大原則

    ・集中力の低下
    ・記憶を一時的に保存する、ワーキングメモリの低下
    ・脳疲労
    ・加齢による脳の老化


    ワーキングメモリを鍛える科学的方法

    1 7時間以上の睡眠
    2 やや早足のウォーキングなどの有酸素運動
    3 自然の中での運動
    4 読書
    5 暗記するなど、意識的に記憶力を使う
    6 暗算
    7 ボードゲームで認知トレーニング
    8 料理で「段取り力」をつける
    9 マインドフルネスで「今・この瞬間」に集中する


    音楽は、「学習」「記憶」「読解」などにはマイナスに、「作業」「運動」にはプラスに働く。


    スマホの使い過ぎは「脳疲労」の大きな原因になる。
    「スマホ認知症」が激増。


    資格試験で脳が劇的に冴える

    ビジネスパーソンが、脳をフル回転させる習慣を身につけたり、ワーキングメモリや記憶力、集中力を鍛えたりしたいなら、強くお勧めしたいのが「資格をとる」こと。


    「失敗をしてしまうのはどんなときですか?」

    時間帯:午後14時~16時 40% 圧倒的多数

    曜日:月曜日 25% 金曜日 19% 火曜日 5%

    (はたらこねっと510名アンケート調査)



    認知的不協和とは、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態になると、不快感を抱き(認知的不協和)、その認知的不協和を解消するために、自身の態度や行動を変更しようとする、という理論。


    心理学では、自分自身の心の動きや状態を省みることを「内省」という。

    自分自身を省みる能力が高い人のことを「内省傾向が高い」と言ったりする。

    メンタル疾患になる方の多くは「内省傾向の低い人」


    自己洞察力を高めるには、具体的に何をすればよいのか?
    → 日記を書くこと! これが最も効果的。

    今日あった出来事の中から「辛かったこと」と「楽しかった」ことを3つずつ書くだけ。

    楽しかったことは、多ければ多いほどいいので、5個、10個とできるだけたくさん書くようにする。


    「ハインリッヒの法則」

    「1対29対300」

    ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒは、ある工場で発生した5000件以上の労働災害を統計学的に調査し、「1対29対300」という興味深いデータを導きました。

    「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ」もしくは「ハット」した傷害のない災害が起きていた。

    「大きな事故」「小さな事故」「ヒヤリ・ハット事例」は、1対29体300の割合で生じる。


    創造性の4B という言葉がある

    4B とは「バー(Bar)、バスルーム(Bathrooms)、バス(Busses)、ベッド(Beds)のこと。

    これらの4Bは、多くの人がアイデアをひらめきやすい場所として知られる。


    最近の脳科学研究で「ぼーっとする」ことの重要性が示されている。

    特に何の作業もしていないとき、脳内では「デフォルトモード・ネットワーク」が稼働している。


    失敗は忘れ、成功をかみしめる。これが「失敗と成功の整理術」のポイント


    究極のストレス発散法は、「運動」と「睡眠」

  • ーインプットの際は、3つの目的を定め、その3つをモノにする。セミナー、読書などで使える。
    ー工程や持ち物数が5を超えたらチェックリストを作る。
    ー遊びのTODOを毎日設定し、仕事の時間にハリを持たせる。

    樺沢さんの本は3冊目だが、毎回学びがある。
    取り入れやすい習慣が提示されることが多く、つい真似したくなってしまう。

  • わかりやすく実行しやすい本。

    自分に足りないことが確認できるし、その改善方法も具体的で、根拠もあるので納得できる。
    私自身はもともとワーキングメモリがないほうだと思うが、メモリを増設するための方法を簡潔に示してくれているので、取り組みやすい。
    運動と睡眠は重要で、さらに知的な活動を、どれほどしているかによっても変わってくる。

    とりあえずは、マルチタスクをしている状況を改善して、無理なく仕事をしていくのが1番。
    この本を片手にミスのない人間になれるよう励みたい。

  • 借りて読んだ。サブタイトルに偽りあり。
    内容自体はそこそこ面白い。

  • 考えてみれば当たり前のこと(よく語られていること)が書かれているけれど、それが簡潔にまとめられている。それらをちゃんと実践すればそれなりの効果があらわれるだろう。
    まずはやることだ。

  • 【心はどこ?】
    人間の『心』はどの臓器にあると思いますか?
    そう聞かれたときに、おそらく『脳』と答える人も多いのではないでしょうか。

    では、嬉しい、悲しい、不安など、感情が動いたときに脳ではどんなことが起きているのか。
    本著はその点にフォーカスして、ミスをしないための対処法を提案している一冊。


    精神科医で作家の樺沢紫苑氏。

    おそらく、専門知識をいい塩梅に希釈する技に長けていると感じました。
    本当ならもっと複雑な言葉が並びそうなのに、それを最低限の専門用語で説明していてわかりやすい。

    本著で提案されている対処法・仕事術。

    全部一気・完全完璧『ぜんぶ・べきべき』思考になりやすい自分には、『30点目標仕事術』と『プチプチ仕事術』が使えそうでした。

    とりあえず30点で完成させて、ブラッシュアップに時間をまわす『30点目標仕事術』。
    ブラッシュアップの有効性は昨年とても実感したので、腑落ちする内容。

    欲張らずに、各個撃破していく『プチプチ仕事術』。
    『着実に一歩ずつ』を信じることが大事だと思いました。

    感情がわけわからなくなると、言い知れぬ不安が襲ってくる。
    そんなとき、自分の脳内で『今こんなことが起こっているんだろうなぁ』と、なんとなくでも理解できれば安心する気がします。

    ドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリンなどの神経伝達物質。
    感情が動いたときは、神経伝達物質の『過剰・適正・枯渇』を意識してみようと思います。
    ただ、やりすぎるとプラスの感情が純粋に受け入れられなくなりそうなので、個人的には注意が必要かと。

  • 記憶は3つにしておく。
    体調は4段階で考える。
    ミスが「入力・出力・思考・整理」の4つに分け、自分がどれに当てはまるか考え、対策を練る。具体的な方法が記載されている。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

絶対にミスをしない人の脳の習慣のその他の作品

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
メンタリストDa...
スティーヴン・ガ...
宮下 奈都
三浦 しをん
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対にミスをしない人の脳の習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする