みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)

  • ジャイブ
3.41
  • (5)
  • (19)
  • (30)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 186
感想 : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861766824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このシリーズはいつも選が良く楽しめる。明け方に読むといっても、すっきり爽やかな話ではなく、今までのより、けだるさがない位のやっぱり心に残る話が多い。どれも面白かったが、「道ばたさん」「予言」「雪郎花」「血と水」などが個人的に良かった。性的な表現あり、この巻も小学校図書館には置きづらい。

  • 0105.皆川博子『雪女郎』①2017/2/10
    0106.皆川博子『雪女郎』②2017/2/10読了

    「みじかい眠りにつく前に 3」より

    収録作品
    ①サトウキビの森
     池上永一
    ②美少女コンテスト
     小川洋子
    ③炎
     川西蘭
    ④A
     桜庭一樹
    ⑤道ばたさん
     東直子
    ⑥予言
     三浦しをん
    ⑦雪女郎
     皆川博子
    ⑧血と水
     よしもとばなな
    ⑨火事とポチ
     有島武郎
    ⑩猫町
     萩原朔太郎

  • 【感想】
    ・前に読んだ一巻目よりくるしい作品が多かった。イヤという感じでないのだけど。
    ・萩原朔太郎は「猫町」。何度読んだやろう? 初版本の復刻版を持ってるくらい好きではある。

    【内容】
    ラインナップは池上永一、小川洋子、川西蘭、桜庭一樹、東直子、三浦しをん、皆川博子、よしもとばなな、有島武郎、萩原朔太郎。対談は江國香織。

  • 2020.8.29

    いろんな話があって、面白かった。
    最後2つ、萩原朔太郎の猫町と皆川博子の雪女郎は少し難しい表現というか、慣れない言葉遣い口調な気がしたけど、全体的に良かった。

  • このシリーズは毎回とても面白く読めている。年代などが全部バラバラでどこか心に残る不思議な話でこんな話もあるんだなと毎回思えます。

  • 【内容】
    翻訳・書評活動で日本に「ヤングアダルト=YA」を根づかせた第一人者・金原瑞人が選んだ傑作8編に、作家・江國香織が日本文学から選んだおすすめの名作2編をくわえた、YAアンソロジーの決定版。本書で文庫初収録となる作品を含む、“心に響く”珠玉の短編セレクション・シリーズ第三弾。巻末には、「選者」二人が収録作品それぞれの読みどころを解説した特別対談を収録。

    【感想】

  • 02YA
    明け方が一番暗い、というのにふさわしい内容かも。
    でも大丈夫。すぐに明けてしまいます。
    金原瑞人さんセレクションのYA短編集。みじかい眠り、というのはお昼寝かもしれないし、死かもしれないし、ひとそれぞれ。想像の世界へ飛び立つ瞬間だってみじかい眠りかもしれない。
    子守唄のようなやさしい本ではないかもね。

  • 作者の持ち味が「濃ゆい」短編集☆

  • 2013 11/3

全31件中 1 - 10件を表示

有島武郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
伊坂幸太郎
夏川 草介
米澤 穂信
桜庭 一樹
三浦しをん
有川 浩
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×