文藝春秋2018年2月号[雑誌] [Kindle]

  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (715ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小泉進次郎さんと塩野七生さんという面白い組み合わせでの特別対談。アレクサンダー大王など歴史上の人物の人生と重ね合わせての塩野さんのアドバイスが面白く、小泉さんの受け方の誠実さにも好印象を持てました。「皇后が私に明かした「象徴の在り方」。今上天皇の考え方を身近なイメージで知ることができ興味深く読ませていただきました。「長寿のカギ「テロメア」を伸ばす方法」始め、健康で長生きするための特集「健康長寿を実践する」はすぐできそうなことが書かれていて勉強になりました。「平成29大事件の目撃者」は、大事件ですか?というものも。しかし29年間を振り返って考えさせられたものもありました。「将軍の世紀」関ヶ原に対する、参加した武将の振り返りを紹介されていて、あの戦いの政治的な側面を知ることができて面白かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年生まれ。東京大学文学部仏文科卒業後、文藝春秋入社。66年退社し、東京大学文学部哲学科に学士入学。その後ジャーナリストとして活躍。
74年、『文藝春秋』誌に「田中角栄研究 その金脈と人脈」を発表。79年『日本共産党の研究』で第1回講談社ノンフィクション賞受賞。83年、第31回菊池寛賞、98年第1回司馬遼太郎賞を受賞。
著書に『中核vs革マル』『宇宙からの帰還』『「知」のソフトウェア』『サル学の現在』『臨死体験』『ぼくはこんな本を読んできた』『天皇と東大』など多数。

「2020年 『自分史の書き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文藝春秋2018年2月号[雑誌]のその他の作品

立花隆の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

文藝春秋2018年2月号[雑誌]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする