サラバ! 中 (小学館文庫)

  • 175人登録
  • 4.18評価
    • (6)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西加奈子
  • 小学館 (2017年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064438

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

サラバ! 中 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 折り返しの中巻。引き続き笑いあり、シリアスありの内容で、全くテンションが落ちません。素晴らしい。今回一番楽しかったのは、ベタだろうけどやっぱり「サトラコヲモン」です。茶虎の肛門て。例の真理教となぞらえて、まとめて笑い飛ばしてしまっているあたりもさすが。両親の離婚は旦那の浮気が原因と思い込んでいたんだけど、どうやら違うみたい。じゃあ何なの?って疑問も含め、いよいよクライマックスへの期待が膨らみます。

  • 主人公が成長するにつれて、
    少しイラついてきた。

    姉や母に悩ませれながらも、学生生活、恋愛や仕事の面であまりにも上手くいきすぎている。

    誰か雷を落としてくれ。
    後半に期待。

  • 中学生男子の内面、生態がこれでもかというくらい生々しく(でも決して生臭くはない)描かれていて、西さんは中学時代を男子として過ごしたのか?と思ってしまうくらいだった。(まったくの想像だけでこれを書いているとしたらすごい)
    須玖の存在感が尊すぎる。

  • 声出して笑ってしまった。当人は大変な場面なんだろうけどw 西さんの本は人にお勧めしたいけど合う合わないが分かれる。同じ人でも、ある本は感動したど、ある本は全然わからなかった、とか。違う人に聞くとまた違う感想が返ってくる。人はひとりひとり違うから当たり前だけど…。それだけ人の内側に訴え掛けるんだろう。絵画の様に深く考えながらも読めるし、感覚でなんとなく読んでもいいと思った。さて、下巻でようやく両親の秘密が明かされるか。姉の行方も気になる。

  • 上巻から続けて一気読み。なんか、とても切なくなってきた。続けて下巻いきます。

  • 面白くて一気に読んだ。自分の体験にもどこか重なるような、歩の青春時代が実にあけすけに、真っ直ぐに描かれている。

全6件中 1 - 6件を表示

サラバ! 中 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サラバ! 中 (小学館文庫)の作品紹介

2015年本屋大賞2位!作家10周年作品

両親の離婚、そして帰国。母の実家のそばに住む母子三人は、次第にバラバラになっていった。
母は頻繁に恋人をつくり、サッカーに興じる歩は高校で同級生の須玖に影響を受けていく。姉は、近所に住む矢田のおばちゃんが宗教団体の教祖のように祀り上げられていくなか、次第にそこに出入りするようになった。
そして、阪神神戸大震災が起こった。それは歩の生活にも暗い影を落とし、逃げるように東京へ向かう。脳が蕩けるような学生生活を経て、歩はライターになった。だが、その先で、ある取材を依頼される。そこには変わり果てた姉が絡んでいた。



ツイートする