エンタテインメントの作り方

著者 :
  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.74
  • (8)
  • (17)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :140
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046533494

作品紹介・あらすじ

読者を魅了する物語はどのようにして作られるのか? ホラー、ミステリ、SFで文芸賞を受賞し、『黒い家』『青の炎』『悪の教典』と年代を超えてミリオンセラーを出し続けるエンタメ・キングが手の内を明かす!

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本に類する書を他にも結構読んだことがござりまする。

    名古屋ご出身 清水義範先生の『小説家になる方法』、岐阜ご出身 鯨統一郎センセの『努力しないで作家になる方法』、これまた名古屋ご出身 大沢在昌兄ぃ先生の『売れる作家の全技術』等など。(ありゃ、全部中部地方人でござった。独り占めですまぬのう)

    思うに、沢山読む人はそのうち書きたくなることもござるので、こういう本を偉い作家が書くと売れるかもしれんぞ、という作家のいや出版社の思惑があるのでござる。でも、これらを全部読んだって何にも書けはしないので念のためw

    この貴志作品の決定的「瑕疵」わ(作品中にNGな事と云う意味でこの”瑕疵”があまりに何回も使われているので、ボクもここで使ってみたw。すまぬ)、比喩にかこつけて時分の作品からの抜粋をかなり頻繁に使ってしまっていること。これぞ「興醒め」である。すまぬのう。m(_w_)m

  • 貴志さんファンなので、へぇ~、なるほどねぇ・・・と思いながら、おもしろくて一気読みw
    貴志さんが影響を受けた本なども載っていて、私でも題名は知ってるくらいかなり有名な本も含め、全然読んだことないものばかりだったので、翻訳物苦手だけど、そのうち読んでみなくちゃなぁ~と思ったり。

  • エンターテイメントの……とあるが読者を意識した小説家なら前提にしておくべきことという感じ。どういうことに気を配って書いているのか書いてあり書き手として読んでも発想の邪魔にならない。それでいて、いい感じでそそのかしてくれる。いろいろと創意工夫したから言えることなんだろうなと素直に思えるレクチャーだった気がします。

  • 小説家を目指すひとを対象とした、まさにエンタテイメントの作り方。貴志さんの色んな本がどのように生まれたか、読み手のことを考え計算され、どんな工夫がされているか、などがとてもわかりやすく書かれています。
    小説家を目指さないひとにもとにかく面白い本!!
    自分が貴志さんの本読んで色々感じていたこと、みんな貴志さんの計算によるものと知り改めて脱帽!!貴志さんの本は読んでて景色やにおいが目の前に広がって、その本の世界にストンと落とされる感覚がいつもある。頭の良い人の書く文章はとにかくすごい!と思わされる。
    また貴志さんの本を読み返したくなりました。とにかく面白い本です!!

  • 自分自身小説を書きたくて、また、貴志祐介のファンでもあるので、一石二鳥のような気持ちで図書館から借りてみた。

    貴志さんは結構ストイックな性格なようで、プロたるものこのような罠に陥ってはならない、このような堕落は恥ずべきものだ、というような作家の心を戒めていくような内容だった。

    確か貴志さんは理科系だった気がするけど、そのせいだか分析的で実際的なアドヴァイスを項目別に列挙して行っている観がある。

  • 小説家を目指すアマチュアに向けて書かれた指南書。心得集ともいえる。特筆すべきは、本書はリーダビリティが高いエンタテインメント小説であること。一般的なビジネス書であれば、読者を脅したり、著者の自慢話が延々と続くことがあるが、本書は読者を楽しませるためのビジネス書である。どうしたら面白い小説を書けるのか、その心得やTIPSを紹介しながら、それを実践したかのような本である。小説家を目指す人には、執筆のフレームワークになるだろうし、そうでない人はエンタテインメント小説の構造を知ることができる。ぐいぐいと読者を引き付ける力があり、一気読みした。

  • 【内容】
    筆者の考える、娯楽小説の書きかた。
    筆者の著作を例として交えつつ語ります。

    【類別】
    脚本構成、人物造形、舞台設定、他。
    娯楽小説の執筆をするためのものです。

    【着目】
    執筆手法における具体例として自著を引っぱってくる箇所は多々ありますが、詳述せず物語の核心に触れません。ゆえに、自著を作者の目線で細かく解体しながら娯楽小説のつくりかたを示す内容を期待する人にはお薦めできません。
    浅く広く自著の宣伝をされたり、軽い読物として楽しみたい人には適しているでしょうし、あるいは、この筆者の目線で執筆の基礎を簡潔に知りたい人にはお薦めできます。
    追い風は、頁46「組織というものがどう動いているのか、いかに理不尽なものなのかをリアルに描けるのは、やはり経験した人の特権だ。そこには人間社会の縮図があり、作品を書く上で必ず役に立つ」。

    【備考】
    このレビューは初版に拠っています。

  • プロの売れている小説家としての上から目線ではなく、新人賞に応募しようとする小説家予備軍への、新人賞受賞者(先輩)にたいして、応募者の目線に寄り添って経験談を教えている。

    以下が参考になった。

    ・アイデアは常にストックしておく。職業で得た実体験はアイデアの宝庫。
    ・冒頭、クライマックス、結末を決め、細かいサブエンジンになる仕掛けで読者を惹きつける。
    ・言葉のレトリックにとらわれるよりも、いかに明快に、短いセンテンスで読者へ伝えられるか、読者を意識すること。
    また、漢字をつかいすぎないこと。(漢字がないほうが読みやすい)
    ・主題にこだわらず、書き進めることで主題はおのずと現れるので、あまり主題にとらわれないこと。
    ・一人称で記載することは小説の表現の幅が狭まること(主人公目線でしか記載できない)ので、初心者には三人称がおすすめであること。
    ・長編小説はある意味短編小説の集合体であり、短編小説でクオリティを保てないレベルでだらだら記載しても意味がない。

  • 書く上で、漠然とつかみ取っていた方法論が正解だったことが嬉しかったり(もっと早く知っていればショートカットできたのに!)、実際書く方ゆえの、ほんのちょっとしたコツやモチベーションの上げ方が参考になったりした。

    細かい部分は自分用メモに保存。

  • 冒頭に引用した歌に対して、吹き矢がどうとかという著者の加えた修正がひどい改悪で、元のままの方がはるかに良かったので、かなり懐疑的な気持ちで読み始めました。
    でも、疑問に思ったのはそこくらいで、後はとてもおもしろかったです。
    すごく親切な人だなぁ、小説というものを愛しておられるんだなぁ、という印象を持ちました。
    著者の作品は、「新世界より」を読んだだけですが、正直あまり好きなテイストではなかったです。でも、この本を読んで、「黒い家」と「天使の囀り」は読んでみたくなりました。(怖がりなので、amazonのレビューを見て、かなりひるんでしまいましたが)

    「小説の書き方」について作家が書いた本は世の中にたくさんありますが、どの本も作家の創作秘話を教えてもらえてとてもおもしろいので好きです。今までいろんな作家の「小説の書き方」を読みましたが、どの作家さんも、本当に惜しげもなく、そこまで聞いちゃっていいの?ってくらいいろいろと教えてくださる印象です。
    「職業上の縄張り意識について言えば、作家ほど寛容な人種はいない」というようなことを村上春樹さんが書いておられましたが、本当にそうだなと思います。(それだけ、自分の領域や仕事について自負をお持ちだということの表れでもあるとは思いますが)
    この本はそうした中でも親切度においてトップクラスだと思いました。
    本当に手とり足とりという感じでした。

全24件中 1 - 10件を表示

貴志祐介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エンタテインメントの作り方はこんな本です

エンタテインメントの作り方を本棚に登録しているひと

ツイートする