カエルの楽園 (新潮文庫)

  • 291人登録
  • 3.76評価
    • (11)
    • (23)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2017年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201924

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

カエルの楽園 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 百田尚樹『カエルの楽園』新潮文庫。

    久し振りに読む百田尚樹。何とあからさまな日本の国政批判的な小説を創作したものだ。面白いことは面白いが、内容については両手を挙げて共感できるものではなかった。一種の洗脳小説と言っても過言ではない。

    楽園のナパージュはジャパン、すなわち日本で、三戒は日本国憲法の第九条か。さすがに、ここまであからさまだと下品な感じがする。もう少しオブラートに包むなり、婉曲的な表現であれば、受け入れられる可能性があったかも知れない。

    平和を求め、ナパージュにたどり着いたアマガエルのソクラテスとロベルトは難民なのだろう。ヌマガエルは在日韓国人で、スチームボートがアメリカなんだろうな。

  • 読了。
    表紙を見て、イギリスの児童文学のThe Wind in the Willowsみたいな本かなと思い手にとって読み始めたら、何が何がさらに風刺が効きすぎて、良い意味で期待を裏切られた。
    政治的なことはさて置き、物語としても面白く最後は少し背筋がゾッとする。今だからこそ、この本は日本という国について考えるキッカケになると思う。今一度、平和について考える機会を与えてくれる本。
    なにより解説を櫻井よしこ氏が多くの頁を執筆されている。百田氏が織りなす寓話の謎解きがここに書かれてあるわけですが、本文を読んで分からなかった人は解説を読んだ後、再度本文を読み直すとよい。気づかなかったことが見えてくるかもしれない。
    おそるべし百田尚樹。

  •  世の中には二元論で割り切れないことばかりなのに、政治には右か左かしかないようだ。
     それ以外の選択肢は、もっと右か、もっと左か。
     本書は右翼視点の現代日本の寓話化である。


     様々な国で迫害を受けてきたアマガエルの二匹がたどり着いたのは、三戒を堅持するツチガエルの国ナパージュだった。 
    「カエルを信じろ。カエルと争うな。争うための力を持つな」
     ツチガエルたちは三戒がナパージュを守っていると信じている。
     
     しかしナパージュに危機が迫ってくる。
     国境の崖の下からウシガエルが登ってきた。
     三戒が国を守る。
     声高な主張にもかかわらず、ウシガエルたちは次第にナパージュの中央に侵入してくる。

     
     つまり、憲法九条をめぐる現代日本の縮図である。
     憲法九条を固辞するがゆえに、中国が攻めてくるというストーリーだ。

     憲法改正しないと日本は武力攻撃されても反撃することができない。それは分かる。
     戦後の憲法が現実に即していない部分もあるから改正は必要だろうとは思うが、そう言うと左翼からは「そんなに戦争がしたいのか!」と右翼のレッテルを貼られる。

     でも、憲法改正は国全体のことだ。
     しっかり国民の深い理解を得ようと説明がなされないまままに憲法改正を急ぐのは疑問だが、そう言うと右翼からは「今すぐ中国が攻めてきて占領されてもいいのか!」と左翼のレッテルを貼られる。

     施策に対して賛成か反対かしかない。
     反対するために存在するだけの左翼、危機を扇動する右翼。
     もし日本がカエルの国だったら、俺は大きい声の聞こえないところで冬眠していたい。 

  • カエルの楽園

    正直に言って、面白くないわけではないが下品だと思った。これは、直前に百田尚樹の新書「戦争と平和」を読んだからということもあるかもしれないが、著者の政治信条が如実に透けて見えてしまい、小説としての、フィクションとしての良さが感じられなかった。作中に出てくる「ハンドレット」というカエルはまさしく百田自身の化身であるのは明らかで、自分の小説に自分を登場させてええかっこしいするのはなかなかサムい演出ではある。しかし、自分自身、百田尚樹の政治信条に関しては完全に反対なわけではないので、小説の様な状況はいずれ日本に起こりうるということは想定できる。結局のところ中止になってしまったが、自分の大学の学園祭に来て、講演することはそれなりに楽しみではあった。それはそれとして、「海賊と呼ばれた男」や「永遠の0」を読んで感動した自分としては、この小説には、小説という範疇としてみれば、少しばかり失望した。自分はジョージ・オーウェルの「動物農場」がオールタイムベストというほど好きではあるが、同時代人にとって動物農場はどのように映ったのかは気になる。時間というフィルターを通さずに読む現代風刺、歴史風刺は、この本で味わったからこそ、それは気になる。

  • 天敵に襲われず平和に暮らす国の話
    その国には三戒という絶対平和主義という決まりがあり、三戒があるからこそ楽園が維持されるという。
    そんなある日楽園の片隅に天敵のウシガエルが現れた!
    三戒は楽園を守ってくれるのか?

    日本とそれを取り巻く東アジア諸国と米国の関係と憲法九条と集団的自衛権と憲法改正を寓話化した小説!

    本書は改憲勢力に属するカエル達が少し可哀想に描かれており、米国はスチームボート程立派ではない。また、護憲派のカエル達が非常に残忍に描かれている。
    寓話化されている以上多少の匙加減と言ってしまえばそれまでかも知れないが、読後感としては護憲派に対する多少の嫌悪感が芽生えてしまうのではないか?と思えてしまう。

    しかし、どちらかと言うと護憲派の私でさえも本書は面白いと思えてしまう。



    何れにしても、推測だけで物事を進めたり、何かを守るためにデマカセや言葉の置き換えで翻弄する人を信用してはいけないと改めて思った。



    蛇足ではあるが櫻井よしこさんの解説は本書の格を貶めている気がします。星マイナス2

  • 百田尚樹 カエルの楽園(文庫)

    昨年読んだハードカバーから物語としては2度目の読了。

    一年の時が過ぎて、この本に書いてあることが日本で今現実に起こっています。

    予言の書として気をつけなければ結末まで行くと…
    この次読みたくなるのが、スイスの民間防衛で自分の身は自分で守る知識が欲しくなります。

    今ならまだ間に合うかもしれません。
    少数の大きな声や、大手マスコミの報道になんとなく流されてはいけません。
    おかしいな?と思ったら放置せず、発信者の意図や誰が得をするか?

    それが偏った一部の人だけにメリットがある内容であったり、理想的過ぎる内容だったり、平和や人権をやけに表に出して裏は暴力が横行する団体であったりします。

    これらを判断するために知識を得る必要があります。
    大手マスコミからは知識は得られません。
    カエルの楽園の著者である百田尚樹さんの本は知識を得ることが出来る作品もあります。

    この本に出会った多くの方が、危機意識を持ち、自らおかしい事におかしいと判断できる知識をどんどんつけて、この本の通りにならない未来を切り開いていけることを願ってます。

  • 日本人として何とも居心地の悪さを感じる作品だ。

    日本の置かれている状況とりわけ安全保障に関わる状況が物語の中で巧みに描写されていて、これから日本人が成すべき事や考えを変えていかねばならない事が示唆されている。

    この物語のアマガエルの様な世界的な見聞を持つ事やバランスのとれた情報、そして色々な角度から物事を考察していく力を持つ事の大切さを痛感させられる。

  •  カエルの世界を舞台にし、誰でも気軽に読める寓話の形をとりながら、日本国の本質を鋭くえぐり出した警世の書。

     読むとこのカエルの楽園が今の日本で、その楽園を取り巻くウシガエルたちやワシが日本の外交情勢を象徴していることがすぐにわかり、カエルたちが仮初めの平和に甘んじていることが感じられました。

     このアジア情勢が緊迫している今こそ、本当の平和を築くために日本がしなければならないことを真剣に考えていかなければならないと思いました。

     おりしも間近に総選挙が迫っており、この世界のカエルたちのようにマスコミに踊らされることなく一人一人が答えを出していくことが大切だと感じました。

     そして、このお話のような結末にだけはならないように。

  • ぜひ読んでいただきたいのと同時に、自身の政治思想が左右どちらであっても胸糞が悪くなることにご注意いただきたい。左なら三戒を守らないハンニバル兄弟が許せないだろうし、右なら日本の現状とそれを体現した「平和」の薄ら寒さに改めて愕然とさせられるだろう。

  • 470

    2017年では104冊目

  • 寓話。   
    ここまであからさまだと少し萎えるが、内容は笑えない。   
    だってそのまんまだもんそのまんま。   
    あまりにもそのまんますぎて空恐ろしい。   
    人(仮)はここまで愚かになれるのか。   


    「理想を抱いて溺死しろ」         



    思考を止めるな。

  • おおお…これは…すごい。バスで読みながら顔が半笑いになるのを止めるのが大変だった。ここまで寓話として書いていいのか。百田さんが心配になるレベルだ。
    内容については、上司が単行本を読んだ際、盛大にネタバレしてくれたので分かっていたけど(笑)、読むとすごい。まさに今の日本。平和ボケというか…。
    もしかしたら明日日本のどこかにミサイルが落ちるかもしれないという状況にあっても、どこか現実感がないし。
    この本はあまり書店で見ないという声もあるけど、多くの人に読んでもらえたらな、と思う。

  • 先週(2017.9)上海への出張があり、その飛行機の中で大半を読みました。上海での滞在中も隣国での核実験に関するニュースがあるなか、仕事をしていました。

    この本は昨年(2016)に単行本で出されたものですが、恥ずかしながら先日の日経での文庫本化の広告を見るまで知りませんでした。

    他国が領土侵攻をしてきたらどう対応すべきか、そのために現在あるもの(米軍の駐留=日米安保条約、戦争放棄=憲法)をどうすべきか(維持するのか、変えるのか)を考える良い機会を与えてくれました。

    難しい言葉で解説された本よりも、今のまま何もしなければ(しているようでも、現状を守ることに固執していれば)どうなってしまうのかを想定するのにとても良い題材でした。

    数々の本を読んでみて分かったことですが、太平洋戦争で戦った米国との関係も、戦前は少なくとも民間レベル(経済面)ではとても良いもので多くの人が交流していたようです。現在の中国と日本との関係もそのような状態にあると思います、国の運命・行く末を決めてしまうのは、政治や外交です。日本の政治家達も頑張ってほしいと思いました。その点、安倍総理は頑張っているんだなと改めて感じました。

    20179月10日作成

  • 2017年9月10日読了

  • 政治に疎いが、現在の日本の立場が分かり易かった。
    ただ、善悪関わらず強迫的な意思を感じてしまい、結局決めるのは自分だと思えた。

  • 童話の形をとったあきらかな寓話。
    ここまで、わかりやすい形の寓話にするのであれば、そのまま書けば良いのに、と思ってしまいます。

  • 風刺が強いので読む人は選びそう。
    間違えて子どもとか読んだらたぶん泣く。

    絶望色の強い結末だが、スチームボードとともに戦えば勝てたというのは楽観的にも見えた。

    スチームボードが落とされる可能性も考えると、アマガエルサイドの選択はさらに難しいものになると思った。

    まあ個人レベルならカエル同士分かり合えるんじゃないかなと個人的には思ってる

  • こんなに衝撃的な本に出会ったのは久しぶり。今までの考え方を180度変えてしまった。
    面白く、そして恐ろしい。

  • 戦後70年、戦争に巻き込まれることなく、今に至る日本。平和は、何もせずに得られるものなのか?はたまたアメリカに頼りきったままで良いのかどうか?拉致されても救出することもままならない日本。ミサイルが上空を通過しても、国連会議にかけることしかできない日本。一方、隣国中国の動きは、さらに強靭・強硬になってくるばかり。そして、韓国との関係も。
    さて、どうする?どう考える?カエルの楽園。

  • 凶暴なウシガエルにより故郷を追われたツチガエルがたどり着いた場所は、3戒を守ることによって平和を維持していると思われる国。ただ、そこにもウシガエルが押し寄せることに。作者は寓話の形で何を伝えたかったのか考えていたが、日本の武器3原則及び憲法を揶揄したものとの事。平和ボケしていていいのか?の問題を提起している。

  • 2017/8/28 ジュンク堂神戸住吉店にて購入。

全24件中 1 - 24件を表示

カエルの楽園 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

カエルの楽園 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カエルの楽園 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする