ジョゼ・サラマーゴのおすすめランキング

プロフィール

José Saramago ポルトガルのサラザール独裁体制が崩壊した1974 年のリスボンの春以降、ジャーナリストから作家に専念し、国民的作家となる。1998年ノーベル文学賞を受賞。作品に『複製された男』『あらゆる名前』『リカルド・レイスの死の年』(彩流社)、『白の闇』(NHK 出版)、『見知らぬ島への扉』(アーティストハウス)、『修道院回想録』(而立書房)など多数の作品がある。

「2013年 『ちっちゃな回想録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョゼ・サラマーゴのおすすめランキングのアイテム一覧

ジョゼ・サラマーゴのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『白の闇 新装版』や『白の闇』や『複製された男 (ポルトガル文学叢書)』などジョゼ・サラマーゴの全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

白の闇 新装版

539
3.86

感想・レビュー

暗憺たる気持ちになる本。すごく面白いのですが。つまみ読みしていました。 もっと読む

白の闇

145
3.84

感想・レビュー

難しい事を解りやすく、硬い事を柔らかく、ノーベル賞作家が読者に歩み寄った快作。 もっと読む

複製された男 (ポルトガル文学叢書)

116
3.53

感想・レビュー

【由来】 ・チョムスキー 戦争のからくり P201 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて... もっと読む

あらゆる名前

60
3.50

感想・レビュー

「彼女と面と向かって話をしたいとは思わないよ、それならどうして彼女を探すんだい、どうして彼女の人生をしらべてまわっているんだい、.......理不尽だ、そ... もっと読む

見知らぬ島への扉

41
3.04

感想・レビュー

今まで触れたことのない国の文学作品を読んでみようキャンペーンをひっそり始めてみました。多分ひっそり終わる← アジアから攻めていくつもりだったけど、県立図... もっと読む

ちっちゃな回想録 (ポルトガル文学叢書)

8
4.50

感想・レビュー

公園に行くあの細道好きだったな。 とポルトガルの文学を読んでるのに自分の思い出が出てくる。 記憶していること、していないこと。見えているもの見えていない... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする