佐藤幹夫のおすすめランキング

プロフィール

批評誌『飢餓陣営』主宰。『自閉症裁判』ほか、福祉関連分野の著作多数。

「2014年 『「生きづらさ」を支える本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤幹夫のおすすめランキングのアイテム一覧

佐藤幹夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」 (朝日文庫)』や『村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。 (PHP新書)』や『自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』など佐藤幹夫の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

自閉症裁判 レッサーパンダ帽男の「罪と罰」 (朝日文庫)

176
3.75
佐藤幹夫 2008年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 2001年浅草で、ハーフコートにサンダルばき、さらにレッサーパンダの帽子をかぶっているという異様な出で立ちの大男が、白昼、19才の短大生を刺殺する事件が... もっと読む

村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。 (PHP新書)

141
2.98
佐藤幹夫 2006年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017/01/23読了 読了には結構時間がかかってしまった。 村上春樹の作品の空気感(オーラ?作風とは少し違う「雰囲気」)と、三島由紀夫の作品を照らし... もっと読む

自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の「罪と罰」

123
3.70
佐藤幹夫 2005年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かしら犯罪を犯して服役している受刑者のうち、知的障害を持った受刑者は少なからずいるのだという話は、今までに読んできた類似した本のいくつものなかで言われて... もっと読む

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)

73
3.88
滝川一廣 2001年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「久しぶりに「この人すごい!」と思う方に出会いました。」と最初に読んだ当時感じたのですが、内容をすっかり忘れてしまったので改めて読み直そうと思っています。... もっと読む

刑法三九条は削除せよ!是か非か (新書y)

68
3.22
呉智英 2004年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司法(刑法)と医療の問題ということになるか? 法律、さらには憲法という立場から考えることは、まず人権の問題である。国民は人権を有するはずである。犯罪者、... もっと読む

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)

67
3.81
司馬遼太郎 2010年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年から3年に分けて放映されたドラマ「坂の上の雲」。本書は2010年に放映された第二部のガイドである。表紙の秋山真之役の本木雅弘が超カッコイイ。また... もっと読む

ルポ 認知症ケア最前線 (岩波新書)

54
3.44
佐藤幹夫 2011年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

講演会で知った本。西日本を中心にした認知症ケアについて。 発売後6年経っているけれど、富山型デイサービスや離島内のケアのその時が知れて興味深い。 家族介護... もっと読む

「こころ」はどこで育つのか 発達障害を考える (洋泉社新書y)

53
3.50
滝川一廣 2012年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピアジェやフロイトの理論を分かりやすく解説してくれている点はとても評価できる。 もっと読む

知的障害と裁き――ドキュメント 千葉東金事件

50
3.71
佐藤幹夫 2013年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コミュニケーションの障害というのは、途方もないことだ、 それを試行錯誤して闘ってる弁護団の人たち、司法という立場、 福祉かアイデンティティ尊重か、 いろい... もっと読む

ルポ 高齢者ケア: 都市の戦略、地方の再生 (ちくま新書)

49
3.18
佐藤幹夫 2014年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「高齢者ケア」という言葉の持つ重みと感触がより現実的になりつつあることは、両親の老い、そして「地域」の一人ひとりの高齢者とのやり取りから切に感じている。専... もっと読む

哲学は何の役に立つのか (新書y (102))

48
3.08
西研 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談本というのはハズレが多いのだが、哲学の根本が「対話」であるわけだから、ある意味哲学本は対談本が本流なのかもしれない。関係としては西研が先生で佐藤が生徒... もっと読む

十七歳の自閉症裁判――寝屋川事件の遺したもの (岩波現代文庫)

48
4.00
佐藤幹夫 2010年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広汎性発達障害や、少年法・刑法、矯正のありかたなど、丁寧に書かれており、引っかかるところが少なかった。広汎性発達障害という概念の登場で、教育、医療、法が今... もっと読む

裁かれた罪 裁けなかった「こころ」―17歳の自閉症裁判

46
3.58
佐藤幹夫 2007年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寝屋川の小学校で起きた17歳の少年の事件についてのルポです。少年は広汎性発達障害という障害を抱えていて、刑罰を課すか、保護処分かという部分での裁判官、検察... もっと読む

「こころ」はだれが壊すのか (新書y)

45
3.47
滝川一廣 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

壊れない自分になりたい。 もっと読む

ルポ 高齢者医療―地域で支えるために (岩波新書)

42
3.25
佐藤幹夫 2009年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 医療制度改革により大きくゆさぶられる高齢者医療。 危機に直面する中で、地域の特性に即しながら、その地に生きる人々の人生の終盤を支える取組... もっと読む

少年犯罪厳罰化 私はこう考える (新書y)

28
4.20
佐藤幹夫 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成24年1月27日購入(初版、古本) もっと読む

中年男に恋はできるか (新書y)

26
3.43
小浜逸郎 2000年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中年世代の愛と性をテーマにした、評論家の小浜逸郎と佐藤幹夫の対談を収録しています。 佐藤は本書のなかで、小谷野敦『もてない男』(ちくま新書)について... もっと読む

ルポ 青年期の発達障害とどう向き合うか

26
3.67
佐藤幹夫 2011年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2階書架 : WM203.5/SAT : 3410155104 もっと読む

「自閉症」の子どもたちと考えてきたこと

21
2.75
佐藤幹夫 2008年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そもそも‥自閉症とはなんだろう?と思って本書を手に取りました。 読みかけですが、理解は おくれるを内包している という文を読んで、はっとしました。 もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする