1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.72
  • (498)
  • (1135)
  • (812)
  • (136)
  • (46)
本棚登録 : 10186
レビュー : 700
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001593

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青豆と天吾の物語。1Q84年をめぐる謎。空気さなぎ。幼児の頃の記憶。さまざまな物事がどう絡み合うのか、見所あります。
    これを読んでハルキストになる人も多いのでは、長編なので他の作品に手を出しながらもゆっくり読んでます。

  • コメントはまとめて一つとする。

  • スポーツクラブのインストラクターでプロの暗殺者、青豆と、予備校の数学講師で小説家の卵、天吾の物語が平行して進んでいく。

    青豆は、ある時から自分の記憶と現実の出来事にズレが生じていることに気付き、天吾は、まともに読み書きすることができないディスレクシアの高校生 エリ(ふかえり)が書いた「空気さなぎ」という新人賞応募作品に並々ならぬものを感じ、文章の手直しに手を貸すことになる。天吾の父親はNHK集金人で、どうやら、受信料支払いを拒否した学生を包丁で刺す障害事件を起こしているようであり、青豆の左右の耳のかたちと大きさがかなり異なっていることにも、暗い過去が暗示されているようだ。エリにも、父親が創設したコミューン「さきがけ」での暗い過去があり、「空気さなぎ」に暗示されている可能性があるという。それぞれに複雑な過去を抱えたている青豆と天吾の物語は、第一巻ではまだ交わらない。

    物語は、1984年の出来事として進行するが、本作のタイトルは、変更を受けた新しい世界をかつての世界と区別するために青豆が「1Q84年」と名付けたことに由来するらしい。ジョージ・オーウェルの「1984年」のオマージュ作品ではないようだが、学生運動を主導して大学を追われたエリの父親、深田保が一時身を寄せていたタカシマ塾のシステムを戎野が、「ジョージ・オーウェルが小説に書いたのと同じような世界だよ」と評していることから、もしかしたら、その後深田が山梨県の過疎の村(本栖湖近辺)に立ち上げた革命的農業コミューン「さきがけ」が、「1984年」的なディストピアなのかもしれない。

    第二巻以降、どう展開していくのだろうか?

  • 村上氏の著作をさほど読んだことがあるわけではないけど、「羊のシリーズ」は今でも好きだし(たぶんまた読み返すこともあるかも知れない)、「ノルウェイ」なんかは、ああこれはオレだオレのことを書いた小説だと思って、発表当時、貪るように読んだものじゃった。

    けど、これには没入できなかったなあ。

    作家は遙か先まで行ってしまって、オレは何だか一つところで停滞しているという感じ、あるいは逆に、作家は一つところで自らのテーマを深くふかく掘り下げているのに、オレは何だか退化(または老化)しちまったという感じが常につきまとって、ああもうオレの話ではない、と思った。

    先が気になる、という意味では面白かったけど、結局よくわからないというのが率直なところ。難しく考えず、例の村上節で語った恋愛小説と読めば話は簡単なのかも知れないな。
    「空気さなぎ」ってのはなんつーか、小説そのもののことかいね。

    *

    ちなみに私「シンフォニエッタの冒頭部分を耳にして、その曲だと言い当てられる人」です。

    なぜなら、小説に出てくるセル/クリーヴランド管のレコードをたまたま持っていたから。A面のオケコンを聴くために買ったのであって、シンフォニエッタはそのついでに知ったのだったが(笑)。

  • 朝日新聞発表「平成の30冊」第1位!
    平成は村上春樹の時代―。平成と共に作品を書いた村上さんの代表作が1位に。

  • ◯春樹作品の中で1番好き、と言ったらちょっと珍しいと言われ改めて読んでみようかとブックオフで購入。なぜか1の前編だけ100円コーナーになかったけども。
    改めて読むとかあまりしないのでこのひとってこうだったよねぇ、あぁそうそう。って確認しながら読む感じつつ後半からどうなるのどうなるのって展開に。

  • 【完璧挫折 】友人とこの本の話題になり「あなたなら読めるかも!」の言葉に調子ずき、読み始めたものの…ヌリカベが阻む! どうも私は村上春樹とは相性が合わないようだ14〜15ページが精一杯で、全く持って面白くない(o_o)

  • 久方ぶりの村上春樹、文体が几帳面で好き。登場人物も几帳面で好き。ちょっとエロなのも好き。

  • さすが村上春樹氏、一つの動作を10語るといった感じ。登場人物には共感もへったくれもないけれど、不思議なことに続気になって…。初めはなかなか乗り切れず、読むペースも亀モードで一時積読と化していたのが嘘みたいに中盤からはかなりハイペースで読み進めていた。
    まだ繋がらない青豆と天吾の世界がこれからどう絡んでいくのかがすごく楽しみ。

  • 青豆と天吾のラブストーリー?
    ではないよなぁ。牛河さんは、ねじまき鳥にも出てました。ちょっと可哀想ではあった。感想のポイントがずれてました。

全700件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

村上春樹の作品

ツイートする