有名ではないけど自分の中ではとっておき!の本を教えて下さい。

こんなに素敵なのになんで世間は注目しないんだ!?
ならいっそ私だけの秘密にしておきたい!
いや、でもやっぱり皆にすすめてこの素晴らしさを知ってもらいたい!!
と、あなたの気持ちをかき乱す素敵な本を教えて下さい。

追記(9/13)
たくさんの本をご紹介いただきありがとうございます!
いろんなジャンルの「とっておき!」を知ることが出来て
とてもうれしく思っています。
自分の知らない世界がまだまだあるんだな〜、と思うのと同時に
知らない世界のことを知識足らずのコメントでお返しすることが
ちょっと心苦しくなってきましたので、勝手ながらこの先
こちらからのコメントは控えさせてもらいますね。

とはいえ回答は引き続き募集中!ですので、
まだ自分の「とっておき!」が出ていないという方はぜひ教えて下さい。
  • 投稿日時 : 2010-07-07 17:06:06
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

1

「煌夜祭」多崎礼。

伏線の回収が見事すぎてくらくらしました。
一冊完結なので、お気軽にどうぞ。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-09-03 17:01:59
伏線の張り方が上手い話は爽快感があって好きです。
とはいえ、くらくらした事はまだ無いのでとても気になるところです。
あらすじ読むだけでもわくわくする話なので、チェックしてみたいと思います。
オススメありがとうございました。
0




アゴタ・クリストフ3部作。
僕が買ったときは誰も知りませんでしたが、
今となっては案外有名みたいです。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-31 20:16:07
「悪童日記」は私でも知っていたので有名なのかもしれないですが、
3部作だったんですね。「第三の嘘」はイメージが無いってことは
まだまだ知られていないってことでしょうか。
オススメありがとうございました。
  • 回答No.28-02612
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-29 09:58:52
1
清水 玲子さんの【月の子】

絵も素晴らしい!
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-31 19:52:49
あ〜、昔はまりました、「月の子」。
清水玲子さんのストーリーにはいつも圧倒されます。
絵も綺麗ですよね。
今雑誌で連載中の「秘密」も怖い怖いと思いつつ読んでいます。
  • 回答No.28-02482
  • RENさん REN さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-25 21:41:03
0
飯田雪子さんの「夏空に、きみと見た夢」です!!

恋愛系なんですけど切ないけど
あったかいお話です☆
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-31 19:49:02
飯田雪子さんはblack-snow さんが下の回答でオススメして下さってて、
「夏空に、きみと見た夢」は中でもおもしろそうだなぁと思っていた本です。
やっぱオススメですか。読んでみようかな。
オススメありがとうございました。
0
モームの「人間の絆」は良い本ですよ、ぜひ
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-31 19:44:50
「月と六ペンス」の作者ですね。
レビュー読んでいるとおもしろそうです。
タイトルから受ける印象よりも中身は読みやすそうですね。
オススメありがとうございました。
  • 回答No.28-02476
  • BEAさん BEA さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-25 09:35:53
0
2つご紹介したいと思います。



岩井俊一氏の「ウォーレスの人魚」
新説の人魚像みたいなものを書いている、ネイチャーミステリィです。



もうひとつは、今邑彩氏の「蛇神」シリーズです。
ホラーというよりは、伝奇小説。日本特有のしっとりとした怪しい雰囲気が特徴です。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-31 18:48:29
「ウォーレスの人魚」は、おもしろいんだろうなぁと思いつつも
描写が怖くて挫折した覚えがあります。
「蛇神」シリーズは読み出したら止まらない、という
レビューがちらほらあって気になりますね。
オススメありがとうございました。
0
山本賢蔵さんの『きみは金色の雨になる』です。
一言一言に何かを考えさせられます。

特に好きなのは《美しい乞食の境地に達したい》
わからないのに、なぜか好き。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-27 20:29:29
「わからないのに、なぜか好き」っていいですね。
わからないままでも引き込んでいく魅力が
この本にはあるんでしょうね、きっと。
情報ありがとうございました!
1
梨木香歩さんの『家守綺譚』。
妖怪や花の精、彼の岸の人と少し不思議な登場人物たちと主人公の書生が紡ぐ日常は、否が応でも引き込まれます。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-27 20:10:11
『家守綺譚』。難しい漢字のタイトルですね〜。
小難しい漢字をあえて使って、不思議な世界観を作っている、のかな?
昔好きだった長野まゆみさんの世界観を思い出しました。
情報ありがとうございました!
  • 回答No.28-02422
  • くろさん くろ さんの回答
  • 投稿日時 : 2010-08-23 23:48:13
0
飯田雪子さんの本はすごくすきです。
あと、ムーンゲイザーっていう本好きです。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-27 20:05:10
飯田雪子さんの本、どの本もかわいらしい装丁ですね。
「夏空に、きみと見た夢」という本がおもしろそうな話だなと思いました。
情報ありがとうございました!
1

主役は死神(性別:女)。
でもホラー映画なんかに出てくるような恐ろしさはありません。
死者の魂を優しく導く存在なのです。

「最後まで淡々と進むのに面白い……こんな才能が実在したとは!」
ニール・ゲイマンの凄さを思い知らされた一冊。
  • ピコーさん ピコー さんのコメント
  • 投稿日時 : 2010-08-25 18:42:49
アメコミなんですね!
(アメコミって死語でしょうか…。それすら分からないほど疎い分野です)
確かにあまり知られていないジャンルですね。新鮮!
淡々と進む話は個人的に好みです。
貴重な情報ありがとうございました。
全74件中 41 - 50件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする