稲垣えみ子のおすすめランキング

プロフィール

稲垣えみ子(いながき えみこ)
1965年、愛知県生まれ。一橋大学社会学部卒。朝日新聞社入社。大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年1月 退社。夫なし、子なし、冷蔵庫なし。仕事したりしなかったりの、フリーランスな日々を送る。その生活ぶりを紹介したテレビ番組『情熱大陸』が話題に。日本酒好き。著書に『魂の退社』『寂しい生活』(共に東洋経済新報社)ほか。
『もうレシピ本はいらない』で「料理レシピ本大賞 in Japan 2018」料理部門:エッセイ賞を受賞。

稲垣えみ子のおすすめランキングのアイテム一覧

稲垣えみ子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魂の退社』や『寂しい生活』や『アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。』など稲垣えみ子の全17作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魂の退社

716
3.65
稲垣えみ子 2016年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アフロ記者」に続いて一気読み。 会社勤めをしたことがないとか、三日でやめちゃったとか、フリーに生きている人に対して、ずっと憧れがある。自分にはとてもで... もっと読む

寂しい生活

330
3.90
稲垣えみ子 2017年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災をきっかけに始めた、徹底的な節電生活について、そしてそうすることで起きた価値観・人生観の大転換について、「アフロ記者」(元)が率直に綴っている。 ... もっと読む

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。

241
3.53
稲垣えみ子 2016年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて新聞で著者のコラムを読んだときの「衝撃」を忘れない。何この人?朝日の編集委員がアフロヘア!しかも女の人。アフロにしたら人生初のモテ期が訪れたと書く、... もっと読む

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

231
4.20
稲垣えみ子 2017年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たーくさんのレシピの中から 毎日毎食たーくさん料理を作る主婦としては そんなに悩まなくたって レパートリーを増やさなくたっていいんだな と気楽になれまし... もっと読む

震災の朝から始まった

23
3.75
稲垣えみ子 1999年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テレビでは伝わらない内容もあった 想像が出来ない… 稲垣さんの著書ということで読んだが、やっぱりエッセイの方が彼女の魅力か表現できる もっと読む

魂の退社―会社を辞めるということ。

19
3.80
稲垣えみ子 電子書籍 2016年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そもそもそんな高給取りじゃないしとか、一流企業はそんなあらゆることやってくれんだとか、電気なしの生活がしたいわけじゃないしとか、環境の違いは様々あれど、考... もっと読む

死に方が知りたくて

16
2.67
稲垣えみ子 1995年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聞き手が「稲垣えみ子さん」という事で読んでみました。 印象的だったのは終末医療に携わった医師 布施徳馬 氏の言葉「死を前にしたからといって、価値観が急に... もっと読む

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。

3
4.50
稲垣えみ子 電子書籍 2016年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった。(たまもひさん、ご紹介ありがとうございました!) 著者は元朝日新聞記者でコラムなどを書いていた人。アフロヘア。ウチは読売新聞だし、出演さ... もっと読む
全17アイテム中 1 - 17件を表示
ツイートする