稲垣えみ子のおすすめランキング

プロフィール

1965年、愛知県生まれ。一橋大学社会学部卒。朝日新聞社入社。大阪本文社会部、週刊朝日編集部などを経て論説委員、編集委員をつとめ、2016年退社。電気やガスを極力使わず、メシ・汁物・漬物を中心とした生活スタイルが注目を集める。著書に『魂の退社』『寂しい生活』『人生はどこでもドアーーリヨンの14日間』(共に東洋経済新報社)、『アフロえみ子の四季の食卓』(共にマガジンハウス)など。『もうレシピ本はいらない』で第5回料理レシピ本大賞料理部門エッセイ賞を受賞。

「2021年 『一人飲みで生きていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲垣えみ子のおすすめランキングのアイテム一覧

稲垣えみ子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『魂の退社』や『寂しい生活』や『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』など稲垣えみ子の全30作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

魂の退社

1158
3.69
稲垣えみ子 2016年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが朝日新聞社の論説委員までされただけあって、日本社会の会社を主体にした経済やら会社に依存した日本のシステム(健康保険やら厚生年金等) など明解に書かれ... もっと読む

寂しい生活

896
3.94
稲垣えみ子 2017年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「魂の退社」の稲垣さんのシンプル生活、いやはやここまでストイックに追求されるとは、見事としかいいようがない。ご本人はストイックでもなく、自然な流れとして実... もっと読む

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

724
3.89
稲垣えみ子 2017年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

香ばしく炊けた玄米ご飯。 季節の野菜を天日に半日干した‘干し野菜’をたっぷり入れた熱々のお味噌汁。 そして、これまた季節の野菜を愛用のぬか床に漬けたぬ... もっと読む

人生はどこでもドア: リヨンの14日間

471
3.97
稲垣えみ子 2018年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったあ! 一気読み。 著者がリヨンで経験した2週間。 こんなふうに暮らしたら面白いだろうなあ とか、そういうことじゃない。 受け入れられるって、... もっと読む

老後とピアノ

382
3.75
稲垣えみ子 2022年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「それは予想もしなかったことだ。ピアノを練習するとは、「結果を出して世間に認められる」と現代人誰もが人生の唯一の価値と思い込んでいるものとは全然別のことな... もっと読む

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。

372
3.51
稲垣えみ子 2016年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「一人飲みで生きていく」という著作がとても愉快で面白かったので、さかのぼって読んでみました。まさに朝日新聞で書いていたコラムから辞めた直後の文章で構成され... もっと読む

一人飲みで生きていく

258
3.33
稲垣えみ子 2021年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お酒は飲めないけれど、一人で気軽に行けるお店は欲しい。 ランチやカフェは一人で入っていたが、コロナ禍で全く利用できず。未だに再開するのは少し怖くて躊... もっと読む

レシピがいらない! アフロえみ子の四季の食卓

243
4.02
稲垣えみ子 2018年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

またまた、アフロ稲垣えみこさん 今回は、毎日の献立をのぞかせてもらった 前作にあったように、冷蔵庫も炊飯器も電子レンジもないえみこさんの食品の保存方法は... もっと読む

魂の退社―会社を辞めるということ。

95
3.94
稲垣えみ子 電子書籍 2016年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

髪をアフロにしたことから始まって アフロの良さを語ってますので つい 自分もアフロにしちゃおうかしら なんて思います お金を使わない生活への転機が... もっと読む

アフロ記者 (朝日文庫)

82
3.92
稲垣えみ子 2019年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

魂の退社、寂しい生活と読み進み、アフロ記者の原点を知りたいと思って手に取ってみる。なるほどこういう人だったか。いろいろなものを捨てていき、でもどうしても捨... もっと読む

寂しい生活 魂の退社

77
3.95
稲垣えみ子 電子書籍 2017年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きっかけは福島の原発事故から 節電につとめ それが シンプルな生き方とは何なのか という 哲学というか 生きた実験であり 冒険になっている本でした... もっと読む

震災の朝から始まった

31
3.75

感想・レビュー

テレビでは伝わらない内容もあった 想像が出来ない… 稲垣さんの著書ということで読んだが、やっぱりエッセイの方が彼女の魅力か表現できる もっと読む

老後とピアノ

29
4.11
稲垣えみ子 電子書籍 2022年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失礼ながら50歳を過ぎて、こんなにも真剣にピアノと向き合い、こんなに一生懸命練習に打ち込む人がいるなんて…。 その姿勢にとても感動した。 もっと読む

人生はどこでもドア―リヨンの14日間

26
4.14
稲垣えみ子 電子書籍 2018年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思わず同じところに泊まりたくなってしまいそうでした。2週間のフランス暮らし。とてもリアルに伝わってきました。自分も旅行に出かけたような気分になれる一冊でし... もっと読む

死に方が知りたくて

17
2.67
朝日新聞大阪本社 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聞き手が「稲垣えみ子さん」という事で読んでみました。 印象的だったのは終末医療に携わった医師 布施徳馬 氏の言葉「死を前にしたからといって、価値観が急に... もっと読む

一人飲みで生きていく

13
3.00
稲垣えみ子 電子書籍 2021年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何が原因だったのか忘れてしまったが稲垣さんのことを敬遠していた。 すみませんでした。 わたしも一人でふらっと飲み屋に入りたいけど入れない人なので、いろ... もっと読む

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。

3
4.50
稲垣えみ子 電子書籍 2016年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった。(たまもひさん、ご紹介ありがとうございました!) 著者は元朝日新聞記者でコラムなどを書いていた人。アフロヘア。ウチは読売新聞だし、出演さ... もっと読む
全30アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×