高橋璃子のおすすめランキング

プロフィール

京都大学卒業。訳書に『エッセンシャル思考』『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門』(いずれも、かんき出版)、『ウォール街の物理学者』『強いチームはオフィスを捨てる』(いずれも早川書房)、共訳書に『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 1』(早川書房)などがある。

「2015年 『ザ・ボディ・ブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋璃子のおすすめランキングのアイテム一覧

高橋璃子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』や『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編』や『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編』など高橋璃子の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

5548
4.11

感想・レビュー

本書の紹介で 「紙でもKindleでもずっと売れ続けています!」 「再読する人続出!」 などと書いてあったので、「どーせ、また大げさに言ってるんでし... もっと読む

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

1153
3.70

感想・レビュー

現代の経済について様々な問題提起についてかかれた一冊。 ミクロ経済について政府の政策や企業の戦略、雇用などの社会のシステムについて経済学の観点から著... もっと読む

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

881
3.61

感想・レビュー

スタンフォードで経済学の講義を行う著者のマクロ経済に関する講義をまとめた一冊。 経済成長や政府が行う財政政策、各国の中央銀行が行う金融政策や為替や貿... もっと読む

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

792
4.21
グレッグ・マキューン 電子書籍 2014年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に重要なことを見抜き、力を注ぐ それ以外はノーと言えるようなりましょう と言った話 成功者や著者の話が多く、 同じことが何度もつらつらと書かれている... もっと読む

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

782
3.57

感想・レビュー

経済指標を勉強しようと思って買った本。のちに英語版を購入して読んだが、英語版のほうが本質的に掴みやすいと思う。日本語訳するとやや助長というか、だるい。 もっと読む

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

696
3.79

感想・レビュー

リモートワークについて調べていたところ、本書の存在を知った。どうやらリモートワークについて集中的に書かれているらしい。 まず、筆者の主張が強い。リモート... もっと読む

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

638
3.81

感想・レビュー

2018/03/17読了。ブロックチェーンの未来・ビジネスモデルのアイデアを解説した本である。 まず、ブロックチェーン技術に関しての話であって、仮想... もっと読む

NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法

518
3.55
ガイ・ウィンチ 2016年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心が弱まった様々な状態に、セラピストである筆者が、症状毎にカウンセリングをするという形式で書かれた本。 拒絶、孤独、喪失、罪悪感、など。実際のカウン... もっと読む

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

306
3.80

感想・レビュー

毎年この時期になると広島長崎に関するテレビ番組が増えますが、私は今までたいてい目をそむけていました。 だいたいわかっているし、いい気持ちがしないから。 ... もっと読む

ウォール街の物理学者

247
3.88

感想・レビュー

クオンツの発展の歴史を物理学者に焦点を当てて読み解く。理論の細かいところが丸められ書かれているからか、議論をイメージしにくいところがあった。軽く読める。 もっと読む

GDP――〈小さくて大きな数字〉の歴史

215
3.83
ダイアン・コイル 2015年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代経済小史を通じて、国民経済計算の変遷とこれからの課題についてコンパクトにまとめられた本です(本編は147ページ)。 国民経済計算は、戦争に当たって戦... もっと読む

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

200
3.69
ティモシー・テイラー 電子書籍 2013年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済のことは知っているけれど本質的な理解が足りていない私にとっては非常に良かった 。 もう少し深く書いて欲しいところのあったが、それはこの本役割りではない... もっと読む

ウォール街の物理学者 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

171
3.82

感想・レビュー

タイトルの通り、金融工学の歴史である。 どこかで聞いたことがあるなーという感じで、新鮮味はあまりないかな。 株価という人間の(汚い部分?)行動... もっと読む

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

159
3.29

感想・レビュー

髟キ縺?。ィ鬘碁?壹j縺ョ譛ャ縺?縲 蜿悶j荳翫£繧峨l縺ヲ縺?k縺ョ縺ッ雉?肇10蜆?ラ繝ォ菫晄怏閠??縺?■縲∬?蜉帙〒遞シ縺弱?∝?豁」縺ェ謇... もっと読む

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

146
3.76
ティモシー・テイラー 電子書籍 2013年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミクロ経済版と感想は同じ。経済のことは知っているけれど本質的な理解が足りていない私にとっては非常に良かった 。 もう少し深く書いて欲しいところのあったが、... もっと読む

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1: 2つの世界大戦と原爆投下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

121
4.00

感想・レビュー

映画監督オリバー・ストーンがアメリカ史をテーマにして作ったドキュメンタリーの書籍版。 自由と民主主義の擁護者として語られるアメリカ。 しかし、本書... もっと読む

子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業

107
3.64
ドナリン・ミラー 2015年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 著者はアメリカの小学校の先生であり、受け持ったクラスの子供たち誰もが、1年間で読書好きになっていくという。  子どもを読書好きにするには、「本って... もっと読む

ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメント

97
3.96
アラン・マーレイ 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目的】 リーダー、マネジャーとして活躍しようとする人に対し、グローバルなビジネス社会で活躍するためのマネジメントのエッセンスを伝える。 【収穫】 ... もっと読む

強いチームはオフィスを捨てる

93
3.50

感想・レビュー

リモートワークを積極的に活用している37signalsの創業者が、リモートワークの利点や活用のポイントを解説した本。一時期流行ったノマドワーカーはフリーラ... もっと読む

ブリングリング: こうして僕たちはハリウッドセレブから300万ドルを盗んだ (ハヤカワ文庫 NF 393)

84
3.19

感想・レビュー

2008年から2009年にかけて、18歳前後の若者たちがハリウッドセレブの家に次々と侵入、盗みを行った。彼らはなぜ盗みを働いたのだろう。なぜセレブばかりを... もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする