T.S.エリオットのおすすめランキング

プロフィール

1888年ー1965年 アメリカ・セントルイスに生まれ、1928年、イギリスに帰化。『荒地』を発表、詩人としてゆるぎない名声を確立。1948年、ノーベル賞受賞。

「2015年 『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』 で使われていた紹介文から引用しています。」

T.S.エリオットのおすすめランキングのアイテム一覧

T.S.エリオットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫)』や『荒地 (岩波文庫)』や『魔術師キャッツ―大魔術師ミストフェリーズ マンゴとランプルの悪ガキコンビ』などT.S.エリオットの全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫)

266
3.69
T.S.エリオット 1995年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに、ミュージカルキャッツを見に行ったので、原作本に触れたくなって読んでみました。 猫への愛情と敬意と憧れに溢れた素敵な詩集。 もっと読む

荒地 (岩波文庫)

233
3.65
T.S.エリオット 2010年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…これは評価保留ということで。私の方に読む準備ができてません。 詩そのものの何倍もある注釈を読まないと意味がわからない(というか読んでも良くわからない)... もっと読む

キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科

109
3.68
T.S.エリオット 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫様に相対する心得として読むべしw「猫とジッコンになる方法」とか、ラム・タム・タガーの『したいようにしかしやしない そういうもんさ しかたない!』とかね。... もっと読む

キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命

108
3.65
T.S.エリオット 1988年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文がノーベル賞詩人のT.S.エリオット、絵がエロール・ル・カインの最強コンビに加えて、訳が詩人の田村隆一と、これまた強力な助っ人という贅沢な絵本。タテが1... もっと読む

四つの四重奏 (岩波文庫)

91
4.09
T.S.エリオット 2011年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

T. S. エリオット『荒地』(1922)は、衝撃と感動を読者にもたらすモダニズム詩の大傑作だったが、これはそれ以降の詩作品を集めたもの。 「灰の水曜日... もっと読む

文芸批評論 (岩波文庫)

83
3.47

感想・レビュー

文学作品は、ひとりの芸術家の中で純粋培養されて出来上がるものではなく、その芸術家がそれまでに読み、影響を受けてきた様々な作品や芸術家との関係性の中で形成さ... もっと読む

荒地・ゲロンチョン

31
4.00
T.S.エリオット 1982年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ぼくらの頭脳の鍛え方』 書斎の本棚から百冊(立花隆選)90 世界文学 できれば英語で読むかせめて対訳本で。 もっと読む

寺院の殺人

11
3.67

感想・レビュー

詩劇。歴史的背景まではよく解らぬ。図書館本。 13 もっと読む

エリオット全集 1

7
3.50

感想・レビュー

2016/01ざっと読み。ミュージカル「Cats」の元となる詩が載ってると聞いて。Catsの詩はコミカルで面白かったが、その他は難解で理解できず、結局読み... もっと読む

キャッツ―T.S.エリオットの猫詩集 (1983年)

5
4.00

感想・レビュー

愛情あふれた言葉がいっぱい。 もっと読む

教育の目的とは何か (T.S.Eliot Selected Essays 2)

5
3.00
T.S.エリオット 2011年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと目的にそうものではなかった。 もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする