• Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784990524319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3.11から世の中は変わった。ただ、被災地や福島原発からの距離、また人的、感情的つながり度によって温度差は大きい。私も3.11を過去の出来事のように日常を過ごしてしまっていた。我々も当事者だということを本書が思い出させてくれた。必読です。

  • 本書は読みやすいのですが、骨太な震災特集で、おもに思想や言葉というものにスポットライトを当てて、いろいろな人の意見を収録しています。しかし、脱原発、原発推進の議論はありません。そういう本ではない。震災を近視眼的に見る論考ではなく、マクロにとらえたりする部分も多くあるので、読んでみると、きっと視野が広がるでしょう。そして、あの当時の空気を思い出すことでしょう。

  • 2012/09/04 購入
    2012/09/08 読了

  • 多様な分野で震災について語っている本。

    どの内容も大変興味深いが,特に佐々木俊尚氏の『震災復興とGov2.0,

    そしてプラットフォーム化する世界』は今後の政府(行政)のあり方のヒ

    ントとなる内容でだった。

    また東氏が論じている「喪失を引き受ける」ことは本当に国民が考えなけ

    ればならないことだと思った。

    本の構成がとてもよかった。

  • パラパラ読み直してみたらじっくり読んでしまった。
    一回読んだはずなのに・・・

  • たまたま ではあるが、最近いろんな人と話した内容が書かれていて、もっと早く読むべきだったと後悔

  • 今この記憶として。

  • 佐々木俊尚と猪瀬対談が面白く、参考になった。
    思想関連の本でこんなに売れるってすごい。
    最近、不安が多い世の中で、思想需要が上がっているのかな。

    佐々木俊尚の項で、水平分業のレイヤー化の例
    ・フェイスブックやツイッター
    ・グーグルアドワーズ
    ・アマゾンペイメント(!)
    参考になった。

  • 様々な背景をもつ人達が語るそれぞれの「震災」が書かれている。「震災でぼくたちはばらばらになってしまった」そういう前提があるからこそ今、「ひとつになろう」としてるんだと改めて感じる内容。政治や科学、文学など各分野の専門家が、思想を交わすことで新しい連帯の可能性を生みだそうとしてる部分が特に興味深かった。

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

ツイートする