めっちゃわかりやすい言葉で描かれていて凄い良かった。

2021年5月10日

読書状況 読み終わった [2021年5月10日]
カテゴリ

読書状況 読み終わった [2021年5月3日]
カテゴリ 漫画

読書状況 読み終わった [2020年10月31日]
カテゴリ

視点がころころ変わるのが面白いが、もっと長編のカラクリが効いたどっしりした作品を読みたくもなる。
誰が誰なのか有耶無耶でわからないのも良い。ナカネは最後は日本に戻ってきてほしいなぁ。

2020年9月29日

読書状況 読み終わった [2020年9月29日]
カテゴリ 戦 陸

燻んだ街の景色と煌く音の奔流と、人の感情描写の豊かな事か。終わり方はもっとスッキリしたほうが好きだけれど、人の曖昧さならではの読後感。

2020年9月26日

読書状況 読み終わった [2020年9月26日]

ライトノベル感覚で、展開が早いので読みやすかった。
ホラーというほどホラーではない。

2020年9月26日

読書状況 読み終わった [2020年9月26日]
カテゴリ

最初はよくある話。
途中からオリジナル感のある話になったなと感じられた。連作短編が、最後に長編になるのがよかった。

2020年9月14日

読書状況 読み終わった [2020年9月14日]
カテゴリ 創作
読書状況 読み終わった [2020年9月11日]

予想外の展開だったけど、タイトル通りでした。

2020年7月8日

読書状況 読み終わった [2020年7月8日]
カテゴリ 漫画

WEBでも何回も読み、ついに書籍に手を出した。
書籍の方が読みやすいし、やはり面白い。色々な人の視点で描かれる分、単調にならないし、難しい人間関係がわかりやすい。
黒野が一番好きなキャラです。

2020年7月4日

読書状況 読み終わった [2020年7月4日]
カテゴリ 歴史

かっこいい。設定本のようで滅茶苦茶読んでいて楽しい。
アカシンゴウとテンコが好きです。

2020年6月28日

読書状況 読み終わった [2020年6月28日]
カテゴリ

単独忍び猟。独りで行う狩猟を行っている人の手記。
シカを初めて獲った、イノシシに出会った、イノシシを獲った。山の知らないお話がたくさんで、面白かった。
装備品のお話とか、人それぞれのポイントとこだわりが伺えて興味深かった。

2020年6月28日

読書状況 読み終わった [2020年6月28日]
カテゴリ

相談者も回答者も、どちらも、色んな角度で物事を考えて、それを自分の言葉で説明できる人はすごいなと改めて思った。
どんな年齢の人でも悩みはあるよなと思うと、なんだかそんなもんなんだなと勝手に思ってしまった。

2020年3月14日

読書状況 読み終わった [2020年3月14日]
カテゴリ
読書状況 読み終わった [2019年11月16日]

読書状況 読み終わった [2019年9月14日]
カテゴリ

映画版の小説という紹介だが、冒頭とラストが大きく違う。特にラストは印象が全く変わる展開でびっくりした。個人的には映画版の方が好きだ。

2019年8月24日

読書状況 読み終わった [2019年8月24日]
カテゴリ 戦 海

戦争の悲惨さも描かれてはいたが、全体的にはさらりとした読後感だった。湿っぽく無さ過ぎず、読みやすい。野村が好きだった。

2019年8月17日

読書状況 読み終わった [2019年8月17日]
カテゴリ 戦 空

恐竜の生態の考え方や分類学の話など興味深い。他のものを考えるときにも凄く応用できそう。

2019年5月1日

読書状況 読み終わった [2019年5月1日]
カテゴリ

ヒトラーの読んでいた(持っていた)本の本という題材が面白かった。教科書的なヒトラーしか知らなかったが、当初はアメリカを礼賛していた事や、キリスト教徒と対立していた事など知らなかったヒトラーの側面や、オカルト的な物に走り、そしてそれを信じなくなった過程で自死した事などが興味深かった。

2019年2月20日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年2月20日]
カテゴリ

元極道が主夫になったら。ゆるいギャグ話。
奥さんとの馴れ初めと堅気になった話が気になるかな。

2019年1月15日

読書状況 読み終わった [2019年1月15日]
カテゴリ 漫画

科学捜査研究所の話。筆者が元そうであったようで、細かい部分の設定が良いのと、ドラマでは扱えないような内容もシビアで現実的だなと思った。
この巻だと強姦の末の中絶された胎児のDNA鑑定の話。
胎児は被害者であり、「守られるべき時に守られなかった」という言葉が重たい。

2019年1月12日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年1月12日]
カテゴリ 漫画

呪術廻戦の前日譚。
目の前で交通事故死した幼馴染に呪われた主人公、乙骨。
呪いを怖がるのか、利用するのか、祓うのか。呪術高等専門学校に入る事で、呪いと向き合う様子が良い。
「純愛だよ」が本当に好き。

2019年1月11日

読書状況 読み終わった [2019年1月11日]
カテゴリ 漫画

絵に囚われた人たちは、忘れたかった自分と対峙する。後ろめたい過去、忘れたい罪、逃れたいトラウマ。
それらに挫けてはいけない。それの侵入を許してはいけない。凧葉を中心として、残った人たちがこの屋敷の思惑を知る為に進んでいく。
一方で、緑朗と青一が見た日本の歴代総理が隠していた絵とは。

凧葉の自然体な強さがいいンだろうなぁ。

2019年1月11日

読書状況 読み終わった [2019年1月11日]
カテゴリ 漫画
ツイートする