ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)

  • 281人登録
  • 4.12評価
    • (35)
    • (49)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 宇野朴人
制作 : 竜徹  さんば挿 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2012年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048865593

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  •  俗に言う軍記・戦記ファンタジー作品の一に位置づけられそうな作の第1巻。

     エピローグ前のラストの2人語りで読み続けることを決めた。いったいどんな風に転がしていくのか…。

     サブヒロインをして主人公を「マザコン」と言い切らしめたことには笑ってしまったが…。

     「銀英伝」のヤン・ウェンリーの如き将器と、ラインハルトの如き帝室への怨恨を備えた、女誑し主人公イクタ・ソローク。
     ベッドシーンも含め、真なるドンファンぶりを見てみたいが、さすがに無理かな。

  • ラストで示された主人公の最終目的がありそうでなかった感じで衝撃的。小説とは言えそんな上手くいくのか、そこに至る経緯はどうなるのか、何をもって成功とするのか、この先の展開が非常に気になるー冊です。

  • ビバなまけもの。バンザイ科学。そんなリスク高い作戦で行かなくても、イクタ先生に権力与えて内政させれば解決する気がする!

  • アニメ化を機会に。非常に面白かったです。/主人公を筆頭に主要人物の六人もそれぞれキャラが立っていていいですね。/主人公の繰り出す策略にもご都合主義感や無理矢理感はなく、納得できるように書かれているのが良かったです。今回は圧倒的な勝利でしたが、巻が進むにつれて主人公が苦戦するような相手も出てくるでしょうし、続きが楽しみですね。/挿絵を見た瞬間にトルウェイ君のキャラはいけ好かないイケメンキャラだと確信したんですけど、全く以ってそんなことはなかったです。すごく良い子でした……。/【星4★★★★☆】

  • 「ひねくれた男です。
     ……けれど殿下、真っ直ぐな棒だけでは家も建ちませんから」
    (p121)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    隣国キオカの侵攻に悩まされる熱帯カトヴァーナ帝国。

    優秀な次代の将官を選抜する高等士官試験に、
    怠惰で女好き、戦争嫌いのひねくれ者イクタ・ソロークが臨もうとしていた。
    彼の目的は当然軍人になることではなく、
    この受験も、ある「取引」のためだった。

    しかし演習場へ向かう船が難破し、
    「偶然」そこに乗り合わせていた第三皇女シャミーユの存在が、
    少しずつ運命の歯車を狂わせていく。

    のちに『常怠常勝の智将』と呼ばれる彼の物語は、
    まだ始まってすらいなかったー。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    先日の「俺ガイル」に続いて、
    話題のシリーズに挑戦してみる第二弾。
    このラノでも、いぶし銀な存在感を放つ『アルデラミン』です。
    遅ればせながら祝・アニメ化決定!

    最近では逆に珍しい(?)王道ファンタジー戦記。

    主人公イクタのぶれない「怠惰」さと、
    彼をとりまく面々の立ち位置が絶妙です。
    さらりとキャラの「行く末」を匂わせるのもたまりませんなぁ~

    そして何よりも!
    戦記物として絶対に欠かせない「熱さ」と決戦感が十二分!

    重箱の隅をつつくなら、
    ところどころ会話の言葉遣いが「現代風」で、
    せっかくの世界観から引き戻される気もしますが、
    そんなのは「些細なこと」にしてしまうほど魅力に溢れています!


    帝国の趨勢も気になりますが、
    物語のキーワードでもある「科学」のありかた…
    科学哲学へ踏み込んでいきそうな今後の展開が楽しみです。

    先人の敷いた王道の、さらにその先へ道をつけてくれるのか!?
     それではっ

  • 面白かった~!!
    久々のラノベ大当たりかな
    エロ要素がないのが好感度大
    騎士団仲よしなのもいい

    軍隊もの(国家間の戦争もの)でサバイバルでファンタジー
    なにやら壮大な話の予感

    続きも読みたい!と思った良作でした。

    ブクログはAmazonと提携?を組んでいるからか
    登録するときにセットででてきたりするのがなんだかなと思う

    これも表紙イラストがちがうのはなぜ?
    途中?で変わったの?
    まぁいいけど…

    [追記](なんとなく修正しないで追記にしてみる2月2日)
    挿絵が変わったのはイラストレーターさんの体調不良らしい(wikipediaで目に入った)
    こわいなー無知って怖いなー(わたしのこと)

  • 献本にて頂戴しました。
    冒頭からぐっと引きこまれる入りで、通勤途中に読もうと思っていたはずが、一気読みをしてしまいました。
    世界観や登場人物の紹介も話の中に自然に盛り込まれており、入り込みやすいです。
    また、様々な性格の登場人物がいるのに、どのキャラも素敵で人間味あふれているため、ストーリーはもちろんのこと、今後の人間関係が楽しみです。

  • ファンタジー戦記だけど、この第1巻では、前半はサバイバル、後半は士官学校での演習、光や風、水などの精霊がマスコットみたいについていて各人の属性になっているなど、ゲームと親和性が高いストーリーが展開している。主人公イクタの怠性科学だけでなく、各登場人物も魅力的だった。ラスト近くでこの物語の行く末を暗示する衝撃の野望が語られる。これは、長い話になりそうだ!

  • ブクログの献本企画に応募したら当たりました~。
    正直,ラノベって読まないから,当たって驚いたのなんの。届くまで応募したのを忘れてました。

    ラノベというジャンルを(多くの著者さんには申し訳ないが)毛嫌いしているので,正直気乗りしない中で読みました。
    感想としては,シリーズの1巻として,キャラ,設定ともにわかりやすくて良いんじゃないかと。ただ、主人公イクタがね。「怠け」というキャラ設定で,まぁそういう感じは出てるけど,やるときはやるし,基本人に迷惑かけるような性格じゃなさそうだし。
    うーん。単純に能ある鷹は爪を隠すって感じ。怠けるんだったらもっと徹底的に怠けてほしい。

    でも最後のお姫様の提案は興味深いものなので,機会があったら続きを読んでみようかなー……。

  • 怠け者の主人公がなりたくもない軍人としてのし上がっていくはなし。知略策略軍師ものなんだけど「楽して勝ちたい」という主人公の強い信念から産み出される省エネ戦術が見所。宗教が支配する世界では異端の科学も、主人公にとっては楽をするための手段でしかない。

    とにかくすごいのは文章。台詞も地の文も練りに練られてて読んでて気持ちがいい。
    あとプロットがすごく濃厚。高等士官試験からサバイバル生活して敵軍とやりあって学園に戻って模擬戦やって一捻りあって各キャラの展望を描いてシリーズの最終目標をどーんと提示するのを1冊で綺麗にまとめちゃう。

  • 物語のクライマックスに登場する言葉を借りれば、「全身に鳥肌が立つのを感じた。」といったところだろうか。
    この本について、何よりも特筆すべきはその内容の濃さだ。印象的なプロローグに始まり、息もつかせぬ展開には、読者としてただただ圧倒されるしかない。なにしろ最初に巻き込まれた事件のくだりを読んでいるときは、この事件だけで1巻が終わると思っていたほどなのだ。
    魅力ある文章も物語に華を添えている。主人公イクタが語ってみせる台詞には、登場人物だけでなく読者の私達をも、理屈をすっ飛ばして本能で頷かせる摩訶不思議な力がある。
    その内容の濃さ故に、次巻から内容が薄くなってしまうのではないか――物語が佳境に差し掛かる頃にふと頭をよぎる不安さえも、本書のシメに待っている壮大なストーリーにひとたび触れてしまえば、杞憂だと断言できるだろう。

    こんな本との出会いがあるから、読書はやめられない。最大限の賛辞を込めて、そうエールを送りたくなる一冊。

  • 優秀だけど怠け者な少年がちっちゃいくせに腹黒な王女と
    帝国軍の最高司令官になって目的を果たすために頑張る話.
    の序章.
    出会いとキャラクタ紹介,少年の優秀さの発露.
    そんな感じで.
    今後が楽しみです.

  • 怠け者でひねくれものだが、豊富な知識と優れた頭脳で誰よりも戦略、戦術に秀でる少年が主人公の戦記もの。
    激情家でガキっぽい面を除けば、なかなか好みのタイプの主人公。
    お話も面白い。キャラの魅力も十分。これは期待できそうだ。
    この手のお話では萌え成分が希薄になるけど、まあ話が面白ければいいや。続巻にも期待したい。

    ただ、シャミーユが語る「国を負けさせて栄えさせる」論は正直疑問に思う。
    これって敗戦をバネに高度成長を果たした日本と同じ道を歩ませたいんだろうけど、帝国のような大きな国ではじめからそれを狙って行うってのは無理がないかな。
    日本はやむにやまれず、他に道がなかったからああなったわけで、もしやり直せるなら最善の一手は「敗戦」ではなかったはず。
    ところが、シャミーユは最初から最善の一手として(日本をモデルとしたと思われる)敗戦を選ぼうとしている。
    まあ日本の戦後復興がモデルじゃないのかもしれないけど、どうもこのシャミーユの敗戦論はぴんと来なかった。
    戦線を縮小する方法はいくらでもあるだろうし、政治改革だって出来ないわけではないだろう。
    シャミーユや、今後出世するかもしれないイクタの立場を考えれば、敗戦結論あり気は飛躍しすぎじゃないか?
    シャミーユが女帝になる、軍事クーデターを起こす、民衆革命を起こす、国際連盟を構築する、立憲君主制に移行する、などなど、いくらでもやりようはあるのではないかと。
    どう転んでも犠牲者を出す「敗戦」を最初から目標に定めるこの思想だけは、どうにも頓珍漢で理解しづらいなぁと感じた。
    敗戦により他国から受ける文化、経済、政治哲学といった外圧を利用して帝国を浄化する。
    まさに敗戦後の日本がたどった道ではないか?
    勝ってはならない。ただし負けすぎてもならない。
    上手く負ける。論としては面白いし、結果的にそうなってしまうことはあると思うが、政治や軍事のトップが語っていいことではない。
    これが何の力も持たない街娘と不良生徒の幼いたくらみならまだ面白い。
    が、持ちかけたのが王族の娘で、受けたのは将来有望とみなされた若き士官。
    こんなたくらみに正義はない。
    多くの将兵を死なせる戦争には必ず正義が必要で、わざと負ける戦いに戦争の正義など存在しない。
    しかも、状況的に追い込まれてやむなく負けるための戦いを強いられたリカン中将と違い、シャミーユとイクタは長期的戦略として負けるために、言い換えるなら多くの将兵を死なせるために戦争を起こそうと画策するわけである。これはいけない。
    もっと前にやれることを探るべきだ。
    この極論、飛躍論に飛びつき、そこから先へと思考を進めなかったのは、いかにも度し難い。
    この一点を除けば十分に面白かったんだけど、同考えてもこのエピローグだけはいただけない。
    これさえなければ文句なく★★★★★なんだけど、どうにもこれが受け入れがたくて★★★★★つけづらいな。

    思うに、シャミーユの敗戦論は提示するのが早すぎたんだと思う。
    この敗戦論を読者に披露する前に、説明しておくことがたくさんあったと思うんだよね。

    1.シャミーユが皇帝になる可能性
    まずこれが語られなければ話にならない。
    シャミーユ自身が皇帝になる可能性があるのなら、敗戦論などぶつまでもなく、自ら皇帝となって国を変えればそれでいい。
    つまりは、覇剣の皇姫アルティーナと理想を同じくするわけだ。
    シャミーユの王位継承権については語られた記憶がないんだが、果たしてどうなっているのか。
    現皇帝が急死すれば、政治の有力者がそれぞれ次期皇帝を擁立して覇権争いすることになる、との記述はある。
    その中にシャミーユは含まれるんじゃないか?
    であるのあら、シャミーユ自身が権力者を目指すのが正道だろう。
    血で... 続きを読む

  • 最近の異世界戦記ファンタジーブームの火付け役的な?
    主人公のキャラがラノベにしては意外で、だけど憎めなくてなんか良かった。
    国境を越えるところだけ、ん? ってなったけど、それ以外はちゃんと戦略も練られててよかったです。

  • 今年のオススメラノベ2位(だったかな?)なので読んでみました。主人公のキャラはどっかで見た感じで微妙だけど、けっこう面白い。「騎士団」の今後の活躍に期待。

  • 主人公イクタが怠け者の割りによく動くし、よく喋る。王女もキャラが立てられていない。でもテーマは面白い。

  • ねじまきという副題がまぬけに見せるからやめた方がいいと思う。ファンタジー世界のミラクル・ヤン的な軍事もの。コネを利用し王都で安定した生活を送ることが目標の主人公が、姫を助けたばかりに騎士になり軍人になり姫の野望に巻き込まれる。掴みは上々。

  • 隣接するキオカ共和国と戦争状態にあるカトヴァーナ帝国。
    その国にある事情で嫌々高等士官試験をしようとしている戦争嫌いで怠け者で女好き少年イクタ。
    そんな少年がのちの名将となるとは誰もが予想してなかった。
    戦乱渦巻く世界で生きるイクタ少年の半生を描いた作品。

    最近、こういったファンタジーの作品が増えていて、脱力系の主人公の作品も結構あると思う。
    この作品もその系統なんですけど、構成力、キャラなど頭1つでてる気がします。

    主人公が強いわけじゃないけど、知恵を絞って闘う姿もいいし、脇を固めるキャラ達も一癖、二癖あって読んでいて飽きない。
    変にコメディに走るのではなく、シチュエーションや言葉のやり取りで笑わせられる。
    今後の展開に大いに期待したい作品です!

  • めっちゃくちゃおもしろかった。なによりもメインキャラたちの「底の知れなさ」にとてもワクワクした

  • 評価:☆4.5

    戦乱渦巻く世界を、軍人としての卓越した才で生き抜く少年イクタ。その波乱万丈の半生を描く、早大なファンタジー戦記、ここに開幕!

    いやー面白かったです!
    主人公は知恵が回る無気力系。一見ちゃらけた男のようだけど、的確な指示を飛ばして快進撃を続ける姿は爽快。
    でも過去に自分の父親が軍に殺されてることもあって、時折感情を露わにすることもあるので感情移入も出来るのが良い。

    他のキャラも一巻から十分にキャラが立っていて読みやすかったです。

    そして姫がイクタに示したカトヴァーナ帝国を救う方法がまた面白い!
    そんなの出来るか?と思うのと同時にイクタならやってくれそうな気がするから不思議。
    ここからもどんどん盛り上がっていきそうで楽しみ。

    「……ヤトリ。イクタ・ソロークとは、結局、どのような男なのだ……?」
    「ひねくれた男です。……けれど殿下、真っ直ぐな棒だけでは家も建ちませんから」

  • アルティーナとは違った政治改革の話ってことかな。お姫様てきには。

  • <http://maijar.jp/?q=node/6436>から。率直に言って大当たり。皇国の守護者あたりが好みの人にはお勧め。

  • 異世界ファンタジーの戦記物というと往年の名作「ロードス島戦記」を始め「空ノ鐘の響く惑星で」「火の国、風の国物語」などの傑作がありますが、この「天鏡のアルデラミン」もそのリストに加わってくる作品でしょう。それほど面白く、また今後を期待させる作品でした。

    個人的に、何よりの魅力は主人公イクタのキャラクター。
    基本的に怠けたがりで軍を嫌っており、しかし指揮官としての才能に溢れ軍人の道を歩む様はかの魔術師ヤン・ウェンリーと重なります。。
    まぁ女たらしという点でヤンとは決定的に違うわけだけどw
    「怠け者で女好き」という言い方をするとどうしようもないキャラな気がするけど、そんなイクタが機転を利かせて道を切り開き知を武器に戦に勝利していくのはまさに痛快。
    また、そんなイクタと周りのキャラとの関係も見どころです。
    軍閥の名家出身であるヒロインのヤトリとの信頼関係は他人には計り知れぬところがあり、また12歳にして気丈にふるまう皇女シャミーユとの微妙な距離感も見ていてニヤニヤします。

    キャラだけでなく、集団対集団の模擬選の展開も見事。
    怠けるためには全力を尽くすことを厭わないイクタの部隊捌きは、ドキドキハラハラとはまた違った楽しさがあります。
    「戦術と戦略」に注目する集団戦は銀河英雄伝説を彷彿とさせ、目が離せません。

    極端なジャンル、癖のある主人公故好き嫌いがはっきり分かれそうな作品だけど、それだけに好きな人にはたまらない作品です。
    それこそ往年の名作を引き合いに出すほど。
    今後も楽しみです。

  • 今季このラノのダークホース。
    やっと読みました。なかなか近所に売ってなくてなw

    とりあえず前半の読みづらさは急ぎ足のせいでしょうか?
    とにかく、会話の間に地の文が少なかったり
    急に話が大きく動いてたり、
    もうちょっと余裕のある書き方してほしかったです。
    あの船のくだりとか特にですね。
    え?って思ったら騒いでるみたいな…

    まあ、1巻の終わらせたいポイントと、
    ページ数を考えると仕方の無い処置だったのかもしれませんが。
    なんかイメージとしては『新世界より』の上巻を
    半冊に圧縮したかのようなプレッシャーを感じますw

    じゃあつまらなかったのかと言われるとそんなわけもなく、
    こんだけラノベ仲間の評判が良ければ面白くないわけがなく、
    内容的にもキャラ的にも合わないことはなかった。
    ただ白黒のイラストが微妙だけどな。体描くの下手ね…
    あとヤトリがめだかちゃんみたいww

    後半の展開は評判に違わぬ面白さでした。
    ステレオタイプの嫌な先輩とか、
    ご都合的に主人公の性格がすっぽり嵌まってるとことか、
    まあ、文句のつけどころは探せばありますが、
    探す必要が無いくらいには夢中にさせていただきました。
    面白かったです。

    にしても、タイトルが今後のネタバレっぽく見えるのは、
    俺だけなんでしょうか…??

  • 能ある鷹は爪を隠し怠惰を求めた、主人公のイクタはそんな存在。イクタの軍師としての才能、そして最後に来る姫との会合。この最後の話が良い感じに2巻以降につながっていくんだろうね。

全36件中 1 - 25件を表示

宇野朴人の作品一覧

宇野朴人の作品ランキング・新刊情報

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)のKindle版

ツイートする