スラヴォイ・ジジェクの人気ランキング

プロフィール

1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才。『イデオロギーの崇高な対象』『ラカンはこう読め!』『ロベスピエール/毛沢東』他。

「2015年 『事件! 哲学とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スラヴォイ・ジジェクの人気ランキングのアイテム一覧

スラヴォイ・ジジェクの人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『もっとも崇高なヒステリー者 ――ラカンと読むヘーゲル』や『現代思想2009年1月号 特集=金融恐慌 クラッシュする世界経済』や『絶望する勇気 ―グローバル資本主義・原理主義・ポピュリズム―』などスラヴォイ・ジジェクの全58作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

絶望する勇気 ―グローバル資本主義・原理主義・ポピュリズム―

29
4.67

感想・レビュー

ギリシャは放蕩息子か ギリシャはEUにとどまり これを改革する 義務がある もっと読む

パララックス・ヴュー

47
4.50

感想・レビュー

20100307朝日新聞書評 もっと読む

神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Νύξ叢書)

107
4.33

感想・レビュー

『不完全性を乗り越えることができないのは、それが規定性の可能性の条件であり、したがって――逆説的なことにおいて、究極のメタ理論は存在せず、言語の限界の外に... もっと読む

イデオロギーの崇高な対象 (河出文庫)

80
4.29

感想・レビュー

現代思想界の奇才が英語で書いた最初の書物にして主著、待望の文庫化。難解で知られるラカン理論の可能性を根源から押し広げてみせ、全世界に衝撃を与えた。解説:大... もっと読む

現代思想 2015年3月臨時増刊号 総特集◎シャルリ・エブド襲撃/イスラム国人質事件の衝撃

35
4.29

感想・レビュー

中田考、廣瀬純、ジジェクの文章が面白かった。 いろんな文章を読むほどに自分からそう遠い話ではないと思わざるを得ない。しかし同時に大量の文章がテロリズムに... もっと読む

現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集◎柄谷行人の思想

53
4.25
柄谷行人 2014年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集◎柄谷行人の思想

53
4.25
柄谷行人 2014年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集◎柄谷行人の思想

53
4.25
柄谷行人 2014年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集◎柄谷行人の思想

53
4.25
柄谷行人 2014年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

現代思想 2015年1月臨時増刊号 総特集◎柄谷行人の思想

53
4.25
柄谷行人 2014年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

暴力 6つの斜めからの省察

83
4.00

感想・レビュー

ジジェクの暴力と寛容についての本。ジジェクは政治的な内容よりも映画とかの方が面白いな。 もっと読む

現代思想2011年4月臨時増刊号 総特集=アラブ革命 チュニジア・エジプトから世界へ

46
4.00

感想・レビュー

中東の革命はFBやTwitterといtったネットによって媒介されたネット革命だといわれる。だが、PCも携帯もなかった時代にも人々は街路を埋め尽くして、自由... もっと読む

大義を忘れるな -革命・テロ・反資本主義-

31
4.00

感想・レビュー

すんげー分厚い本。しかも、どうでも良いことしか書いてない。 図書館で借りて、読み飛ばして、すぐに返した。 でも、なんとなく面白い。 ジジェクは政治の... もっと読む

否定的なもののもとへの滞留 ちくま学芸文庫

115
3.80

感想・レビュー

スロヴェニア生れの哲学・精神分析学者であるジジェクは、ナショナリズムの暴走や民族紛争が多発する今日のポストモダン的状況のなか、ラカンの精神分析理論を駆使し... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする