武田砂鉄のおすすめランキング

プロフィール

1982年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年からフリーライターに。著書に『紋切型社会―言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、2015年、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞、2019年に新潮社で文庫化)、『芸能人寛容論―テレビの中のわだかまり』(青弓社、2016年)、『コンプレックス文化論』(文藝春秋、2017年)、『日本の気配』(晶文社、2018年)、『わかりやすさの罪』(朝日新聞出版、2020年)などがある。新聞への寄稿や、週刊誌、文芸誌、ファッション誌など幅広いメディアでの連載を多数執筆するほか、ラジオ番組のパーソナリティとしても活躍している。

「2020年 『災間の唄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田砂鉄のおすすめランキングのアイテム一覧

武田砂鉄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』や『わかりやすさの罪』や『コンプレックス文化論』など武田砂鉄の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす

866
3.61
武田砂鉄 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

CINRA.NET の「フジワラノリ化論」やcakes.mu の「 ワダアキ考」で知ってから、面白い人だなあと気になっていた武田砂鉄さん。去年Bunkam... もっと読む

わかりやすさの罪

455
3.84
武田砂鉄 2020年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新刊が出るたびに すぐに 手が出てしまう著者のお一人 武田砂鉄さん 今回も 十二分に楽しませてもらえました。 もうずいぶん前に 「(世界の、... もっと読む

コンプレックス文化論

293
3.22
武田砂鉄 2017年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとなくパンドラの箱を開けた感があって複雑。失礼極まりないと分かっていながら、つい納得したりディスったり。笑わずに読めと言われたら地獄だ。 もっと読む

日本の気配

284
3.58
武田砂鉄 2018年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いま、最も勢いのあるライターさんではないでしょうか。 3年前、「紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす」を読んで、結構打ちのめされました。 本作も楽... もっと読む

芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり

219
3.35
武田砂鉄 2016年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「テレビを見ていて感じた芸能人へのわだかまりを、じっくり炙って可視化し、精いっぱい受け止める。頼まれてもいないのに、力の限り寛容する。」 白でも黒でもな... もっと読む

往復書簡 無目的な思索の応答

213
3.76
又吉直樹 2019年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ややさん…… もっと読む

紋切型社会 (新潮文庫)

179
3.83
武田砂鉄 2019年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分でも意識せずに使ってたかもしれない言葉、フレーズについて、揚げ足取りと皮肉によってそのモヤモヤした部分がどのように紋切型の働きをしているかを明らかにし... もっと読む

せいのめざめ

174
3.17
益田ミリ 2017年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さらりと読めた。 性に目覚める年ごろの男子・女子の妄想。経験なし、なんだけどもどこからか知識だけは集まってきて、どんどん妄想をふくらませていく様がオモシ... もっと読む

さよなら! ハラスメント

125
3.94
小島慶子 2019年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜハラスメントが起きるのか? ハラスメントのない社会にするために何が必要なのか? 自分にできることは何か? ハラスメントと社会について考えるためのヒント... もっと読む

平成遺産

124
3.36
武田砂鉄 2019年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先に読んだ『コンピュータ、どうやってつくったんですか?』の著者、川添愛さんを辿っていて見つけたもの。 Amazonより抜粋 ・・・・・・・・・・・・・... もっと読む

現代思想 2017年8月号 特集=「コミュ障」の時代

86
3.11
國分功一郎 2017年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「コミュ障の時代」というタイトルはなかなか目を引くが、中身がコミュニケーションの多様な側面について考えた論の集合で、ちょっとスキャンダラスにし過ぎたのでは... もっと読む

現代思想 2018年4月号 特集=現代思想の316冊 ―ブックガイド2018―

71
2.75
檜垣立哉 2018年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各記事の著者のエッセイとして読みやすいものが多かったが、読書ガイドとしては?のつくものも。 もっと読む

わかりやすさの罪

64
3.67
武田砂鉄 電子書籍 2020年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「わかりやすさ」を過剰に求める現代の風潮を戒める本です。 たしかに現代を生きる私たちは、「わかりやすさ」の圧力にさらされています。 企画のプレゼンテー... もっと読む

現代用語の基礎知識 2020 (新創刊)

53
2.50
佐藤優 雑誌 2019年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福島医大蔵書検索 https://www-lib.fmu.ac.jp/opac/ja/search?searchmode=complex&target=l... もっと読む

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005)

52
4.75
雨宮処凛 2020年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 玉石混交のエッセイ集。  ほぼ左派で固められた執筆陣(それ自体に文句は無い)。残念ながら、感染症や公衆衛生やウイルス学が専門の方は含まれていない。その... もっと読む

現代思想 2019年9月号 特集=倫理学の論点23

49
3.00
岡本裕一朗 2019年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【書誌情報】 『現代思想2019年9月号』 特集=倫理学の論点23 定価:本体1400円+税 発売日:2019年8月27日 ISBN:978-4... もっと読む

災間の唄

47
4.50
小田嶋隆 2020年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思っている事、表現される事、そうなんだよ、そうだよな忘れてはいけない。価値ある仕事に感謝します。 もっと読む

映画監督、北野武。

39
4.00
北野武 2017年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落ちこぼれの高校生の青春を描いた映画。 小学生と瘋癲の中年との交流を描いた映画。 芸術家夫婦の喜びと悲しみを描いた映画。 ろう者カップルの夏を描いた映画。... もっと読む

現代思想 2018年2月号 特集=保守とリベラル ―ねじれる対立軸―

31
4.00
大澤真幸 2018年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかすべて読み切れないが、保守とリベラルの意味がなんとなく分かってきた。日本で矛盾が起こる歴史的背景も。 もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×