瀬山士郎のおすすめランキング

プロフィール

1946年、群馬県に生まれる。東京教育大学大学院理学研究科修了。2011年、群馬大学教授を退職。現在、一数学愛好家として活動を続けている。専門は位相幾何学(トポロジー)。
『バナッハ‐タルスキの密室』、『トポロジー 柔らかい幾何学』(いずれも日本評論社)、『基礎の数学 線形代数と微積分』(朝倉書店)、『「無限と連続」の数学 微分積分学の基礎理論案内』(東京図書)、『はじめての現代数学』(早川書房)、『なっとくする集合・位相』、『ゼロから学ぶ数学の1,2,3』、『ゼロから学ぶ数学の4,5,6』(いずれも講談社)など、好評著書多数。数学を楽しんでもらうことを執筆のモットーとしている。

「2019年 『数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬山士郎のおすすめランキングのアイテム一覧

瀬山士郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『はじめての現代数学 (数理を愉しむ)シリーズ (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)』や『読む数学 (角川ソフィア文庫)』や『はじめてのトポロジー (PHPサイエンス・ワールド新書)』など瀬山士郎の全84作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

はじめての現代数学 (数理を愉しむ)シリーズ (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

393
3.30
瀬山士郎 2009年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい数学の話を理解してみたいと思い読んでみた。 実際には正直難しいというのが感想である。 第2章まで2度読んでみて、1章はなんとか理解できたものの、... もっと読む

読む数学 (角川ソフィア文庫)

174
3.00
瀬山士郎 2014年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰に向けた本だろうか? 数学が苦手で、それでもそのエッセンスを噛み砕いて説明してもらえることを期待して手に取ったが、ところどころに分かりやすい説明はある... もっと読む

はじめてのトポロジー (PHPサイエンス・ワールド新書)

161
3.57
瀬山士郎 2009年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トポロジーの考え方の基礎がまとめられた本。 とてもわかりやすく、全く知らない状態でも容易に理解ができた。 もっと読む

数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで (ブルーバックス)

144
3.59
瀬山士郎 2019年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初の方の、「算数の計算だって証明の一種だ」ってのにはっとさせられた。なるほどそのとおり。ちなみに算数は数学の幼名です。 もっと読む

数学記号を読む辞典 (知の扉)

121
3.33
瀬山士郎 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数学記号について解説された本。 小学生レベル~大学生レベルまで。 自分は高校生ですが、前半は簡単で後半は難しく(年相応?笑) 少し読み応えがなかった... もっと読む

数学 想像力の科学 (岩波科学ライブラリー)

88
3.58
瀬山士郎 2014年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うすい本だが内容はつまっている。 「数学とは何か」についての本だが、数学者がこうした言わば哲学的な題材について正面から書いた本はそれほど多くない。 数... もっと読む

「無限と連続」の数学―微分積分学の基礎理論案内―

87
3.69
瀬山士郎 2005年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書の目的は、「実数の連続性」や「関数の連続性」という概念を、直観に頼らず厳密に捉え直すことにある。これらは、高校数学では感覚的な理解にとどめているが、大... もっと読む

なっとくする集合・位相 (なっとくシリーズ)

78
3.57
瀬山士郎 2001年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主に集合論の基本について書かれた本。カントールやラッセルによる革命的な提唱と、その時代の反発について触れられている点は、堅苦しい教科書とは一線を画していて... もっと読む

不可能を証明する 現代数学の挑戦

75
3.44
瀬山士郎 2010年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不可能を証明する 現代数学の挑戦 もっと読む

トポロジー:柔らかい幾何学

62
4.13
瀬山士郎 2003年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初に読むのに適していると思います。 意味を理解しながら、自分で手を動かして読み進めることで、ホモロジーの計算を習得できます。 もっと読む

読む数学 (角川ソフィア文庫)

50
3.25
瀬山士郎 電子書籍 2014年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

-1 × -1 = 1がなぜ正しいのかを説明できない人にはちょうど良い本。また、一般人(大学の数学科を卒業していない人)が習ってきた数学に、多くの強要や嘘... もっと読む

幾何物語―現代幾何学の不思議な世界 (ちくま学芸文庫)

47
3.50
瀬山士郎 2007年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 幾何学は目で見える物を扱うため、おそらく一番とっつきやすい数学でしょう。しかしある程度高度な幾何学になると、もはや視覚的には理解しきれない抽象化された世... もっと読む

読むトポロジー (角川ソフィア文庫)

40
3.67
瀬山士郎 2018年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第5章の半ばから、全く想像がつかなくなっちゃったけど、興味深かった。 第7章まで理解できるようになりたいので、また色んな本を読んでリトライしよう。 もっと読む

ぐにゃぐにゃ世界の冒険 (たくさんのふしぎ傑作集)

34
4.55

感想・レビュー

数学者と、手塚治虫に憧れる漫画家によるトポロジーの絵本。 ぐにゃぐにゃ世界には、物質は大別して二つしかない。丸と浮き袋だけ。浮き袋の穴の数は、元々そ... もっと読む

はじめてのトポロジー (PHPサイエンス・ワールド新書)

29
3.43
瀬山士郎 電子書籍 2009年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幾何学とはなにか、というあたりの解説もしっかりとしていたので、忘れかけていたトポロジーと次元の知識についてそれなりに思い出すことができた。 解説も「... もっと読む

[SiBOOK]これでなっとく! 数学入門 (サイエンス・アイBOOK)

28
3.00
瀬山士郎 2009年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わかりやすいかといえば、そうでもない。 難しいかといえば、そうでもない。 本の内容が中途半端なのか、自分の理解が浅いのか。 もうちょい数学の本質をつかまな... もっと読む
全84アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×