熊谷晋一郎のおすすめランキング

プロフィール

1977年生まれ。新生児仮死の後遺症で脳性まひに。以後、車いす生活となる。東京大学医学部卒業。小児科医、東京大学先端科学技術研究センター准教授。著書に『リハビリの夜』、共著に『発達障害当事者研究』『つながりの作法』『ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」』などがある。

「2018年 『子どもの人権をまもるために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊谷晋一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

熊谷晋一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)』や『つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく (生活人新書)』や『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)』など熊谷晋一郎の全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

リハビリの夜 (シリーズ ケアをひらく)

334
4.06
熊谷晋一郎 2009年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んでいるあなたと一緒に転倒したい。ケアを生業にしている人は必読だろうか。 優れた精神科医だったミルトン・エリクソンがポリオで小児麻痺だった事か... もっと読む

つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく (生活人新書)

328
4.03
綾屋紗月 2010年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アスペルガー症候群と脳性まひというそれぞれの障害によって、世界や他者との「つながり」に困難を抱えてきた二人の障害当事者が、「マイノリティのコミュニティにお... もっと読む

発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)

237
4.05
綾屋紗月 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アスペルガーの当事者である綾屋さんが、自分の内面を学問的に分析しようと試みたものである。 体の内側の声や、他者と自己の像のあいまいさなど、当事者であれば... もっと読む

当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)

130
4.00
綾屋紗月 2013年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当事者研究の研究。当事者研究の概要や当事者研究の意義、当事者研究の重要性がわかりやすくまとめられた良書です。何事も自分の価値観や常識だけで傲慢に決めつける... もっと読む

ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」

112
3.84
熊谷晋一郎 2013年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筆者は痛みに襲われたことで、自分の身体に関する予期を失う経験をした。予期の喪失と不確実性からの回復がどのようにして得られるのか模索、そのための対談。痛みを... もっと読む

子どもの人権をまもるために (犀の教室)

77
3.67
木村草太 2018年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架 369.4A/Ki39k//K もっと読む

現代思想 2016年10月号 緊急特集*相模原障害者殺傷事件 (青土社)

61
4.11
上野千鶴子 2016年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年7月26日、相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件について、様々な立場の人が論考を寄せている。優生思想から述べているのが多い。 ... もっと読む

ソーシャル・マジョリティ研究: コミュニケーション学の共同創造

51
3.00
綾屋紗月 2018年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

類書にないアプローチで、新鮮だった。 むずかしくて理解できないところもあった。 理解はできるけど納得できないところもあった。 すべてあわせる必要はないよな... もっと読む

現代思想2010年10月号 特集=臨床現象学 精神医学・リハビリテーション・看護ケア

33
4.40
木村敏 2010年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木村哲学を自ら解説する一本目と、現象学の方法を問うた二本目と良い対談。フーコーの精神医学講義についての論文も面白いが難解。他のも読みにくそうでまた追々。 もっと読む

現代思想2011年8月号 特集=痛むカラダ 当事者研究最前線

32
4.00
熊谷晋一郎 2011年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二年前のこと、筋トレをしていて突然頭部に痛みを感じた。激痛であり半時間は動けなかった。医者が嫌いなので2週間はそのままにしておいたが痛みが少しは退いたがど... もっと読む

現代思想2010年12月号 特集=新しい依存症のかたち 「回復」へのプログラム

23
4.67
信田さよ子 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほとんどアルコール依存症の文が多い。食の病について書いた文はひとつ。 「愛のキアスム 食の病と依存」 野間俊一 ~本来一つであるはずの自己。食を病む者に... もっと読む

現代思想 2017年5月号 特集=障害者 ―思想と実践―

22
3.75
熊谷晋一郎 2017年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり読み応えのある内容。思想と実践、と副題にあるように、多様な立場や視点から障害者について語られる。熊谷氏、杉田氏の対談、坂川氏のインタビューは何度も読... もっと読む

ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」

5
5.00
熊谷晋一郎 電子書籍 2012年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未踏の社会に対して,失敗しつつも一歩を踏み出しつづけられるのは,どこかで社会のこと,他人のことを信頼している子供です。その,いわば根拠なき他人への信頼は,... もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする