川内有緒のおすすめランキング

プロフィール

川内 有緒/ノンフィクション作家。1972年、東京都生まれ。日本大学藝術学部卒業後、米国ジョージタウン大学で修士号を取得。米国企業、日本のシンクタンク、仏の国連機関などに勤務後、ライターに転身。『空をゆく巨人』(集英社)で第16回開高健ノンフィクション賞を受賞。著書に『パリでメシを食う。』(幻冬舎)、『パリの国連で夢を食う。』(同)、『晴れたら空に骨まいて』(ポプラ社/講談社文庫)など。https://www.ariokawauchi.com

「2020年 『バウルを探して〈完全版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川内有緒のおすすめランキングのアイテム一覧

川内有緒のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『パリでメシを食う。 (幻冬舎文庫)』や『パリの国連で夢を食う。』や『パリの国連で夢を食う。 (幻冬舎文庫)』など川内有緒の全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

パリでメシを食う。 (幻冬舎文庫)

1587
4.15
川内有緒 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生って自由なんだなあ、、と大げさかもしれないけど目から鱗の落ちた気分。ここに出てくる人たちは、自分と向き合って、厳しさも受け入れて、その対価として好きな... もっと読む

パリの国連で夢を食う。

584
3.88
川内有緒 2014年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

憧れていた職業に就いても 実際の仕事は思ったより地味で 憧れていた「華やかさ」はその仕事のごく一部だけだったと気付く。 国連に限らず、世の中の「憧れの仕事... もっと読む

パリの国連で夢を食う。 (幻冬舎文庫)

485
4.14
川内有緒 2017年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢を叶えた自叙伝ですが、本当に映画の様な人生で、川内さんの魅力にあっという間に引き込まれてしまいました。 はあちゅうさんの解説もとても素敵です。 「大き... もっと読む

空をゆく巨人

274
4.28
川内有緒 2018年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志賀さん。こういう人の飛び抜けた強さ優しさのおかげで、かろうじて世界の帳尻が合ってる気がする。 もっと読む

バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌

149
4.10
川内有緒 2013年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バングラデシュに口伝で伝わる歌がある。その名は「バウルの歌」。18世紀から19世紀にかけて生きた伝説の男、ラロン・フォキルが残した膨大な数の歌だ。 ... もっと読む

バウルの歌を探しに バングラデシュの喧騒に紛れ込んだ彷徨の記録 (幻冬舎文庫)

146
4.15
川内有緒 2015年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解説で高野秀行さんが、「酸欠になった肺に新鮮な空気がいっぱい入ってくるような爽快感」と書いている、まさにその通りの読後感だった。これ見よがしの感じが全くな... もっと読む

晴れたら空に骨まいて

138
3.86
川内有緒 2016年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

故人の骨を撒いた人たちの話。 私は死んだら骨を撒いてほしくて、この本を読んだ。 でてくる人たちはみんな違う人生だけど、好きなことやって、生きぬいた人たちだ... もっと読む

晴れたら空に骨まいて (講談社文庫)

70
3.43
川内有緒 2020年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切な人との出会い、別れ、それらの体験を通して、力強く歩み続ける5つの家族をめぐるノンフィクション。 話しの組み立てかたが、ところどころで引っかかる... もっと読む

バウルを探して〈完全版〉

53
4.64
川内有緒 2020年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バングラデシュのことを知りたいと思い、手に取った本。 著者川内有緒さんの本は読んだことがあった。高倍率を見事に突破してパリで国連職員として働き、身分も悪く... もっと読む

パリの国連で夢を食う。 (幻冬舎文庫)

47
3.70
川内有緒 電子書籍 2017年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある国連機関のパリ本部で5年半勤めた著者の体験を基にしたエッセイ。役所などからの派遣でなく、一般公募で始まったところに通常なら並々ならないものを感じるのだ... もっと読む

パリでメシを食う。 (幻冬舎文庫)

42
4.00
川内有緒 電子書籍 2010年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルから、料理人とか飲食業の人たちかと思っていたら、そうではなく、メシが食えている、つまり、パリで生活できている人、っていう意味で、いろいろな職業の人... もっと読む

バウルの歌を探しに バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録 (幻冬舎文庫)

25
4.44
川内有緒 電子書籍 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解説で高野秀行さんがほめている、というのをこちらのレビューで読んで(たまもひさん、ありがとう)、それはぜひ読まねば!と。いつもいうようにわたしは旅、それも... もっと読む

母の友 2015年7月号

13
3.50
東直子 雑誌 2015年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうそろそろ夏も終わりますが、7月号。 そして夏休みを意識しているのか、野山で遊ぶ特集です。 「山と料理」 スープのもとも、味噌玉もおいしそうだ... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×