大泉実成のおすすめランキング

プロフィール

1961 年東京生まれ。ノンフィクション作家。中央大学大学院哲学科修了。『説得』で第11 回講談社ノンフィクション賞受賞。『人格障害をめぐる冒険』(草思社)、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『萌えの研究』(講談社)、『夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く』(講談社文庫)、『ではまた、あの世で 回想の水木しげる』(洋泉社)ほか多数。編著に『本日の水木サン』(草思社)などがある。

「2017年 『オタクとは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大泉実成のおすすめランキングのアイテム一覧

大泉実成のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『文庫 説得 エホバの証人と輸血拒否事件 (草思社文庫)』や『消えたマンガ家 (¥800本)』や『消えたマンガ家―ダウナー系の巻 (新潮OH!文庫)』など大泉実成の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

文庫 説得 エホバの証人と輸血拒否事件 (草思社文庫)

80
4.17
大泉実成 2016年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学2年の時、比較的仲のいいクラスメイトがいた。絵を描くのが 上手だったので、好きな漫画の登場人物を描いてもらったりして いた。 3年生に... もっと読む

消えたマンガ家 (¥800本)

79
3.18

感想・レビュー

浅い取材と考察が軽薄な文体で書かれるので時間つぶしにはちょうど良い。 もっと読む

消えたマンガ家―ダウナー系の巻 (新潮OH!文庫)

68
3.47

感想・レビュー

非常に面白い。鴨川つばめのマンガに対するあまりにも真摯な姿勢にあらためて驚くとともに、今ではマンガを書くということにこれほどの生活におけるギリギリ感は要求... もっと読む

萌えの研究

63
2.86

感想・レビュー

実録ノンフィクション。消えた漫画家のような面白みはなかった。 もっと読む

裸のJリーガー

53
3.27
大泉実成 2018年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サッカーを一生の職業とすることの厳しさが分かる。 松田直樹の年俸問題での首切り、奥大介、コーチになった後の悲劇など、有名なもののインパクトもやはり大きい... もっと読む

消えたマンガ家―アッパー系の巻 (新潮OH!文庫)

50
3.40

感想・レビュー

とりいかずよしはインテリだね。しこを踏み美内すずえは笑った。 もっと読む

さらば、ヘイト本! 嫌韓反中本ブームの裏側

50
3.33
大泉実成 2015年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近所の本屋に注文して取り寄せてもらった。でも注文するとき「あれ、在庫ありますけど」って言われたそうだ(注文には彼女に行ってもらった。わたし、そういうの超苦... もっと読む

Hard After Hard(ハード・アフター・ハード) かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語

47
3.44
大泉実成 2013年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み物としては面白い。 飽きずに読めた。 サッカーを終えた人はどのような生活をしているのか。 あの人は今。のサッカー選手版。 それぞれの章の最後にうまいこ... もっと読む

オタクとは何か?

45
3.17
大泉実成 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて読んだ。エヴァを履修していないのでわからない部分が割りとあった。筆者が自らオタク生活をして取材をするという自分にとっては斬新な話でレンタ... もっと読む

フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方

40
3.63
大泉実成 2011年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中田英寿という才能について再確認させて貰った。 もっと読む

説得―エホバの証人と輸血拒否事件

39
4.00

感想・レビュー

この本を買うきっかけは知人がエホバの証人に勧誘されていたから。 信じるとは何なのか、救われるとは何なのかというのを考えさせられた。 信仰と現実世界の生... もっと読む

消えたマンガ家 (2) (¥800本 12)

38
3.38

感想・レビュー

再読。 「Quick Japan」の連載から。 タイトルのとおり、漫画家の追跡本。 とりいかずよし、ふくしま政美、山本鈴美香、美内すずえ... もっと読む

東京サイテー生活―家賃月2万円以下の人々 (講談社文庫)

30
3.40

感想・レビュー

低い評価もあるようですが、自分が東京で暮らすことを決めた時に背中を押してくれた思い出の本なので、☆5つです。 もっと読む

水木しげる80の秘密 (怪BOOKS)

30
3.54

感想・レビュー

水木大先生80歳記念の豪華本。 もっと読む

説得―エホバの証人と輸血拒否事件 (講談社文庫)

29
3.33

感想・レビュー

もし子供が自分の意志で輸血を拒んだとして、その決断は尊重されるべきなのか。親がエホバの証人で、周りが信者ばかりの環境で育ってきたその子の考え方は、成長して... もっと読む

人格障害をめぐる冒険

27
3.11

感想・レビュー

人格障害について、決して専門家ではないノンフィクション ライターの書いた本ということで、また違う視点からこの 問題を捕らえることが出来るかと思って借り... もっと読む

麻原彰晃を信じる人びと

26
4.20

感想・レビュー

あらゆる問題を単純化して、巨悪として蓋をする(思考停止する)。そんなマスコミ的態度とは一線を画した、歴史的犯罪とその主犯となった教団について、超至近距離か... もっと読む

宮崎駿の原点―母と子の物語

25
4.00
大泉実成 2002年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人的な意見だけど宮崎駿と庵野は似てる部分がある どちらも家庭環境に問題がありそれが作品に現れている ほんとに個人的な、アレだけど もっと読む

消えたマンガ家〈3〉 (¥800本)

23
3.25

感想・レビュー

【安部慎一】 ガロは読んでなかったので(なんか、ハマルと怖い気がして避けてました;) 初めて知った劇画家さんです。 つげ義春が大絶賛というエピソード... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×