木原武一のおすすめランキング

プロフィール

1941年、東京に生れる。東京大学文学部ドイツ文学科卒業。著書に『ルイス・マンフォード』(鹿島出版会)、『大人のための偉人伝』『天才の勉強術』『人生を考えるヒント』『ゲーテに学ぶ幸福術』『人生に効く漱石の言葉』『死亡率百パーセントを生きる』(以上、新潮社)、『孤独の研究』『人生最後の時間』(PHP研究所)、『ぼくたちのマルクス』(筑摩書房)、『ゲーテ一日一言』(海竜社)など。訳書に、マンフォード『権力のペンタゴン』『解釈と予測』(共訳、河出書房新社)、『聖書の暗号』『ロゼッタストーン解読』(新潮社)など。

「2014年 『大人のための日本の名著50』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原武一のおすすめランキングのアイテム一覧

木原武一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)』や『天才の勉強術 (新潮選書)』や『大人のための偉人伝 (新潮選書)』など木原武一の全75作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)

297
3.39

感想・レビュー

イギリスとフランスは仲悪いが、イギリス人が史実を客観的にまとめ上げている点に注目した フランス革命期の激動の時代背景や、当時の人々の感性が良く見て取れる ... もっと読む

天才の勉強術 (新潮選書)

165
3.55
木原武一 1994年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もしかしたらそんなに遠い存在ではないかもしれないと希望が湧いてくる。 子育てをする親にも読んで欲しい。 もっと読む

大人のための偉人伝 (新潮選書)

145
3.56
木原武一 1989年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偉人伝、読みたいけれど、何を読んでいいのかわからない。 そんな状態が数年続いてました。 ようやく出逢った1冊って感じです♪ <シ... もっと読む

要約世界文学全集1 (新潮文庫)

86
3.31
木原武一 2003年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2巻目を先に読んでの読了。 名作とはいえとっつきにくい世界文学的な海外小説への入口やあらすじの簡単な把握という面から役に立つ一冊。面白かった数編は今後読... もっと読む

聖書の暗号―コンピュータ・プログラムが解読する3000年前に封印された予言

77
2.95

感想・レビュー

巻末にある、聖書解析法について数式を用いての説明はよくわからない。なので、この本の信憑性はわからない。内容がワールドワイドなので、この本から何かを学ぶとい... もっと読む

人生を考えるヒント―ニーチェの言葉から (新潮選書)

71
3.76

感想・レビュー

彼の箴言だけを読むと、判ったような判らないような文も多く、つい飛ばし読みになってしまうことがあります。そういう時は、その道に詳しい人のコメントがあると理解... もっと読む

大人のための世界の名著 必読書50

66
3.71

感想・レビュー

 いろいろな名著を紹介する本を読みましたが、この本が一番どの本でも共通して押さえている物を取り上げていて、解説がわかりやすい。  この本は図書館で見... もっと読む

続 大人のための偉人伝 (新潮選書)

64
3.43
木原武一 1991年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人のための偉人伝の続編。前編は日本でよく知られている偉人を取り上げていましたが、この本では著者が尊敬する9人の人物が取り上げられています。 最初に紹介... もっと読む

大人のための世界の名著50 (角川ソフィア文庫)

61
3.67
木原武一 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

選ばれている名著もバランスがよく、幅広い分野から選ばれており、納得のいくものである。 1冊において、著者、作品紹介、内容の概略、著書からの抜粋、著書の判... もっと読む

聖書の暗号 (新潮文庫)

61
2.96

感想・レビュー

敢えてオカルトというカテゴリにしてみました。オカルトとは「隠された」という意味で、所謂、秘教や密教といった、一般信者に対する教えとは全く違う、能力ある進化... もっと読む

要約世界文学全集2 (新潮文庫)

55
3.22
木原武一 2003年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

で、これも隙間時間読書として、かなりじかんをかけて読了。全体的に、1よりも知名度が若干下がる作品が収められている気も。自分の知識不足だけかもしれない。感想... もっと読む

快楽の哲学―より豊かに生きるために (NHKブックス No.1166)

46
3.13
木原武一 2010年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015.4.12欲望、快楽、幸福という視点から人間を哲学した本。欲望は幸せを与えてもくれるが、同時に破滅をもたらす危険性もある。天使にもなれば、悪魔にも... もっと読む

大人のための日本の名著50 (角川ソフィア文庫)

42
3.29
木原武一 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

開拓できるものはまだまだある、と読んでいて思う。同時に、日本人によって書かれた書籍のほうが自分にとって読みにくい所以とは何か?と思ってしまう。 もっと読む

田舎暮らしと哲学

42
3.40
木原武一 2017年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

之を知る者は、之を好む者に如かず、之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。 知識を愛し、生活を楽しむ著者の暮らしぶりが、何だか心落ち着く。 ところで、第二の人... もっと読む

ロゼッタストーン解読

32
3.67

感想・レビュー

個人的にはロゼッタストーン解読からその結果までを知りたくて入手したのだが、時のフランス政治のドサクサ記事が多すぎてなかなか集中できずに1年以上経った今でも... もっと読む

人生に効く漱石の言葉 (新潮選書)

26
3.60

感想・レビュー

漱石の言葉は私のこころの奥に深く浸み入ってくる。私も「木曜会」に参加して、黙って漱石と門人たちの会話を聞いていたい。 内田百閒の『漱石先生臨終記』の一節に... もっと読む

孤独の研究 (PHP文庫)

25
3.54

感想・レビュー

父の本棚にて。 「孤独」に対する見方が変わった……というより、読みたい本、知りたい人が増えた、という感じ。 プルースト、ずっと読みたかったけれども... もっと読む

哲学からのメッセージ (新潮選書)

21
3.57

感想・レビュー

著者は東大独文科卒の著述、翻訳家。テーマは、四十を過ぎてからの哲学再考で、カント、デカルト、ニーチェ、キルケゴール等の哲学を、哲学者の人生にフォーカスし豊... もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする