赤城毅のおすすめランキング

プロフィール

1961年、東京都生まれ。立教大学卒業後、ドイツに留学。帰国後、大学講師として教鞭をとるかたわら、1998年に『魔大陸の鷹』でデビュー。その面白さに、田中芳樹氏、荒俣宏氏らがお墨付きを与えた。近著に『氷海のウラヌス』『書物審問』『天皇の代理人(エージェント)』などがある。

「2013年 『書物奏鳴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤城毅のおすすめランキングのアイテム一覧

赤城毅のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『書物狩人 (講談社ノベルス)』や『書物狩人 (講談社文庫)』や『書物迷宮 (講談社ノベルス)』など赤城毅の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

書物狩人 (講談社ノベルス)

227
3.49
赤城毅 2007年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 シリーズ第1作目。  表に出れば、国を、政治を、歴史を揺るがしかねない秘密をはらんだ本を、合法非合法を問わず、あらゆる手段を用いて入手する書物狩人・ナ... もっと読む

書物狩人 (講談社文庫)

182
3.66
赤城毅 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中編集。 古書に関わるミステリーというか、謀略小説的な感じ。 タイトルほどには古書そのものの秘密がどうこうする感じではなく、どちらかというと歴史ミステ... もっと読む

書物迷宮 (講談社ノベルス)

140
3.51
赤城毅 2008年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作に引き続き、面白く読ませてもらいました。続編も読みたいです。 あとがきの古本屋さんのエピソードが良かったです(笑) もっと読む

天皇の代理人

111
3.46
赤城毅 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安易なタイトルだと思いました(汗)。 昭和の終戦間際の危険な空気感はいいですね。今の日本よりよっぽどグローバルだったなと。 もっと読む

書物法廷 (講談社ノベルス)

110
3.78
赤城毅 2010年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書物狩人シリーズの3作目。短編なので集中力にかけてても面白く読ませてもらった。なんか因縁の相手みたいなのが出てきてさらなる展開がありそうな感じ。 もっと読む

書物幻戯 (講談社ノベルス)

107
3.44
赤城毅 2011年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんかこの作者さんの文章と相性がいいのか、サクサク読めるこのシリーズ。長編なので心配したけど、そんな必要なかった。宿敵みたいな人が現れてますます展開が、楽... もっと読む

書物輪舞 (講談社ノベルス)

104
3.53
赤城毅 2011年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 書物狩人シリーズ、第5弾。  長編でまとめた前作から、再び短編集スタイルへと戻った今作もまた、変わらぬ安定感と質の高さを誇る。  ルーマニアのチャウ... もっと読む

書物審問 (講談社ノベルス)

98
3.38
赤城毅 2012年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本にはさまざまな価値がある。 純粋に内容に価値が置かれるもの。 初版本など入手しにくいために稀少価値となったもの。 豪華な装丁に価値のあるもの。 価値のあ... もっと読む

書物迷宮 (講談社文庫)

95
3.85
赤城毅 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作より好きかも。 主人公のキャラは全然違うのに、稀覯本の意味や価値なんかが、なんとなくルパン三世みたいだと思ってしまった。 もっと読む

紳士遊戯 (カッパ・ノベルス)

84
3.47
赤城毅 2002年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014年8月24日に行われた、第18回ビブリオバトルin生駒で発表された本です。テーマは「祭」。 もっと読む

書物奏鳴 (講談社ノベルス)

79
3.59
赤城毅 2013年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 米国では現在、情報機関「米国家安全保障局」(NSA)によるテロ対策を名目にした電話の通話記録やインターネットのメール送信などでの極秘の個人情報収集プログ... もっと読む

帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (光文社文庫)

71
3.17
赤城毅 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京を帝都とよんでいた時代が舞台ですよ。大正ろうまん♪ 主人公は嫌なことは後回し、洋行帰りの青年探偵。 探偵事務所の住人はべらんめぇ口調の美少年スリと... もっと読む

書物紗幕 (講談社ノベルス)

65
3.46
赤城毅 2014年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 書物狩人シリーズ、最終巻(?)。  五島列島の旧家に伝わる書物の鑑定に招かれた先で、連続殺人事件が起こる。  書物偽造師との因縁の由来と決着が主軸に... もっと読む

書物法廷 (講談社文庫)

64
3.67
赤城毅 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作よりは読みやすくなりました。ライバルが登場。今後の展開にふくらみが。 同業者・仲間をもっと出してほしい。そして、あわてふためく主人公が見たいなぁ。 ... もっと読む

贋作遊戯 (カッパブックス・カッパノベルス)

60
3.38
赤城毅 2004年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「紳士遊戯」に続くコン・ゲーム小説第二弾。  今回は主人公の師匠の影が薄く、好敵手となるのは、師匠の古馴染みである夫人の一番弟子。  敏腕なライバル... もっと読む

帝都探偵物語〈1〉人造生命の秘密 (C・NOVELSファンタジア)

58
3.40
赤城毅 1998年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テンポが良くてぐいぐい読まされる。一気に読了。面白かった!トイレに持ち込んだ甲斐があったってもの。話自体はおお新しい、新鮮!って程のものではない。でもさく... もっと読む

中欧怪奇紀行 (講談社文庫)

55
3.42
田中芳樹 2003年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田中芳樹と赤城毅による、対談と短編。 ドイツについて語っているかと思いきや ドラキュラやら人狼やらの話まで。 朝昼晩、と話を変えているので、それ... もっと読む

青鱗館の恐怖 帝都探偵物語 (カッパ・ノベルス)

52
3.21
赤城毅 2006年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は蛇女の話。 家族仲がいいのは大切だけど、愛情表現を間違えるととんでもない悲劇が起こるもの。 青鱗館は実在したのかすごく謎。 もっと読む

帝都探偵物語〈2〉闇を呼ぶ人狼 (C・NOVELSファンタジア)

47
3.21
赤城毅 1999年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ二作目。 前作と比べるとインパクト薄め。 ベタな流れで余り印象に残らず。。 けれど、読みやすさではピカイチなので 難しい事を考えず読書... もっと読む

血文字GJ―猫子爵冒険譚 (ノン・ノベル)

45
3.29
赤城毅 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カバー&本文イラスト / 有賀 ヒトシ 装幀 / かとう みつひこ 地図 / 三潮社 もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

赤城毅に関連する談話室の質問

ツイートする