作品紹介・あらすじ

あいちトリエンナーレ2019、日本学術会議 会員任命拒否、検察官定年延長、加計学園問題……今、起きている出来事の本質を見抜くための論考集。

「百人組手で知性を鍛え、不当性に抗う訓練になる一冊」――荻上チキ(評論家)

あらゆる「自由」が失われつつある中で、研究者・作家・芸術家・記者などが理不尽な権力の介入に対して異議申し立てを行う。
少しでも声を上げやすい世の中になるようにと願って26名の論者が集い、「自由」につい根源的に掘り下げる。
批判的思考を養うための書!

【本文より】
表現の範囲がどんどん狭まっている――ヤマザキマリ

批判精神に欠けた学者に囲まれた政府は、端的にいって災厄――藤原辰史

アーティストやタレントが政治的な発言をするたびに、猛バッシングを受けますが、彼らも市民の一人です。政治的発言をしてはならない理由がわかりません――上野千鶴子

私たち日本人は「自由は取扱いの難しいものだ」という実感に乏しいように思われる――内田樹

【目次】
第一章 切り崩される学問の自由
藤原辰史(歴史学者) それは何か信じられないことが起こる前触れ/姜尚中(政治学者) 学問の自由は誰のためのものなのか/隠岐さや香(科学史研究者) 未来世代の「自由」を殺さないために/池内 了(物理学者) 「学問の自由」と軍事研究/佐藤学(教育学者) 学問の危機の行方/杉田敦(政治学者) 大学の自治は自由の砦/阿部公彦(英文学者) 国策は学問を育てられるのか/石川健治(憲法学者)×望月衣塑子(新聞記者) 「自由」が奪われるときの危険な兆候を見抜く

第二章 文化芸術の自由は誰のためにあるのか
津田大介(ジャーナリスト) 「自由」を守るのは、対話を通して生まれるシティズンシップ/会田誠(美術家) すべての作品には発表の自由がある/山田和樹(指揮者) 音楽と自由/ヤマザキマリ(漫画家) 「世間体の戒律」から自由になるには/平田オリザ(劇作家) 迫り来るファシズムの時代に/桐野夏生(小説家) 恐怖を感じてもなお書き続ける/永井愛(劇作家) メディアによる忖度の構造/村山由佳(小説家) 水はいきなり煮え湯にならない

第三章 いま、声を上げる自由を
上野千鶴子(社会学者) 私はバックラッシュサバイバーである/小熊英二(歴史社会学者) 「自由」に必要なのは、対話と応答に対する信頼/山崎雅弘(戦史・紛争史研究家) 守るべきは自由/苫野一徳(哲学者) 「自由な社会」を先に進める/高橋哲哉(哲学者) 「自由」への渇望はあるか/前川喜平(元文部科学省事務次官) 教育から「自由」が奪われ続けている/鈴木大裕(高知県土佐町町議会議員・教育研究者) 新自由主義時代の「富国強兵」教育/堤 未果(国際ジャーナリスト) 政府のやることに偶然はない

終章 自由を扱う技術
内田 樹(思想家) アメリカにおける自由と統制

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「自由」の危機 – 集英社新書プラス
    https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/cc/jiyuunokiki

    「自由」の危機 ――息苦しさの正体 – 集英社新書
    https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/1070-b/

    「自由」の危機 ――息苦しさの正体 | 集英社の本 公式
    https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-721170-2

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      女の本屋 > 著者・編集者からの紹介 > 上野千鶴子 藤原辰史 内田樹 ほか著『「自由」の危機ーー息苦しさの正体』     取り返しがつかな...
      女の本屋 > 著者・編集者からの紹介 > 上野千鶴子 藤原辰史 内田樹 ほか著『「自由」の危機ーー息苦しさの正体』     取り返しがつかなくなる前に声を上げよう◆細川綾子 | ウィメンズアクションネットワーク Women's Action Network
      https://wan.or.jp/article/show/9587

      『「自由」の危機ー息苦しさの正体』藤原辰史/内田樹 ほか 著 を
      荻上チキが読む
      「多角的なまなざしで政治介入の不当性を訴える」
      青春と読書
      http://seidoku.shueisha.co.jp/2107/read07.html

      2021/06/22
  • 26名による日本学術会議任命拒否問題に端を発した、自由への権力の介入に関しての論考集。息苦しさの正体にはさまざまな形での!自由を禁じようとする動きがあったことに改めて気がつく。
    それぞれの立場で見た自由への介入は、幅広いものがあり、私たちの生活がじょじょに狭められてきていることが分かる。
    誰かの問題なのではなく、自分の問題として、さまざまなやり口で介入しようとしてくる権力にはNOを突きつけたい。

  • 文化人の中で日本学術会議の新会員任命拒否問題の重さと各人の危機感を本著を通して感じた。一方、個人的には山田和樹氏の「音楽と自由」が最も面白い内容だった。「理由がないことの美しさは文化と密接に結びついていると思うのです。理由がないからこそ美しいというのは、もっと言うと、意味がないからこその美しさとも言えるでしょう。」文化を享受することの自由、そしてそれを保護することの意味を改めて。

  • 忖度か、同調圧力か、権力の逸脱か。最近、表現の自由が失われつつある風潮がある。26人の研究者、作家、芸術家、ジャーナリストが自由について考察し、声をあげる。

  • 東2法経図・6F開架:316.1A/F56j//K

  • 初めて読む方の文章が新鮮で特に印象に残った。山田和樹さん、永井愛さん等。既によく読んでいる方の名前につられて本を手に取り、新しい方のご研究などに興味が広がっていくのがうれしい。
    この本を読んで逆に「自由」という言葉を簡単に定義し使うことが難しくなったが。
    自由を手放したくないし、奪われそうなら戦う!新たな自由をつかみ取りたい!そして次の世代に手渡したい。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/542632

  • 政治的な発言がタブー視され、息苦しさを感じる時代、再度「自由」の危機を論じよう。

  • まず著者群の面子を見て、少なくとも既知の名前において、それぞれの発信することばを追いかけている人が多いことを確認。演繹的に、その他の著者についても、かけ離れた立場にはないであろうと判断。あわよくば、今後の人生指針になり得る存在と出会えることも期待。前置き長いけど、そんな考えの下、発売前から気にかけていた本書。日本学術会議任命拒否問題についても、どこかでちゃんと読まなきゃと思っていたけど、その欲求も本書で満たされた。中曽根時代から綿々と受け継がれて今に至るってのも、何とも根深くて嫌な感じ。そのあたりまで遡って、ちゃんと勉強しなきゃ。あとは、己でさえままならない自由の取り扱いを、更に次世代に伝えることの困難も、改めて実感。自分も不断の努力を続けることにしか、それに対する答えはないですわな。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藤原辰史(ふじはら・たつし)
1976年生まれ。京都大学人間・環境学研究科博士課程中途退学。現在、東京大学大学院農学・生命科学研究科講師。専攻は、農業思想史・農業技術史。著書に『カブラの冬―第一次世界大戦期ドイツの飢饉と民衆』(人文書院、2011)、『トラクターの世界史―人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』(中公新書、2017)『給食の歴史』(岩波新書、2018)、『分解の哲学―腐敗と発酵をめぐる思考』(青土社、2019)など。

「2021年 『環世界の人文学 生と創造の探究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原辰史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×