桐野夏生のおすすめランキング

プロフィール

1951年金沢市生まれ。成蹊大学卒業。1993年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞、1998年『OUT』で日本推理作家協会賞、1999年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』で柴田錬三郎賞、2005年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、2008年『東京島』で谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』で紫式部文学賞、2010年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞、2011年同作で読売文学賞を受賞。2015年、紫綬褒章を受章した。近著に』『奴隷小説』『抱く女』『バラカ』など。

「2016年 『猿の見る夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐野夏生のおすすめランキングのアイテム一覧

桐野夏生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『東京島 (新潮文庫)』や『グロテスク 上 (文春文庫)』や『OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)』など桐野夏生の全212作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

東京島 (新潮文庫)

5993
2.89
桐野夏生 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を先に見てから、何気に図書館で発見して読んで見ました。 全く違う作品に思えました。 脚本や映像になるとテイストも変わったりするのはよくありますよね。 ... もっと読む

グロテスク 上 (文春文庫)

4653
3.54
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻通しての感想。 「東京電力OL殺人事件」を題材に書かれた物語は多い。 この「グロテスク」も和恵というキャラクターの設定に事件を反映させている。 桐... もっと読む

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)

4417
3.66
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野夏生を読むのは「グロテスク」に続き、これで2作目。グロテスクが文句なしの傑作だったので、本作も大きな期待を持って読み始めた。 果たして、桐野夏生... もっと読む

グロテスク 下 (文春文庫)

3874
3.51
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東電OL殺人事件を題材にしたフィクション。カルト教団もプロットし、当時の被害者報道の過熱さを問う内容。競争社会、スクールカースト、ラベル貼り、冤罪...。... もっと読む

OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)

3719
3.57
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先の展開が気になるような、絶妙な終わり方をした上巻。対して、下巻では予想外な方向へと物語が進行する。 定形通りなら、物語の主眼は「犯行がバレるのかどうか... もっと読む

柔らかな頬 上 (文春文庫)

2986
3.32
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前にテレビで見ていつか読もうと思っていた作品。子供が行方不明の母親の気持ちを思うと苦しくなる。 もっと読む

柔らかな頬 下 (文春文庫)

2637
3.28
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか、、、何の話だったんだろう?、、、 読み終わって、ただただポカーンとしてしまう。 何一つ美しいものがない。尊いものがない。 ある種の嫌悪感... もっと読む

残虐記 (新潮文庫)

2382
3.37
桐野夏生 2007年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潟少女監禁事件に着想を得て展開された桐野ワールド。他者を傷つける想像という所為...。他者の意を汲むために行われた行為。自身を守るために変換されていく想... もっと読む

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

2306
3.26
桐野夏生 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序盤から中盤にかけては、なかなか物語の面白味にかけている感じがした。しかし、後半は一転して、怒涛の勢いで伏線を回収し、予想しなかった展開へ。 いや、強いて... もっと読む

グロテスク

2219
3.54
桐野夏生 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性性と、主体と客体。自分が認識する「こう思われているであろう」という自分の像と、他人が見た時に感じる自分の像が致命的にズレている人間。そのズレから生まれ... もっと読む

東京島

2023
2.92

感想・レビュー

現代版アナタハンの女王+α      極限状態の人間心理を中心に描く作品。現実世界ではアナタハンという関西弁で考えると少しおかしみのある名称の無人島... もっと読む

ハピネス

1811
3.43
桐野夏生 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野さんには意外な都心のベイエリアのお洒落なタワーマンションに住む母親たちを描いたママ友ストーリー。 春樹の新作を読み終わって次に手に取った作品だからか... もっと読む

リアルワールド (集英社文庫(日本))

1713
3.29
桐野夏生 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

登場人物が全員アホで虫唾が走る。 しかし、この本で大きく救われる人はいると思う。 それが「救う」と言う言葉で合っているのかはわからないが。そうであって欲し... もっと読む

OUT(アウト)

1476
3.65

感想・レビュー

とにかく怖かった。 誤解を生むのを承知で言えば、万が一 人を殺めることはないことはないと思う、 しかし人体を切り刻むなんてことは、 どう考えてもできない。... もっと読む

I'm sorry, mama. (集英社文庫)

1435
3.23
桐野夏生 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまり長くないので、滝みたいな勢いでいっきに駆け抜けるように読み終わる。善かれ悪しかれ、立ち止まって停滞する瞬間がない。 その分、著者に特有の人の悪意や嫌... もっと読む

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

1393
3.38
桐野夏生 1997年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 女探偵・村野ミロ、ワールド。 描かれているのは、どうしようもなく歪んだ痛い現実ではあるのだけど 事件を追っていくそのスピード感に、... もっと読む

だから荒野

1265
3.60
桐野夏生 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直ちょっと物足りなかった。 桐野さんと言えば、毒々しい表現で人間の裏の部分を鋭利に描く印象を持っていた。 しかし、この作品はぬるま湯に浸かっている家... もっと読む

ダーク (上) (講談社文庫)

1115
3.21
桐野夏生 2006年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミロシリーズの最終章らしいが、最終章から読んでしまった。 シリーズを順に読んでいたら、登場人物の性格がもっと分かって面白かったと思う。 あらすじにある通り... もっと読む

錆びる心 (文春文庫)

1097
3.22
桐野夏生 2000年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後味の悪い話が多い。 でも読んでしまう。 もっと読む

ローズガーデン (講談社文庫)

1087
3.10
桐野夏生 2003年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 営業マンとしてジャカルタに赴任して二年。博夫はミロから逃げようとし、しかしむしろ深く填まり込んでいく自分を感じていた... もっと読む
全212アイテム中 1 - 20件を表示

桐野夏生の関連サイト

桐野夏生に関連する談話室の質問

ツイートする