桐野夏生のおすすめランキング

プロフィール

1951年金沢市生まれ。成蹊大学卒業。1993年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞、1998年『OUT』で日本推理作家協会賞、1999年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』で柴田錬三郎賞、2005年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、2008年『東京島』で谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』で紫式部文学賞、2010年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞、2011年同作で読売文学賞を受賞。2015年、紫綬褒章を受章した。近著に』『奴隷小説』『抱く女』『バラカ』など。

「2016年 『猿の見る夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐野夏生の関連サイト

桐野夏生のおすすめランキングのアイテム一覧

桐野夏生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『東京島 (新潮文庫)』や『グロテスク〈上〉 (文春文庫)』や『OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)』など桐野夏生の全166作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

東京島 (新潮文庫)

5591
2.89
桐野夏生 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無人島 もっと読む

グロテスク〈上〉 (文春文庫)

4164
3.55
桐野夏生 2006年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻通しての感想。 「東京電力OL殺人事件」を題材に書かれた物語は多い。 この「グロテスク」も和恵というキャラクターの設定に事件を反映させている。 桐... もっと読む

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)

3966
3.65
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読んだ『IN』の、他の方のレビューで好評だった為挑戦。 おもしょい。 『IN』とは無関係のようだ。 いい小説には、ムカつくキャラが必... もっと読む

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

3470
3.52
桐野夏生 2006年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

去年のアメトーークの読書芸人の回で光浦靖子が推薦していたのが印象に残っていて、それからずっと頭の隅にありつつ、内容が大変そうだからちょっぴり避けていたとこ... もっと読む

OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)

3367
3.56
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻からの続きが気になり、急いで手に取りました。しかし、前半より読むペースが落ちました。 上巻では、弁当工場で働く四人の結束力が描かれていて、初めの仕事の... もっと読む

柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)

2719
3.32
桐野夏生 2004年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作品♪ 主人公のカスミが、家族ぐるみで友人である石山の北海道の別荘に招かれる。実は、石山とは不倫関係。家族の目を盗んで逢引きした翌朝、娘の... もっと読む

柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)

2395
3.28
桐野夏生 2004年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか、、、何の話だったんだろう?、、、 読み終わって、ただただポカーンとしてしまう。 何一つ美しいものがない。尊いものがない。 ある種の嫌悪感... もっと読む

残虐記 (新潮文庫)

2163
3.37
桐野夏生 2007年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野ワールド全開。超長編でもなく、大作でもないのだけれども、 ずっしり重くて息継ぎが出来ない感じ。 同時にテンポが良いので、途中で置くことも出来ない。... もっと読む

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

2148
3.26
桐野夏生 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序盤から中盤にかけては、なかなか物語の面白味にかけている感じがした。しかし、後半は一転して、怒涛の勢いで伏線を回収し、予想しなかった展開へ。 いや、強いて... もっと読む

グロテスク

2074
3.54
桐野夏生 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性性と、主体と客体。自分が認識する「こう思われているであろう」という自分の像と、他人が見た時に感じる自分の像が致命的にズレている人間。そのズレから生まれ... もっと読む

東京島

1947
2.92
桐野夏生 2008年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代版アナタハンの女王+α      極限状態の人間心理を中心に描く作品。現実世界ではアナタハンという関西弁で考えると少しおかしみのある名称の無人島... もっと読む

ハピネス

1708
3.43
桐野夏生 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野さんには意外な都心のベイエリアのお洒落なタワーマンションに住む母親たちを描いたママ友ストーリー。 春樹の新作を読み終わって次に手に取った作品だからか... もっと読む

リアルワールド (集英社文庫(日本))

1583
3.30
桐野夏生 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生特有の青臭かったり、悲観的で、大人を軽蔑するような気持ち。 それをとっくに手放してしまった大人が読むと、なんとも言えない気持ちになる。 結局は大... もっと読む

OUT(アウト)

1362
3.64
桐野夏生 1997年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弁当工場で働く、普通(でも少し生活は破綻している)の主婦たちが、死体をバラバラにするお話。 なんで最初に雅子が夫を殺しちゃった同僚を助けたのかわからない... もっと読む

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

1309
3.38
桐野夏生 1997年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 女探偵・村野ミロ、ワールド。 描かれているのは、どうしようもなく歪んだ痛い現実ではあるのだけど 事件を追っていくそのスピード感に、... もっと読む

I'm sorry, mama. (集英社文庫)

1309
3.23
桐野夏生 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

超ド級の不幸な女の「ママ探し」の人生。娼館に生まれて親を知らずに育ち、養護院を出てからは自分の身体一つで浮き草のようにフラフラと生きる先で、憎しみの矛先を... もっと読む

だから荒野

1183
3.60
桐野夏生 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直ちょっと物足りなかった。 桐野さんと言えば、毒々しい表現で人間の裏の部分を鋭利に描く印象を持っていた。 しかし、この作品はぬるま湯に浸かっている家... もっと読む

ローズガーデン (講談社文庫)

1027
3.12
桐野夏生 2003年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村野ミロシリーズの短編集。 少し前に最後の作品『ダーク』を読了しているので、これでシリーズは網羅。 ひとつひとつの作品を楽しみにしていた、シリーズ... もっと読む

水の眠り 灰の夢 (文春文庫)

1006
3.41
桐野夏生 1998年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野夏生にはまったので、比較的旧作にも手をつけてみたが、ストーリー展開の緻密さと登場人物のリアリティは昔からの筆力か、更にはテーマがトップ屋たちライターの... もっと読む
全166アイテム中 1 - 20件を表示

桐野夏生に関連する談話室の質問

ツイートする