桐野夏生のおすすめランキング

プロフィール

1951年金沢市生まれ。1993年『顔に降りかかる雨』で「江戸川乱歩賞」、98年『OUT』で「日本推理作家協会賞」、99年『柔らかな頬』で「直木賞」、03年『グロテスク』で「泉鏡花文学賞」、04年『残虐記』で「柴田錬三郎賞」、05年『魂萌え!』で「婦人公論文芸賞」、08年『東京島』で「谷崎潤一郎賞」、09年『女神記』で「紫式部文学賞」、10年・11年『ナニカアル』で、「島清恋愛文学賞」「読売文学賞」をW受賞する。15年「紫綬褒章」を受章、21年「早稲田大学坪内逍遥大賞」を受賞。23年『燕は戻ってこない』で、「毎日芸術賞」「吉川英治文学賞」の2賞を受賞する。日本ペンクラブ会長を務める。

桐野夏生のおすすめランキングのアイテム一覧

桐野夏生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『東京島 (新潮文庫)』や『グロテスク 上 (文春文庫 き 19-9)』や『OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)』など桐野夏生の全295作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

東京島 (新潮文庫)

7196
2.90
桐野夏生 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.著者;桐野氏は小説家。30代の始めにサンリオロマンス賞に応募した「愛のゆくえ」が佳作入選し、小説家デビュー。その後、女性ハードボイルドの先駆けと言われ... もっと読む

グロテスク 上 (文春文庫 き 19-9)

6497
3.53
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだこれは。 不気味な一人称で語られる意悪の数々。 リアルな世界だけでなくSNSでも人に優しくしようって時代。 そんな時代に、397ページまる... もっと読む

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)

6196
3.68
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深夜の弁当工場で働くパートの女性たちが引き起こす事件。読んでいながら胸糞悪くなる。なぜかと考えたが登場人物に感情移入してしまうからかも。多くの人が抱え持つ... もっと読む

グロテスク 下 (文春文庫 き 19-10)

5339
3.51
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そうそう、なんでこの作品読もうと思ったんだっけ、と思っていたくらい、悪意でびったびたにされていた上巻。 そうだ、以前読んだ柚木麻子さんの「BUTTER」... もっと読む

OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)

5115
3.60
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻も一気読みした。 中盤の展開は読めたがために読み進めるのが恐ろしかった。最後は、ん?と感じた事もあったが全体として得体の知れない面白さがあった。 もっと読む

柔らかな頬 上 (文春文庫 き 19-6)

3915
3.34
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作という事で買った一冊。 不倫と子供失踪の話 失踪した子供を探す話が中心の小説だと思ってたが、子供を探す母親の話の様に感じた。 子供を探す... もっと読む

柔らかな頬 下 (文春文庫 き 19-7)

3439
3.30
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作というので買った一冊。 余命宣告を宣言されてる元刑事と行方不明の子を探す母親の話 夢のシーンがある それが紛らわしい 上下巻通して登場人... もっと読む

残虐記 (新潮文庫)

3164
3.39
桐野夏生 2007年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後味の悪さと引き換えに得るものも多い作品。 もっと読む

燕は戻ってこない

2796
3.81
桐野夏生 2022年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性に是非とも読んでほしい作品だ。 「代理母」というテーマで人間の本性を剥き出しにし、その愚かさを映し出す。 話の大筋は予見で... もっと読む

顔に降りかかる雨 (講談社文庫 き 31-1)

2634
3.26
桐野夏生 1996年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親友の女性が1億円を持って失踪。ヤクザから共犯と疑われて探すはめに。捜索をしていくうちに明らかになっていく真相。独特な世界観で進んでいき、最後まで楽しく読... もっと読む

グロテスク

2455
3.55
桐野夏生 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

評判が良い本だから読んでみたけど、全く共感もできず読みきれなかった。 「男、男」って頭の中が男でいっぱいな女ばかりが狂っていくグロテスクな話ではあるけど... もっと読む

私たちの金曜日 (角川文庫)

2442
3.06
有川ひろ 2023年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編7作品 心に残った話がなかったなぁ… 有川さんの作品は、好きだったな 奥さんが自衛隊のパイロット 夫が、奥さんの仕事を応援している姿が素敵 内容が... もっと読む

日没

2249
3.53
桐野夏生 2020年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてつもない衝撃・・・おそるべきサスペンス小説! ポルノ小説に定評のある中年女性作家。マッツ夢井(ペンネーム)。 彼女に<総務... もっと読む

リアルワールド (集英社文庫(日本))

2157
3.27
桐野夏生 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野作品を読むと具合が悪くなることもしばしばなんですが、この作品はむしろ切ないし悲しいものでした。 もちろん書いている桐野さんは大人なので実際に高校生がこ... もっと読む

東京島

2130
2.92
桐野夏生 2008年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特殊な設定の物語でした。栄枯盛衰が激しく、戦国時代の様相を呈していました。 もっと読む

ハピネス (光文社文庫 き 21-1)

2119
3.53
桐野夏生 2016年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タワマンとその周辺が世界のすべてで、ママ友たちとの関係を中心に回る生活。 狭い世界の中での話が息苦しくて、私は読んでいて辛くなりました。しかし、彼女たちの... もっと読む

ハピネス

2069
3.41
桐野夏生 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野夏生さんの作品の なかで一番好きかも♪ 登場人物たちの言動に 共感したり同情したり。 つまり他人事ではない ということでしょうね。 ... もっと読む

I'm sorry, mama. (集英社文庫)

1970
3.21
桐野夏生 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり面白かった。まるで毒を飲まされたような読書体験。 星の子学園関係者の視点から物語は始まる。かつて関わりのあった、アイ子という女が自分を焼き殺し... もっと読む

真珠とダイヤモンド 上

1772
3.98
桐野夏生 2023年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時まだ小学生だった 私は見も知らぬ世界。 私も大金を積まれたら 身近な人をも裏切って しまうのかな・・・。 理性を持たず昏い衝動 に... もっと読む

OUT

1673
3.68
桐野夏生 1997年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生?頃に家族みんなでドラマを見た。 死体を切断して運んだシーンが衝撃だった。 あと、福山の歌も印象に残っていた。 大人になって、この本のタイトルを見... もっと読む
全295アイテム中 1 - 20件を表示

桐野夏生のおすすめ記事

桐野夏生に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×