桐野夏生のおすすめランキング

プロフィール

1951年金沢生まれ。成蹊大学卒。93年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞を受賞。99年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、04年『残虐記』で柴田錬三郎賞、05年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、08年『東京島』で谷崎潤一郎賞、09年『女神記』で紫式部文学賞、10年、11年に『ナニカアル』で島清恋愛文学賞と読売文学賞をダブル受賞。1998年に日本推理作家協会賞を受賞した『OUT』は2004年エドガー賞候補となる。15年紫綬褒章を受章。

「2021年 『インドラネット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐野夏生のおすすめランキングのアイテム一覧

桐野夏生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『東京島 (新潮文庫)』や『グロテスク 上 (文春文庫)』や『OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)』など桐野夏生の全235作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

東京島 (新潮文庫)

6330
2.90
桐野夏生 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あり得なそうな設定と、精神が崩壊してもおかしくはないのに(まあ壊れた者もいるが)社会を形成するプロセスが面白い。ラストの皮肉っぷりも著者ならでは。誰一人、... もっと読む

グロテスク 上 (文春文庫)

5129
3.53
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだこれは。 不気味な一人称で語られる意悪の数々。 リアルな世界だけでなくSNSでも人に優しくしようって時代。 そんな時代に、397ページまる... もっと読む

OUT 上 (講談社文庫 き 32-3)

4886
3.67
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野夏生を読むのは「グロテスク」に続き、これで2作目。グロテスクが文句なしの傑作だったので、本作も大きな期待を持って読み始めた。 果たして、桐野夏生... もっと読む

グロテスク 下 (文春文庫)

4274
3.51
桐野夏生 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと読み終えました... ダークな雰囲気大好きマンの私が、何故ここまで終始ダーク一色なこの作品を読み終えるのにここまでの時間がかかったのか不思議でなりま... もっと読む

OUT 下 (講談社文庫 き 32-4)

4079
3.58
桐野夏生 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先の展開が気になるような、絶妙な終わり方をした上巻。対して、下巻では予想外な方向へと物語が進行する。 定形通りなら、物語の主眼は「犯行がバレるのかどうか... もっと読む

柔らかな頬 上 (文春文庫)

3250
3.33
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何年も前に読んだ本だが、今でも後を引いている。 もっと読む

柔らかな頬 下 (文春文庫)

2865
3.29
桐野夏生 2004年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作品。 上巻ではグッと引き込まれたが、下巻に入り失速気味になってしまった。 犯人が誰だとか、娘は生きているのかとか、最後まで明らかにならない... もっと読む

残虐記 (新潮文庫)

2579
3.38
桐野夏生 2007年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潟少女監禁事件に着想を得て展開された桐野ワールド。他者を傷つける想像という所為...。他者の意を汲むために行われた行為。自身を守るために変換されていく想... もっと読む

顔に降りかかる雨 (講談社文庫)

2388
3.26
桐野夏生 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読かな?記憶なし。人物像がわりとはっきりと、矛盾がなくて良かった。格好良い男を登場させるのは罪だ。不男ならその後の展開などないから、それだけで結局顔かよ... もっと読む

グロテスク

2283
3.55
桐野夏生 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性性と、主体と客体。自分が認識する「こう思われているであろう」という自分の像と、他人が見た時に感じる自分の像が致命的にズレている人間。そのズレから生まれ... もっと読む

東京島

2050
2.92

感想・レビュー

東京島ってなんか臭そうな島だったな、って読み終わって思った。 体液の臭いと、果物の腐臭がしそう。 もっと読む

ハピネス

1866
3.42
桐野夏生 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野さんには意外な都心のベイエリアのお洒落なタワーマンションに住む母親たちを描いたママ友ストーリー。 春樹の新作を読み終わって次に手に取った作品だからか... もっと読む

リアルワールド (集英社文庫(日本))

1811
3.28
桐野夏生 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桐野作品を読むと具合が悪くなることもしばしばなんですが、この作品はむしろ切ないし悲しいものでした。 もちろん書いている桐野さんは大人なので実際に高校生がこ... もっと読む

I'm sorry, mama. (集英社文庫)

1561
3.23
桐野夏生 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり面白かった。まるで毒を飲まされたような読書体験。 星の子学園関係者の視点から物語は始まる。かつて関わりのあった、アイ子という女が自分を焼き殺し... もっと読む

OUT(アウト)

1526
3.66

感想・レビュー

小学生?頃に家族みんなでドラマを見た。 死体を切断して運んだシーンが衝撃だった。 あと、福山の歌も印象に残っていた。 大人になって、この本のタイトルを見... もっと読む

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

1434
3.38
桐野夏生 1997年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ 失踪したAV女優・一色リナの捜索依頼を私立探偵・村野ミロに持ち込んだのは、フェミニズム系の出版社を経営する渡辺房江。ミロの父善三と親しい多和田弁... もっと読む

だから荒野

1362
3.60
桐野夏生 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直ちょっと物足りなかった。 桐野さんと言えば、毒々しい表現で人間の裏の部分を鋭利に描く印象を持っていた。 しかし、この作品はぬるま湯に浸かっている家... もっと読む

日没

1318
3.48
桐野夏生 2020年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃度高しの一冊。 明るさとは無縁だと思っていたが案の定衝撃度高し。 小説家の元に届いた、政府からの一通の召喚状。 わけもわからず療養所という名の収... もっと読む

ハピネス (光文社文庫)

1219
3.54
桐野夏生 2016年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京湾にそびえる高級タワーマンション(話題の豊洲かな) に、あこがれの結婚生活をしているヒロイン 女の子を授かり、夫は海外単身赴任中 彼女は幸... もっと読む

ダーク (上) (講談社文庫)

1182
3.21
桐野夏生 2006年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミロシリーズの最終章らしいが、最終章から読んでしまった。 シリーズを順に読んでいたら、登場人物の性格がもっと分かって面白かったと思う。 あらすじにある通り... もっと読む
全235アイテム中 1 - 20件を表示

桐野夏生の関連サイト

桐野夏生に関連する談話室の質問

ツイートする
×