渋澤龍彦のおすすめランキング

渋澤龍彦のおすすめランキングのアイテム一覧

渋澤龍彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)』や『さかしま (河出文庫)』や『悪徳の栄え〈下〉 (河出文庫)』など渋澤龍彦の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)

979
3.50
マルキ・ドサド 1990年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マルキ・ド・サドは、今から195年前の1814年12月2日、74歳で天寿を全うしたフランスの作家。 人類史上最大の淫乱放逸な性倒錯の実践者にしてその... もっと読む

さかしま (河出文庫)

804
3.63
J.K.ユイスマンス 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デカダンスを夢み、襤褸とサロメと梅毒のかたまりになった者へ。 飢餓を喰い気が狂い、さかしまに取り憑かれた者へ。 斬首を望み、おどろおどろしいアウト... もっと読む

悪徳の栄え〈下〉 (河出文庫)

636
3.48
マルキ・ドサド 1990年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この眼がすべる感じ・・・なんだか解った。 厨二病のブログにありがちな「俺の悪いこと自慢~俺って異端?~」を読まさせられているときのそれだ! もっと読む

ソドム百二十日 (河出文庫)

517
3.19
マルキ・ドサド 1991年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず気をつけるべきなのは、この本に収録されているソドム百二十日は、初めの導入部分(主人公であるブランジ公爵とその弟である司教、キュルヴァル法院長、公爵の学... もっと読む

長靴をはいた猫 (河出文庫)

338
3.52
シャルルペロー 1988年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子ども向けというには毒があるし、児童書という区分では物足りない。 とりあえず「小説」のカテゴリーにいれさせていただきました、シャルル様。 表題作はもち... もっと読む

うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出文庫

249
3.77
渋澤龍彦 2002年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Tasso再読祭継続。 『ねむり姫』同様、様々な典籍に材を取った幻想時代劇、 全8編。 『ねむり姫』が「陽」なら、こちらは「陰」。 凄惨な怪談の気... もっと読む

エロスの解剖 (河出文庫)

244
3.53

感想・レビュー

哲学のゼミでのテーマ「エロス」を極めるために。 東大の赤門前の古本屋さんで購入。 もっと読む

女のエピソード (河出文庫)

192
3.36
渋澤龍彦 1990年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.10.15 読了 204ページ 通算1663冊 もっと読む

新ジュスティーヌ (河出文庫)

188
3.33
マルキ・ドサド 1987年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いつものように悪人たちに蹂躙されるジュスティーヌ。個人的な見所は、魂の不滅についての議論をする章。それまでの文化を徹底的に否定してやろうという思想がよく... もっと読む

食人国旅行記 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)

174
3.39

感想・レビュー

これ読んでなかったらきっときれいな物しか知らなかったよ 話的には凄い嫌だけど読んでてよかったかも もっと読む

三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)

172
3.47
渋澤龍彦 1986年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色んな方に勧められて読みました。 いやあ………感慨深いものがありました。 特に仲が良かった澁澤龍彦ですが、私も豊饒の海をかなり前に読んでいて、よりしっ... もっと読む

ポトマック―渋澤龍彦コレクション   河出文庫

171
3.49
ジャンコクトー 2000年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ボルヘスの幻獣辞典を読んだらこれを思い出したので超久々の再読。 水のない水族館にいる謎の生き物ポトマックは外見の描写がないから想像もつかないのだけれ... もっと読む

ドラコニア綺譚集 (河出文庫)

167
3.66
渋澤龍彦 1989年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澁澤の筆がエッセイから小説へと向かっていく過渡期の作品集。だが、このエッセイとも創作とも言い切れないバランスは、のちの『ねむり姫』や『うつろ舟』ともまた違... もっと読む

ブレストの乱暴者 (河出文庫)

153
3.48
ジャンジュネ 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか乗らなかった。 もっと読む

超男性 (白水Uブックス)

149
3.57

感想・レビュー

――愛とは、感情ではなく行為なんです。 すごい言葉だと思う。ちょっと福留孝介っぽい(違う) もっと読む

恋の罪 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)

139
3.35
マルキ・ドサド 1988年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

残虐性を文学にまで押し上げたマルキド・サドの短編集。 最初の物語は、人の残虐性が選ばれた者のものではなくて、環境によって容易に形成されることをまざまざと... もっと読む

幻想博物誌 (河出文庫)

137
3.65

感想・レビュー

実際にいる動物やいない動物イロイロ。 古代の人の想像力の凄さを感じることが出来ました。今では想像することも出来ないコトばかり。謎はある方が面白いなと思う... もっと読む

幻想の彼方へ (河出文庫)

134
3.49
渋澤龍彦 1988年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュルレアリスム絵画のエッセイがメインですがゴヤの抱える闇が印象深かったです。 キリコの後期作品への批評も気持ちがこもっており読後に残りました。 もっと読む

華やかな食物誌 (河出文庫)

120
3.37

感想・レビュー

久々に本棚の奥から引っ張り出して読みました。 食に絵画に現代舞踊まで著者の心に響いたものが盛り沢山。 郵便配達夫が一人でこつこつと作り上げた『理想の宮... もっと読む

悪魔の中世 (河出文庫)

118
3.40
渋澤龍彦 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪魔像の起源/悪魔の肖像学/冥府とアポカリプス/最後の審判/地獄と刑罰/コントラ・トリニタス/ドラゴンの幻想/誘惑図/死の恐怖と魅惑 もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示

渋澤龍彦に関連する談話室の質問

ツイートする