渋澤龍彦のおすすめランキング

渋澤龍彦のおすすめランキングのアイテム一覧

渋澤龍彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出文庫』や『エロスの解剖 (河出文庫)』や『女のエピソード (河出文庫)』など渋澤龍彦の全56作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

うつろ舟―渋澤龍彦コレクション   河出文庫

241
3.77
渋澤龍彦 2002年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Tasso再読祭継続。 『ねむり姫』同様、様々な典籍に材を取った幻想時代劇、 全8編。 『ねむり姫』が「陽」なら、こちらは「陰」。 凄惨な怪談の気... もっと読む

エロスの解剖 (河出文庫)

220
3.54
渋澤龍彦 1990年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学のゼミでのテーマ「エロス」を極めるために。 東大の赤門前の古本屋さんで購入。 もっと読む

ドラコニア綺譚集 (河出文庫)

145
3.61
渋澤龍彦 1989年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2008年11月4日~5日。  この人のエッセイなのか小説なのか、虚実が混淆としている作品は、えも言われぬ面白さがある。  エッセイだけの作品には... もっと読む

三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)

143
3.45
渋澤龍彦 1986年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三島由紀夫をめぐる断章/三島由紀夫覚書/三島由紀夫の手紙/琥珀の虫/三島由紀夫とデカダンス/三島由紀夫氏を悼む/絶対を垣間見んとして…/『天人五衰』書評/... もっと読む

幻想の彼方へ (河出文庫)

121
3.46
渋澤龍彦 1988年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュルレアリスム絵画のエッセイがメインですがゴヤの抱える闇が印象深かったです。 キリコの後期作品への批評も気持ちがこもっており読後に残りました。 もっと読む

幻想博物誌 (河出文庫)

116
3.58
渋澤龍彦 1990年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実際にいる動物やいない動物イロイロ。 古代の人の想像力の凄さを感じることが出来ました。今では想像することも出来ないコトばかり。謎はある方が面白いなと思う... もっと読む

悪魔の中世 (河出文庫)

104
3.42
渋澤龍彦 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪魔像の起源/悪魔の肖像学/冥府とアポカリプス/最後の審判/地獄と刑罰/コントラ・トリニタス/ドラゴンの幻想/誘惑図/死の恐怖と魅惑 もっと読む

華やかな食物誌 (河出文庫)

103
3.36
渋澤龍彦 1989年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ローマ王国から中国まで、東西の「美食(つまりは奇食)」でうならせた有名人にまつわる話である表題作を最初1/3にふくむエッセイ集。ほとんどの作品は、エッセイ... もっと読む

高丘親王航海記

97
3.92
渋澤龍彦 1987年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガリョウビンガ 何のことだろう。 聞いたことがあるような?高丘親王とは、クスコの思いにあこがれて、天竺を目指す。南下航海して、セイロン島(獅子国?)からイ... もっと読む

都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト (学研M文庫)

90
3.70
渋澤龍彦 2002年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澁澤龍彦最後のエッセイ集。 「若い頃は〇〇だったが・・・」とか「今更△△を書く気にはならないが・・・」という、晩年の達観した心情が垣間見えて面白い。 ... もっと読む

スクリーンの夢魔 (河出文庫)

87
3.46
渋澤龍彦 1988年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1960~1970年代に書かれた映画批評エッセイを纏めた本の文庫版。 主に恐怖とエロティシズムについて。 好きなものを語っているときでも客観的で冷静な... もっと読む

幻想の画廊から―渋澤龍彦コレクション   河出文庫

87
3.55
渋澤龍彦 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

空間恐怖と魔術:スワンベルクとブロオネル/女の王国:デルヴォーとベルメエル/イメージの解剖学:再びベルメエル/卵・仮面・スフィンクス:レオノール・フィニー... もっと読む

神聖受胎 (河出文庫)

80
3.32
渋澤龍彦 1987年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

480 サド裁判の渦中にあった弱冠三十三歳の著者によるラジカルなエッセイ集。著者としては三作目にあたるこの書物が発表されたのは、安保闘争直後の騒然たる時... もっと読む

エピクロスの肋骨 (福武文庫)

67
3.31
渋澤龍彦 1991年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 渋澤龍彦氏死後に発掘された2編「撲滅の賊」「エピクロスの肋骨」ならびに未刊行作品「錬金術的コント」の3編からなる短編集。 「エピクロスの肋骨」は処女... もっと読む

マルジナリア (福武文庫)

59
3.15
渋澤龍彦 1987年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さらっと読めるタイプ。 首切り機械ギヨティーヌの件が面白かったです。 あと石川淳を読んでみたくなりました。 もっと読む

渋澤龍彦   ちくま日本文学全集

59
3.24
渋澤龍彦 1991年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

○「サド侯爵」より 「すべてをあからさまにいう」という単純なことが、いかに体制にとって恐怖すべきことであったかは、サドの数々の受難の歴史を振り返ってみれ... もっと読む

図説 百鬼夜行絵巻をよむ (ふくろうの本)

58
3.43
田中貴子 1999年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

付喪神は九十九髪 立春の前の煤払え 土佐光信の絵巻は、描線の肥細がよし 器物と生き物の百鬼夜行 もっと読む

うつろ舟 (福武文庫)

53
3.50
渋澤龍彦 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※収録作品 「護法」「魚鱗記」「花妖記」「髑髏盃」「菊燈台」「髪切り」「うつろ舟」「ダイダロス」 もっと読む
全56アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする