読書状況 読み終わった [2015年4月4日]
カテゴリ 恋愛

読書状況 読み終わった [2015年4月1日]
カテゴリ ミステリー

読書状況 読み終わった [2015年3月21日]
カテゴリ SF

読書状況 読み終わった [2015年3月21日]
カテゴリ SF
読書状況 読み終わった [2015年3月15日]

読書状況 読み終わった [2015年3月9日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2015年2月22日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2015年2月20日]
カテゴリ 冒険

読書状況 読み終わった [2015年2月16日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2015年1月29日]
カテゴリ 対談

読書状況 読み終わった [2014年12月25日]
カテゴリ ミステリー

読書状況 読み終わった [2014年12月21日]
カテゴリ 新書

読書状況 読み終わった [2014年12月20日]
カテゴリ 新書

読書状況 読み終わった [2014年12月15日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2014年11月27日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2014年11月20日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2014年11月10日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2014年10月30日]
カテゴリ 歴史小説

読書状況 読み終わった [2014年8月25日]
カテゴリ 漫画

腹違いの兄、松之助の家へ向かう途中の分かれ道、若だんな一太郎はゆんで(弓手)の左の道へ行くはずだった。しかし、ちょっとした好奇心からめて(馬手)右の道へ駆けて行ってしまった……

「ゆんでめて」
火事から4年。屏風のぞきを失ったことをまだ気に病んでいる一太郎は街で噂になっていた鹿島の事触れに屏風のぞき探しを頼む。そんな事触れは亡くなった兄が憑いている娘に関する依頼を頼まれていた。

「こいやこい」
火事から3年。小乃家の若旦那七之助が訪れていた。彼は今度上方から嫁をもらうことになったのだが、なんとその嫁が江戸へ来る際4人の娘と共に来、その中から本当の嫁千里さんをみつけなくてはならないという。そして七之助は千里の顔を知らないという……

「花の下にて合戦したる」
火事から2年。季節は春、長崎屋の庭先にある古木の桜にも花が咲いた。その桜の花びらの精達は花が咲いている短い間しかいられず、花見をしたことがないという。そんな花びらの精達のために、飛鳥山に花見をしに行くことになった一太郎達であったが、いつのまにやら花見のメンバーが増え、宴の場はえんやわんやの大騒ぎに。

「雨の日の客」
火事から1年。江戸は天の底が抜けたような大雨。屏風のぞきを失って寝込んでいる一太郎のために百度参りに来ていた鈴彦姫を男たちの手からから救った大柄な女。自分の名すら危うい、その女が持っていたのは、内側の細い筋が動いているように見える美しい珠だった。

「始まりの日」
運命の分かれ道にて、話す生目神と市寸島比売命。

2014年8月8日

読書状況 読み終わった [2014年8月8日]
カテゴリ ファンタジー

兵役についたDr.ヘリオット氏は苦しい訓練の中、兵役につく前の獣医生活に思いを馳せる。そこで出会った様々な奇妙な動物たちとヨークシャーの人々との日々を。

第二次大戦での従軍体験と平行して、描かれる獣医としての生活はとても面白くヘリオット氏の優しさが感じられるお話だった。
当時のイギリスの農村地帯の様子、人々やその自然の豊かさを感じられ、私も丘に寝転んでその風を受けてみたいと思った。またイギリスに行きたいものだなぁ。

犬を飼っていた私もよく愛犬の行動に驚かされたが、ヘリオット氏が出会う動物たちもなかなか個性的。最後の毎日夜遊びとして様々な人の集会に参加する猫の話なんかはとても面白かった。

個人的にはヘリオット氏と同僚のシーグフリードやトリスタンとの掛け合いがお気に入り。

2014年8月2日

読書状況 読み終わった [2014年8月2日]
カテゴリ 寓話集

お江戸妖怪ファンタジー「しゃばけ」シリーズ第八弾。

目の悪い母のために目の病を治してくれる品陀和気命(生目神)への貢物として七宝を集めて欲しい女の子が現れる「はじめての」。
一太郎の目が突然見えなくなってしまったところへ長崎屋にはお武家から干物を運んで欲しいとの難しい仕事が持ち込まれる「ほねぬすびと」。
一太郎の目を治そうと生目神の玉を探す仁吉が人形の付喪神や河童の騒動に巻き込まれる「ころころろ」。
いつの間にやら可愛い女房と暮らしている佐助がその生活に違和感を感じる「けじあり」。
いよいよ一太郎の目の光を奪った生目神を追い詰めた所で神様と問答勝負をすることになる「物語のつづき」。
巻末には漫画家、萩尾望都さんとの対談。

今回も人間と神や妖怪の間で流れる時間の違い、その悲哀が描かれていました。

一太郎の初恋に、仁吉の慌てっぷり、佐助の旦那姿となかなか見どころ満載な一冊でした。

2014年7月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2014年7月30日]
カテゴリ ファンタジー
タグ
ツイートする