アンソニー・ホロヴィッツのおすすめランキング

プロフィール

1955年生まれ。イギリスの作家、脚本家。世界で1900万部の人気を誇る「アレックス・ライダー」シリーズや、コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズ・パスティーシュ『絹の家』『モリアーティ』を執筆するなど、多数の著書がある一方、「刑事フォイル」など脚本家として数多くのテレビ・ドラマ作品を手がける。18年『カササギ殺人事件』は年末ミステリランキング4冠を達成。

「2019年 『007 逆襲のトリガー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンソニー・ホロヴィッツのおすすめランキングのアイテム一覧

アンソニー・ホロヴィッツのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)』や『カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)』や『メインテーマは殺人 (創元推理文庫)』などアンソニー・ホロヴィッツの全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)

2401
3.88

感想・レビュー

1955年、イングランド・サマセット州にあるパイ准男爵の屋敷内で家政婦が転落死し、その二週間後に屋敷の主であるパイ准男爵が首を切断されて死んでいるのが発見... もっと読む

カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)

2006
3.96

感想・レビュー

アガサ・クリスティへのオマージュ作品のような雰囲気たっぷりの上巻から一転、下巻は現代へと舞台を変える。 しかも上巻に終了されていた『カササギ殺人事件』の... もっと読む

メインテーマは殺人 (創元推理文庫)

1126
3.93

感想・レビュー

ミステリが読みたい!2020年大賞受賞。 昨年の『カササギ殺人事件』に引き続き、手に取りましたが、これは文句なしの大賞だと思いました。 自らの葬儀... もっと読む

絹の家 シャーロック・ホームズ

362
3.88

感想・レビュー

本作は『カササギ殺人事件』、『メインテーマは殺人』で一昨年、昨年、賞を総なめにした作家、アンソニー・ホロヴィッツが書いた、アーサー・コナンドイルの財団が初... もっと読む

シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)

231
3.96

感想・レビュー

アンソニーホロヴィッツは、死に憑かれている。 『カササギ殺人事件』『モリアーティ』『絹の家』と読んできて、私の感じたことである。 ミステリなの... もっと読む

モリアーティ

166
3.62

感想・レビュー

ホームズファンとしては、当時の新たな側面がまた楽しめそうな書き出しに期待したが、予想外の展開に! 準主役の彼が哀れすぎて(泣)後味いいとは言えないが、読み... もっと読む

ストームブレイカー (集英社文庫)

121
3.23

感想・レビュー

表紙と挿絵を描いたのが荒木飛呂彦さんじゃなかったら手に取らなかった作品。少年版ジェームズ・ボンド。映像にしたら面白いかも。 もっと読む

カササギ殺人事件 上 (創元推理文庫)

115
4.06
アンソニー・ホロヴィッツ 電子書籍 2018年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未だ、前半を読み終えたところなので評価や感想を述べるには速いと思うのですが、推理小説好きには堪らない作品ですね。後半にどんな展開が待ち受けているのか楽しみ... もっと読む

モリアーティ (角川文庫)

101
3.56

感想・レビュー

アンソニー・ホロヴィッツが描くコナン・ドイルの世界。コナン・ドイル財団公認。 物語は、シャーロック・ホームズとモリアーティがライヘンバッハの滝で行方... もっと読む

ストームブレイカー (女王陛下の少年スパイ!アレックス)

99
3.41

感想・レビュー

14歳のアレックスは唯一の肉親イアン叔父さんを交通事故で失う。しかし叔父さんは事故にみせかけられて殺されたことがわかる。しかも叔父さんが諜報機関MI6の工... もっと読む

カササギ殺人事件 下 (創元推理文庫)

87
3.93
アンソニー・ホロヴィッツ 電子書籍 2018年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻を読み終わった時点でカササギ殺人事件というのが、推理小説作品中の推理小説作品という二重構造になっていることを失念しており、下巻を読み始めた時は正直に言... もっと読む

ポイントブランク (女王陛下の少年スパイ!アレックス)

60
3.18

感想・レビュー

日常に戻ったのも束の間、アレックス・ライダーに新たな任務が下された。選択権はない。やるしかないのだ。今回の任務は、大富豪の息子になりすまして、問題児を集め... もっと読む

ポイントブランク (集英社文庫)

57
3.67

感想・レビュー

アレックスシリーズ(2) もっと読む

007 逆襲のトリガー

56
3.76

感想・レビュー

古典と現代スパイ文学の絶妙な融合 筆者であるアンソニー・ホロヴィッツはイアン・フレミングの遺稿にインスパイアされて本作を書き上げたのことなので、時代と... もっと読む

メインテーマは殺人 (創元推理文庫)

45
3.77
アンソニー・ホロヴィッツ 電子書籍 2019年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者であるアンソニー・ホロヴィッツ自身が作中の登場人物=語り手となり、シャーロックホームズ物のワトソンの役割を果たしている英国ミステリ。散りばめられた手掛... もっと読む

スケルトンキー (集英社文庫)

44
3.53

感想・レビュー

アレックスシリーズ(3) もっと読む

スケルトンキー (女王陛下の少年スパイ!アレックス)

44
3.30

感想・レビュー

アレックスが回を追うごとに成長してきて!!(゜∀゜) もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示

アンソニー・ホロヴィッツに関連する談話室の質問

ツイートする