瀧羽麻子のおすすめランキング

プロフィール

一九八一年兵庫県生まれ。二〇〇四年京都大学卒業。〇七年『うさぎパン』で第二回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞。その他の著書に、『株式会社ネバーラ北関東支社』『左京区七夕通東入ル』『うちのレシピ』『虹にすわる』『女神のサラダ』『あなのご希望の条件は』など。

「2021年 『ありえないほどうるさいオルゴール店』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀧羽麻子のおすすめランキングのアイテム一覧

瀧羽麻子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『うさぎパン (幻冬舎文庫)』や『左京区七夕通東入ル (小学館文庫)』や『株式会社ネバーラ北関東支社 (幻冬舎文庫)』など瀧羽麻子の全124作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

うさぎパン (幻冬舎文庫)

3734
3.58
瀧羽麻子 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小、中と女子校で育ち、共学の高校に通い始めた優子は、大好きなパンをきっかけに、富田くんと仲良くなる。 とてもみずみずしくて、ピュアな高校生の、心温まるお話... もっと読む

左京区七夕通東入ル (小学館文庫)

1223
3.71
瀧羽麻子 2012年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文系おしゃれ女子(都内出身)×理系寮生男子。京都大学を舞台にしたほんわか恋愛もの、、、なんですが、なんというかもう少し泥臭いお話が読みたいのです。「鴨川ホ... もっと読む

株式会社ネバーラ北関東支社 (幻冬舎文庫)

881
3.40
瀧羽麻子 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019/3/12 好き! 最近心が忙しくてなかなか本を読めなかったんだけど、瀧羽さんなら読めるかなって。いまにピッタリでした。 心も体も疲れ果てて、北... もっと読む

ありえないほどうるさいオルゴール店

808
3.38
瀧羽麻子 2018年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北海道・小樽の運河沿いが舞台かなーと思いながら読んだ。 北国だし観光地だし、有名な洋菓子屋さんもあるしお寿司屋さんもあるし、観光で行った時には結構立派なオ... もっと読む

ありえないほどうるさいオルゴール店 (幻冬舎文庫)

746
3.52
瀧羽麻子 2021年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく暖かいお話でした❣ 7つのストーリーがあるので、凄く楽しめますし、感動します。 この本はまるで優しい音色のオルゴールを聞いているような、そんなお話が... もっと読む

左京区七夕通東入ル

721
3.50
瀧羽麻子 2009年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都の大学に通う花ちゃん。 朝、冷凍ブルーベリーがこぼれて白いブラウスにしみがついた。花柄のワンピースに着替えて大学に行くと、いつもと少し雰囲気の違う彼... もっと読む

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)

705
3.35
森見登美彦 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏のさわやかな空気を感じられるアンソロジー。お目当ての森見さんの作品は、入浴剤付き文庫に収録されていたもので、『ペンギン・ハイウェイ』の番外編。読めていな... もっと読む

うさぎパン (ダ・ヴィンチブックス)

646
3.64
瀧羽麻子 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うさぎって、すごい! ペットとして人間と一緒に暮らしている動物というと 犬と猫がダントツに多いけれど、犬が好きな人は猫のわがままを嫌ったり 猫好きは犬の... もっと読む

左京区恋月橋渡ル

597
3.48

感想・レビュー

七夕通の姉妹編。炎大好き花火大好きの山根君が恋をしたのは、下鴨神社で出会った 透き通るような白い肌に長い黒髪の「姫」だった… 京都歴が長い割に葵祭りに行... もっと読む

ぱりぱり

504
3.68
瀧羽麻子 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

17歳で詩人となった個性的という言葉からもはみ出す 菫とかかわる人々の連作短編集6編。 何気なく始まる冒頭の情景描写。 小さな光がどこからか差し... もっと読む

恋の聖地: そこは、最後の恋に出会う場所。 (新潮文庫)

431
3.29
原田マハ 2013年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋の聖地シリーズ?最新刊が良かったのでこちらも。 予想に反して重い話が多かった。 もっと軽く楽しめるかと思ったんだけど・・・。 私がよく読むのは... もっと読む

白雪堂化粧品マーケティング部峰村幸子の仕事と恋 (角川文庫)

396
3.19
瀧羽麻子 2013年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一人の女性の自立。 そんなふうに括ってしまえるかな? 周囲に多いタイプ。 自分は自分の意志で発言、行動しているつもりで胸を張っているけれど、実は自分に... もっと読む

女神のサラダ

388
3.83
瀧羽麻子 2020年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

農業が絡む短編集。アスパラガスの花束、レモンの嫁入り、月夜のチーズ、オリーブの木の下で、良かった!最後のトマトの約束のレストランのメニュー、いいよね、そう... もっと読む

あのころの、 (実業之日本社文庫)

368
3.26
窪美澄 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

彩瀬まるさん以外は全員、読んだことある作家さんばかりのアンソロジー。でもテーマのせいか、それぞれ別の作品の方がその方らしさを活かせていた気が。 吉野さん... もっと読む

いろは匂へど

358
3.06
瀧羽麻子 2014年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都で、祖父母から譲り受けた和食器屋を営む三十路の紫。恋からも遠のいているこのところ、とあるパーティーで草木染め職人の湊光山と出会う。50代、マイペースな... もっと読む

うちのレシピ

353
3.51
瀧羽麻子 2019年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ファミーユ・ド・トロワ』は、「三人家族」を表すフランス語。 啓太(けいた)が働くレストランの名前であり、真衣(まい)の実家でもある。 啓太、父・... もっと読む

あなたのご希望の条件は

349
3.60
瀧羽麻子 2020年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私もお願いしてみたい。 もっと読む

左京区恋月橋渡ル (小学館文庫)

337
3.62
瀧羽麻子 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知っている地名が出てくるので想像しながら読めた。 もっと読む

虹にすわる

337
3.21
瀧羽麻子 2019年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主体性はあるが周囲を振り回してしまう魚住と、几帳面な故に後ろ向きになってしまう徳井。 二人が始めた椅子工房は少しずつ軌道に乗り始めるのだが…。 い... もっと読む

はれのち、ブーケ (実業之日本社文庫)

334
3.40
瀧羽麻子 2012年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

見てばっかりじゃ意味ないとわかってるのに、見てしまうのが隣の芝生。 年齢的にもなんだかジャストな本だった。 最後の章が、すき。 もっと読む
全124アイテム中 1 - 20件を表示

瀧羽麻子の関連サイト

瀧羽麻子に関連する談話室の質問

ツイートする
×