綿矢りさのおすすめランキング

プロフィール

綿矢りさ(わたや・りさ)
1984年生まれ。京都市立紫野高校在学中に17歳で初めて書いた小説「インストール」で、文藝賞受賞。19歳で書いた第2作の「蹴りたい背中」で、芥川賞受賞。史上最年少での受賞として話題になり、同作は120万部の大ベストセラーに。
その後、早稲田大学教育学部に進学、卒業後は、専業の作家として執筆を行う。2011年、『かわいそうだね?』(文芸春秋)で大江健三郎賞受賞。
上記以外のおもな著書に『しょうがの味は熱い』『勝手にふるえてろ』(文芸春秋)、『夢を与える』『憤死』(河出書房新社)、『ひらいて』『大地のゲーム』(新潮社)など。

「2015年 『ウォーク・イン・クローゼット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綿矢りさのおすすめランキングのアイテム一覧

綿矢りさのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『蹴りたい背中』や『蹴りたい背中 (河出文庫)』や『インストール (河出文庫)』など綿矢りさの全87作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

蹴りたい背中

6866
3.06
綿矢りさ 2003年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞にありがちな「大して興味もなさそうな人が、話題になっているし、きっと全方位的に素晴らしい作品に違いない、という先入観を抱きつつ読む」という悲劇に見舞... もっと読む

蹴りたい背中 (河出文庫)

5401
3.22
綿矢りさ 2007年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凄まじいタイトルです。 これが八年前に芥川賞をとったとき、どんな小説? と、まず思いました。 しかも作者は当時大学在学中で19歳の最年少受賞。そのうえ... もっと読む

インストール (河出文庫)

4207
3.22
綿矢りさ 2005年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『インストール』の瑞々しさも然ることながら、併録の『You can keep it.』が秀作だ。自己防衛心から物を介し人との接触を避けてきた城島の、致命的... もっと読む

インストール

3975
3.10
綿矢りさ 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて綿矢さんの本を読む。 何か懐かしい青春の感じがヒシヒシと伝わってきます。 と感想を書くと自分も年をとったなと思います。 インストールという... もっと読む

勝手にふるえてろ (文春文庫)

3323
3.32
綿矢りさ 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「勝手にふるえてろ」と「仲良くしようか」の初出時のレビューを加筆修正。 1.「勝手にふるえてろ」 なんとインパクトのあるタイトルだろう。  ... もっと読む

勝手にふるえてろ

2954
3.42
綿矢りさ 2010年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ご本人が児玉清さんの番組で著書のインタビューを受けているのを観て購入しました。 字が大きい。漢字が少ない。リズミカルな文体。即妙な比喩。ということで、凄... もっと読む

かわいそうだね?

2717
3.66
綿矢りさ 2011年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

綿矢さん、面白い! 真面目なのに、コントのようなコメディのような文章、もう中毒性がありすぎです。 公私とも充実して幸せだったのに、彼氏・隆大の家に... もっと読む

夢を与える

2307
3.12
綿矢りさ 2007年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何とも形容し難い、というよりもレビューし難い。 ストーリーは、ひとりの少女の成長期。 チャイドルとしてデビューし、チーズのCMでお茶の間に浸透した「ゆ... もっと読む

かわいそうだね? (文春文庫)

1716
3.71
綿矢りさ 2013年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~面白かった! 今年初めての小説で ひさびさに一気読みしたなぁ~(笑) 変幻自在の表現力で キャラクターに命を吹き込む綿矢マジックは健在... もっと読む

ひらいて

1653
3.51
綿矢りさ 2012年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これが綿矢りさか! いいのか悪いのかは別にして勢いが半端なかった。 中盤からは疾走感が溢れて一気に読んだ。 エキセントリックな主人公と言い、予想を覆... もっと読む

夢を与える (河出文庫)

1368
3.21
綿矢りさ 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伸びやかな手足と 中性的な顔立ちをした美少女の阿部夕子は、 母の溺愛を一身に受け やがてチャイドルから CMに抜擢され 国民的アイドルへと祭り... もっと読む

しょうがの味は熱い

1210
3.20
綿矢りさ 2012年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに巧い作家さんだっけ? 綿矢りさは「蹴りたい背中」を読んだきりまったく読んでいなかったので、自分の中でイメージする文章とずいぶんかけ離れていた。 ... もっと読む

憤死

1089
3.37
綿矢りさ 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

可愛いキュートな表紙。 ピンク、小さなハートマーク。 中扉はサンリオ商品みたいなピンクのリボン♪ 図書館の保護カバーのせいで、裏表紙は見られないけど... もっと読む

ひらいて (新潮文庫)

856
3.71
綿矢りさ 2015年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

──心を「ひらいて」、からだを「ひらいて」 過剰なまでの自意識と欲望は、いつか無意識という名に変わる。 註:新潮5月号でこの作品を読んでのレビューです。... もっと読む

100万分の1回のねこ

839
3.40
谷川俊太郎 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

片目のジャック(♀)と出会ったのは、 僕がまた兵庫県西宮市に住んでいた頃だった。 ジャックは公園に住む黒猫の野良で、 噂によると、生まれたばかりの子... もっと読む

ウォーク・イン・クローゼット

778
3.31
綿矢りさ 2015年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは私が感じたことだから、何の参考にもならないと思いますが…。 綿矢さんの、広がりをとても感じました。 今までは人の中身の奥の奥まで透かして見せ... もっと読む

手のひらの京

775
3.57
綿矢りさ 2016年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

綾香・羽衣・凛。 京都を舞台に繰り広げられる三姉妹の物語。 三姉妹それぞれに共感できる部分があって、応援しながら読みました。 「京都」という... もっと読む

大地のゲーム

731
2.65
綿矢りさ 2013年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

綿矢りさの最新中編ということで雑誌「新潮」3月号に掲載されたものを読んでのレビュー。 なので、実際の単行本は加筆修正されて、より精度の高い作品になっている... もっと読む

私をくいとめて

558
3.41
綿矢りさ 2017年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生の頃初めてこの人の本を読んだけど、綿矢りさも私も大人になったんだ〜という感じ もっと読む

しょうがの味は熱い (文春文庫)

509
3.31
綿矢りさ 2015年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前は苦手意識のあった綿矢さん、最近好きになりつつあります。今作も好き、とにかく文章が。心の動きが丁寧に細かく、綺麗に表現されていると思いました。線を引き... もっと読む
全87アイテム中 1 - 20件を表示

綿矢りさに関連する談話室の質問

ツイートする