萩原朔太郎の新刊情報

プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の新刊情報のアイテム一覧

萩原朔太郎の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年5月17日発売『ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)』や2017年10月7日発売『〆切本2』や2017年7月29日発売『青猫 (字が大きくハッキリ見えるシニアの目にやさしい)』など萩原朔太郎の全611作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

27
3.10
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

屈辱から生じるしこりを屈ジコと呼ぶ。屈ジコは酒精に溶けやすく湯呑一杯の酒があれば跡形もなくなってしまう。人は屈ジコが溜まってくると本能的に新橋のガード下へ... もっと読む

〆切本2

284
3.44
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「何があっても、〆切は絶対にやって来る」 そんな真理を、教科書でお馴染みの文豪やその家族、平成の今をときめく売れっ子作家、一世を風靡した漫画家たち、はたま... もっと読む
全611アイテム中 1 - 20件を表示

萩原朔太郎に関連する談話室の質問

ツイートする