幻想的な作風の作家

    未回答
  • 回答数 11件
  • おすすめ教えて
  • 名無しさん

    名無しさん

    2011年10月16日
こんにちは。

幻想的な作風をもった作家を探しています。
そこで、そういった路線でみなさんのお勧めの作家(できれば作品も)を教えていただきたいのです。

ちなみに好きな作品は、
村上春樹の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
安部公房の『壁』 『砂の女』
夢野久作の『少女地獄』
夏目漱石の『夢十夜』
倉橋由美子の『聖少女』
などです。

よろしくお願いします。
質問No.1871
みんなの回答・返信



掌編集です。「現実」と「非現実」の狭間に読者を投げ入れる流麗な筆致と、宇野亞喜良先生の美しい挿し絵が相まって、小説というより一つの美術作品のようでもあります。皆川幻想小説入門にぴったりかと思います!
0
回答No.1871-019832
安部公房、漱石の「夢十夜」などがお好きでしたら、ポール・オースターの「幽霊たち」はいかがでしょう。
アメリカ文学ですが、柴田元幸先生の翻訳はとっても読みやすいです。

0
回答No.1871-019279


吉田健一は不思議を当たり前のこと。こっちの方が本当だと云います。読後、現実に戻るときに苦労します。
0
回答No.1871-019222
今は絶版になっているのかもしれませんが、福永武彦の『夢見る少年の昼と夜』という新潮文庫に入っていた短編はすべて幻想的な感じでしたよ。私個人的には『世界の終り』という作品が大好きです。
あとこっちも絶版かもしれませんが、ローデンバックの『死都ブリュージュ』なんていうのはいかがでしょうか?

1
回答No.1871-019221
こういった感じは、いかがでしょうか。

造本も凝っており、ひとすじなわではいかない作品です。

「絶対あっちへ行っちゃいけないよ」と大人にきつく言われてるのに、「あっちには、大人の隠してる何かがあるんだ」といったん駆け出してしまうと、気がついたときには遠くまで来てしまっている…という感じに満ちた、薄暗さにぞくりとします。
0
回答No.1871-018975
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2011年10月17日
このスレを立てたものです。
僕も先に挙げたもの以外の好きな作品をあげておきます。


京極堂シリーズの中でも一番好きな作品です。


『ハードボイルド』が気に入りました。透き通った水のような読後感で、心があったまりました。
0
回答No.1871-018974
コメント 2件
名無しさん 名無しさん 2011/10/17
続いて。
夢野久作でもう一つ好きな作品。


少し毛色は変わりますが…美しい文章だと思います。

『瓶詰の地獄』、いい話ですよね~。私も好きです。『死後の恋』や『押絵の奇蹟』も好きでした。
稲垣足穂から遡る感じで、こちらもまた、どうでしょうか。
2
回答No.1871-018939
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2011/10/17
ありがとうございます!

作家の思想のルーツを遡ってたどっていくのはとても楽しいですよね。
チェックしようと思います。
既読かもしれませんが、ご参考までに。

夢十夜へのオマージュ(門弟です)


金井美恵子氏は、初期の方がお好みに近いかと。。。


澁澤龍彦氏


0
回答No.1871-018930
コメント 2件
birdmさん birdmさん 2011/10/17

コメントまで失礼します。
外国作品ですが、こちらもおススメです。


名無しさん 名無しさん 2011/10/17
ありがとうございます。

百閒。いいですよね。
金井美恵子さんの作品はまだ読んだことがないのでぜひ読もうと思います!
もともと評価が高かったのですが、これから一般にもすごさが知れ渡りそうな津原泰水さん。

津原さんにも影響を与えたであろう、大家ポー。
0
回答No.1871-018901
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2011/10/17
ご返信ありがとうございます!

津原泰水さん、大学の友人にもすごく勧められました。
借りて読んでみようと思います。
1
回答No.1871-018892
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2011/10/17
ご返信ありがとうございます!

川端康成は昔に雪国を読んだだけでしたが、眠れる美女のレビューを見、とても興味がわき購入しました!
これから読んでいこうと思います。
全11件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする