トマス・H.クックのおすすめランキング

トマス・H.クックのおすすめランキングのアイテム一覧

トマス・H.クックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『緋色の記憶 (文春文庫)』や『夜の記憶 (文春文庫)』や『夏草の記憶 (文春文庫)』などトマス・H.クックの全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

緋色の記憶 (文春文庫)

378
3.52

感想・レビュー

しっとりしていて、静かに深い感じ。 昔翻案されてNHKが放送していたもの。 もっと読む

夜の記憶 (文春文庫)

227
3.74

感想・レビュー

トマス・クックのミステリーは それだけでなく 純文学の格調高さがあって 好きなのですが 如何せん、暗いです。 これも 気が滅入りそうになる程、哀しい・・・... もっと読む

夏草の記憶 (文春文庫)

216
3.68

感想・レビュー

2年前に読んで以来の再読になります。他のレビュアー方が書かれている通り、道尾秀介氏の「ベスト・本格ミステリ」のうちの一冊です。私自身、直前に道尾氏の作品を... もっと読む

死の記憶 (文春文庫)

156
3.65

感想・レビュー

 9歳の時、母と兄姉を射殺され犯人と目された父が失踪したスティーヴ。それから35年後、妻と一人の息子をもうけた彼の前に、取材の申し込みと称しレベッカという... もっと読む

心の砕ける音 (文春文庫)

145
3.68

感想・レビュー

クックらしい、悔恨の念とか、どうしようもない悲しみだとか、暗い気持ちになるようなストーリーは相変わらずなんだけど、まさか、こんなどんでん返しの結末が待って... もっと読む

サンドリーヌ裁判 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

97
3.47

感想・レビュー

この程度の状況証拠と動機の推定で起訴にまで持ち込めるんだとまず驚き。一応信頼できない語り手ものなのかな。今までのクック作品と比べれば、それ程思わせぶりでは... もっと読む

緋色の迷宮 (文春文庫)

96
3.50

感想・レビュー

クックこそ、イヤミスの帝王じゃないかと思うんだけど。 自分の息子と自分の実の兄が、実は幼女を性愛する嗜好を持っているのではないか、と疑い始めたところ... もっと読む

石のささやき (文春文庫)

93
3.47

感想・レビュー

静かに気が狂ってくる小説です。 「わたし」の姉ダイアナは四歳の息子を水難事故で亡くして以来、 奇妙な行動をとるようになる。 どうやら前夫マークが... もっと読む

キャサリン・カーの終わりなき旅 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

89
3.19

感想・レビュー

単なるミステリーではない。謎は解かれず、事件は解決しない。キャサリン・カーの行方は分からない。しかし、希望は残る。著者ならではの、少しづつ少しづつ語り進め... もっと読む

闇に問いかける男 (文春文庫)

79
3.22

感想・レビュー

 公園で少女が殺され、その公園に住む浮浪者の若者が拘束される。しかし、証拠はなく本人の自白も取れないまま時間ばかりが過ぎ、拘留期限が切れるまで残り11時間... もっと読む

ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

63
3.45

感想・レビュー

人生には決して取り返しのつかない瞬間がある。その瞬間のために心に空いた闇を埋めようとしたが叶わなかった男。終始漂う絶望感。今作は結構読むのが辛かった。 もっと読む

熱い街で死んだ少女 (文春文庫)

58
3.52

感想・レビュー

舞台は、1963年の米国アラバマ州バーミングハム。マーティン・ルーサー・キングが指導する公民権運動が勢いを増す中、ある黒人少女が殺された事件を市警本部のベ... もっと読む

闇をつかむ男 (文春文庫)

56
3.57

感想・レビュー

トマス・H ・クックの本は 期待を裏切らず面白い。 これも謎が段々明らかになって 最後は思いがけない結末。 もっと読む

過去を失くした女 (文春文庫)

50
3.33

感想・レビュー

う〜ん、やっぱりこの手の話はもう古いのかな? でも、またそれがいいのだが。 フランクみたいな生き方は、辛いだろうな。 プロットは御都合主義のところもあ... もっと読む

神の街の殺人 (文春文庫)

47
3.20

感想・レビュー

久々に良かった本。 トマス・H・クックらしい、緻密で、濃厚な内容。 宗教がらみと、ソルトレークという場の力が際だつ。 ただ、このタイトルは頂けないな... もっと読む

鹿の死んだ夜 (文春文庫)

28
3.38

感想・レビュー

如何ともし難い不条理さ。やるせない。 もっと読む

夜 訪ねてきた女 (文春文庫)

27
3.27

感想・レビュー

フランクとは、もっと長く付き合いたかったのに、 もう会えないのは残念です。 フランクは何もいわなかった。 もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示

トマス・H.クックに関連する談話室の質問

ツイートする