竹山道雄のおすすめランキング

プロフィール

竹山道雄(たけやま・みちお 1903-84)
1903~1984年。1920年旧制第一高等学校入学、1923年東京帝国大学文学部入学、1926年東京帝国大学卒業後、一高の講師となる。20代でベルリン、パリに計3年間留学、帰国後、一高の教授となる。1948年『ビルマの竪琴』(中央公論社)を刊行、毎日出版文化賞を受賞(以後、二度に渡り映画化される)。1950年一高廃止と共にその後身の東京大学教養学部の教授となるが、翌年には辞し、文筆に専念する。『新潮』『芸術新潮』『心』『自由』などを舞台に、「見て・感じて・考える」を根本姿勢とし、時代の風潮に流れない執筆活動を続ける。著書は『古都遍歴』『昭和の精神史』『まぼろしと真実』『剣と十字架』など、芸術論から時論、紀行文など幅広く、ニーチェ『ツァラトストラかく語りき』『善悪の彼岸』イプセン『人形の家』ゲーテ『若きヱルテルの悩み』など優れた翻訳も残す。1983年『竹山道雄著作集』全8巻刊行。

「2017年 『主役としての近代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹山道雄のおすすめランキングのアイテム一覧

竹山道雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『若きウェルテルの悩み (岩波文庫)』や『ビルマの竪琴 (新潮文庫)』や『ツァラトストラかく語りき(上) (新潮文庫)』など竹山道雄の全121作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

2022
3.51
ゲーテ 1978年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豆苗さんの感想を読んで、ゲーテに、挑戦(図書館で)してみたいと思いました。 もっと読む

ビルマの竪琴 (新潮文庫)

1175
3.82
竹山道雄 1959年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アウンサンスーチーさんが捕らえられ、ミャンマーの友人から「未来の希望がなくなった。今はこの状況をいかに早く脱却するかしか考えられない」と連絡があり、連日抗... もっと読む

ツァラトストラかく語りき(上) (新潮文庫)

506
3.60
ニーチェ 1953年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確か最寄りの戸田書店にて購入。齋藤孝『就職力』(毎日新聞社)にて、「この本の内容を理解できることが大学卒業の証」とあったのが手に取るきっかけになった。 岡... もっと読む

善悪の彼岸 (新潮文庫)

366
3.43
ニーチェ 1954年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

善悪の彼岸 (和書)2009年02月03日 16:54 1954 新潮社 ニーチェ, 竹山 道雄 ニーチェの本は何冊か読んだけど、意外と読み... もっと読む

ツァラトストラかく語りき(下) (新潮文庫)

310
3.56
ニーチェ 1953年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なにか偉大なものなんだけど理解不能 解説書かなんか読みたい なにかがあることは確かだと感じる もっと読む

ビルマの竪琴 (偕成社文庫)

99
3.94
竹山道雄 1976年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までで1番読みやすい反戦文学。 もっと読む

ビルマの竪琴 (1959年) (新潮文庫)

54
4.00
竹山道雄 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

童話と銘打っているものの、子供や大人など年齢に関わらず全ての人間に読んでほしいお話。 埴生の宿の伴奏や鸚鵡でのやり取りなど、ファンタジー的なディテールもあ... もっと読む

民衆の敵 (岩波文庫 赤 750-2)

42
4.11

感想・レビュー

2017年に放映された月9のドラマは見ていないが、タイトルに惹かれて購入。温泉街にて温泉発見者の医師が温泉が汚染されている事実を公表を試みるが、町の権力者... もっと読む

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

37
4.00
ゲーテ 電子書籍 1951年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オーディオブック 1.5倍速で聞く シャルロッテを想い最後はピストル自殺するウェルテルの物語 今では当たり前の小説であるが、1978年のドイツでは、個... もっと読む

マリオと魔術師―他一篇 (角川文庫)

33
4.00
トマス・マン 1955年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成元年のリバイバルコレクションとして入手。「マリオと魔術師」(旅先の悲劇的体験)、他一篇、「混乱と稚き悩み」(いずれも旧漢字に変換不可能あり)。「あとが... もっと読む

ビルマの竪琴 (21世紀版・少年少女日本文学館14)

30
4.20
竹山道雄 2009年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は戦争のお話です。水島上等兵が隊長に渡した手紙の内容を読んで感動しました もっと読む

ビルマの竪琴 少年少女日本文学館 (16)

28
3.85
竹山道雄 1986年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後70年の今、戦後40年の昭和60年のあとがきがあるこの本。 惨さの描写は少ないが、戦時中、戦後、高度経済成長の昭和60年代へと通じる、先進国の在り方... もっと読む

ビルマの竪琴 (ポプラ社文庫 A 182)

23
3.93

感想・レビュー

この時代の方がしている覚悟に読むたび敬服します。それに、ビルマのお婆さんの優しさや、ビルマの人々の信仰の厚さに感動します。 もっと読む

ビルマの竪琴 (ホーム社漫画文庫)

22
4.00
田中正仁 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立ち読み,ミャンマーに少し興味を持った もっと読む

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (2003))

21
4.22
ヨハンナ・スピリ 1952年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人のこの親になってから読むと、フランクフルトで耐えるハイジがいとおしくかわいそうでたまらない。 もっと読む

ビルマの竪琴 (アニメ日本の名作)

18
4.40
竹山道雄 1997年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10代の内に読めてよかったです。名作ですね。綺麗な言葉とストーリーで、心が浄化された気がします。今年の春にミャンマーに行ったばかりなので、場所もなんとなく... もっと読む

ハイジ (下) (岩波少年文庫 (2004))

17
4.43
ヨハンナ・スピリ 1953年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素朴で信心深い人々だな。ペーターの罪悪感がひしひしと伝わってきた。 もっと読む
全121アイテム中 1 - 20件を表示

竹山道雄に関連する談話室の質問

ツイートする
×