竹山道雄のおすすめランキング

プロフィール

竹山道雄(たけやま・みちお 1903-84)
1903~1984年。1920年旧制第一高等学校入学、1923年東京帝国大学文学部入学、1926年東京帝国大学卒業後、一高の講師となる。20代でベルリン、パリに計3年間留学、帰国後、一高の教授となる。1948年『ビルマの竪琴』(中央公論社)を刊行、毎日出版文化賞を受賞(以後、二度に渡り映画化される)。1950年一高廃止と共にその後身の東京大学教養学部の教授となるが、翌年には辞し、文筆に専念する。『新潮』『芸術新潮』『心』『自由』などを舞台に、「見て・感じて・考える」を根本姿勢とし、時代の風潮に流れない執筆活動を続ける。著書は『古都遍歴』『昭和の精神史』『まぼろしと真実』『剣と十字架』など、芸術論から時論、紀行文など幅広く、ニーチェ『ツァラトストラかく語りき』『善悪の彼岸』イプセン『人形の家』ゲーテ『若きヱルテルの悩み』など優れた翻訳も残す。1983年『竹山道雄著作集』全8巻刊行。

「2017年 『主役としての近代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹山道雄のおすすめランキングのアイテム一覧

竹山道雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ビルマの竪琴 (新潮文庫)』や『ビルマの竪琴 (偕成社文庫)』や『ビルマの竪琴 (1959年) (新潮文庫)』など竹山道雄の全92作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ビルマの竪琴 (新潮文庫)

925
3.80
竹山道雄 1959年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品が、一般的に「名作」と言われるのが納得できる。 第一話は、日本軍の一部隊の話。心温まるストーリーが多かった。戦争=銃撃戦、爆撃戦みたいなイメー... もっと読む

ビルマの竪琴 (偕成社文庫)

76
3.97
竹山道雄 1976年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもとして読んでも、大人になって読んでも、永遠の名作。戦争の惨さが心にしみる話。 それにしても、ミャンマーに行ったとき、「ビルマの竪琴」のビルマと結び... もっと読む

ビルマの竪琴 (1959年) (新潮文庫)

44
4.07

感想・レビュー

戦争の悲惨さに対する著者の憤りを感じた。 戦争で命を落とした人々は弔われることなく腐敗し、亡くなったことすら誰の耳にも届かない。 そんな戦後の状況を目の当... もっと読む

ビルマの竪琴 少年少女日本文学館 (16)

23
3.85
竹山道雄 1986年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後70年の今、戦後40年の昭和60年のあとがきがあるこの本。 惨さの描写は少ないが、戦時中、戦後、高度経済成長の昭和60年代へと通じる、先進国の在り方... もっと読む

ビルマの竪琴 (ポプラ社文庫 (A182))

20
3.93
竹山道雄 1985年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時代の方がしている覚悟に読むたび敬服します。それに、ビルマのお婆さんの優しさや、ビルマの人々の信仰の厚さに感動します。 もっと読む

ビルマの竪琴 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)

20
4.33
竹山道雄 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立ち読み,ミャンマーに少し興味を持った もっと読む

ビルマの竪琴 (アニメ日本の名作)

17
4.40
竹山道雄 1997年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10代の内に読めてよかったです。名作ですね。綺麗な言葉とストーリーで、心が浄化された気がします。今年の春にミャンマーに行ったばかりなので、場所もなんとなく... もっと読む

ビルマの竪琴 (ポケット日本文学館)

13
4.33
竹山道雄 1995年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おーい水島、一緒に、日本へ帰ろう!」 正直この一言だけで泣ける!いや、「埴生の宿」の伴奏だけで泣ける!『ビルマの竪琴』はそれだけの泣きの名作であ... もっと読む

ビルマの竪琴 (21世紀版・少年少女日本文学館14)

12
4.50
竹山道雄 2009年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恥ずかしながら、きちんと読んだのは、これが初めて。 感動した。が、少年少女に読ませるよりも、大人に読ませる内容であると思った。先の長い子どもには、こんな暗... もっと読む

ビルマの竪琴 (ともだち文庫)

9
4.33
竹山道雄 1985年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おーい水島、一緒に、日本へ帰ろう!」 正直この一言だけで泣ける!いや、「埴生の宿」の伴奏だけで泣ける!『ビルマの竪琴』はそれだけの泣きの名作であ... もっと読む

昭和の精神史 〔竹山道雄セレクション(全4巻) 第1巻〕

9
4.50
竹山道雄 2016年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現実を直視する眼差し、過激に走らぬ温厚な思考、伝統の重みを軽んじない所作、時流の変化に「待った」をかける慎重さ――どの文章にもこうした姿勢や態度が見られ、... もっと読む

西洋一神教の世界 〔竹山道雄セレクション(全4巻) 第2巻〕

5
5.00
竹山道雄 2016年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「妄想とその犠牲」は『文藝春秋』1957年11月号、1958年1~4月号に掲載された。経済企画庁が「もはや戦後ではない」と経済白書の結びに書いたのが195... もっと読む

ビルマの竪琴 (日本の文学 (25))

4
3.50
竹山道雄 1981年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おーい水島、一緒に、日本へ帰ろう!」 正直この一言だけで泣ける!いや、「埴生の宿」の伴奏だけで泣ける!『ビルマの竪琴』はそれだけの泣きの名作であ... もっと読む

歴史的意識について (講談社学術文庫 (622))

4
竹山道雄 1983年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹山道雄の著作を貫いてやまないのは「イデオロギーに対する不信感」である。その筆鋒(ひっぽう)はナチス・ドイツ、軍国ファッショ、社会主義・共産主義に向けられ... もっと読む

ビルマの竪琴

3
4.00
竹山道雄 1985年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おーい水島、一緒に、日本へ帰ろう!」 正直この一言だけで泣ける!いや、「埴生の宿」の伴奏だけで泣ける!『ビルマの竪琴』はそれだけの泣きの名作であ... もっと読む
全92アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする